突然のサプライズ

CAST小松崎 ふたば小松崎 ふたば

作者:ゆかりンゴ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.07.31

はじめまして。
私、小松崎フタバ!





新潮中学校に通う
人見知りで、少女マンガが
好きな中学1年生です。





ちなみに部活は
家庭科部。













* ‐‐‐ * ‐‐‐ *





お弁当を食べたあと、
昼休みに自習をしていたら
後ろから友達がやってきた。





コハナ「ふたば~~!」





フタバ「あっ! コハナ!」





この子は有坂コハナ。
私とは違って
バレー部で明るい子。





中学校で
初めてできた親友。





違うクラスの
久野ナツくんと
付き合っている。





また、後ろから声がした。





ミアン「フタバ、コハナ!」





この子はミアン。
優踏生で、この前の
定期テストでは
学年1位だったんだよ。





美術部で
絵も上手なんだ。





コハナ「フタバ
何してるの?」





フタバ「数学の復習だよ。
私、数学苦手だから・・・」





コハナ「えら!
私なら絶対にやらない!
そういえば、次いつ遊ぶ?」





ミアン「部活オフの日かな?
そういえばフタバは
好きな人いないの?」





なんていう会話を
ずっとしてます。





私にとっては
大切ないつメン。













* ‐‐‐ * ‐‐‐ *





次の日の昼休み・・・





また自習をしていたら
突然声をかけられた。





西ユアンくんだ。





学年の中でも
かなりモテてる。





でもまだ
話したこともない。





ユアン「小松崎さん。
少しいい?」





フタバ「えっ!? わたし?」





ユアンくんは
うなずいたあと
「来て」と言った。





後ろ姿を見ながら
ふと思った。





背が高いなって。





ユアンくんがふと
足を止めた。





(ここどこだろう?)





ユアン「小松崎さん。
俺と、付き合ってくれない?」





・・・ウソ!
信じられない!





フタバ「はい。
あの・・・
私でいいんですか?」





ユアンくんは、
うなずいた。





そして私達は、
毎日一緒に帰る
カップルになりました。





あとから
聞いたんだけど
ユアンくんは
私の書いた書道の字を見て
ひかれたらしい。





あと、色々・・・
私はこの告白で
自分に自信が少しつきました。







−−−−−−−−−−終わり−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

Like

この物語に投票する

小松崎 ふたばが主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!