私と大親友

CAST小松崎 ふたば小松崎 ふたば

作者:かの

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.06.07

こんにちは~
ふたばですっ!





こはな「ふたばぁ~
おっはよぉ~」





ふたば「あっ! こはな、
おはよう」





こはな「今日もあげぇ~」





ふたば「いいなぁ~
こはなは、気楽そうで」





こはな「ふたばは、
どーしたのぉー」





ふたば「だって、
前回のテストの点数が
ヤバかったんだもん」





こはな「だいじょーぶぅー
勉強教えてあげよっかぁ~」





この通り
こはなは、GAL!





だけど勉強もできて
優しいんだぁ~。





私のただ1人の
大親友!













・*。・ 放課後 ・。*・





こはな「ふたばぁ~
聞いてよぉ~」





ふたば「なあに?」





こはな「じつはぁ、
好きな人が
できちゃってぇ~」





ふたば「誰~?」





こはな「はあと君」





ふたば「はあと君!」





こはな「どーしたのぉ~
もしかして
はあと君って
彼女いたぁ~?」





ふたば「分かんない」





そう。私、実は
はあと君のこと
好きなんです。





どうしようかな?





大親友と好きな人
被っちゃった。





こはな「今度
告白しようかなぁ~」





!!!





こはな「告白とか
私っぽくないかなぁ~」





ふたば「そんなこと
ないんじゃない」





もう無理。





こはなと私なんて
もう勝ち目ないじゃん。













・*。・ 翌朝 ・。*・





お母さん「ふたばー起きてー」





もうヤダ。





学校なんて
行きたくない。







それから私は、
不登校になった。











・ある日・





ピンポーン





誰か来たのかなぁ?





誰かが私の部屋に
近づいて来るのが
分かった。





ヤバッ!





急いで
髪をといた。





コンコンコン





ガチャッ





はあと「ふたばさん」





ふたば「はあと君!
どうしたの?」





はあと「いや、あの最近
学校来てなかったから
どうしたのかなぁ~と思って」





ふたば「そう、ですか」





はあと「なんか立ち入ったこと
聞いちゃってごめんなさい」





ふたば「別に大丈夫だよ!
それより来てくれて
ありがとう」





はあと「ごめんなさい。
俺、噓ついてました。
今日、ここに来た理由は・・・」





はあと「ふたばさんに
会いたかったからです」





ふたば「えっ!」





はあと「あの
こんな俺で良ければ
付き合ってくれませんか」





気づいた頃には、
はあと君に
抱きしめられていた。













・*。・ 1か月後 ・。*・





それからの
私はと言うと。





はあと君と
付き合うことになりました。





このことを
こはなに伝えると
祝福してくれた。





ふたば「実は、はあと君に
告白されて
付き合うことになりました」





こはな「えっ! そーなのぉー」





ふたば「うん」





こはな「おめでとぅー」





ふたば「ありがとう」





こはな「実はあたい、
はあと君以外に
好きな人できたんだぁ~。
それでぇ~告白して
付き合うことになったんだぁ~」





ふたば「えーおめでとー」





こはな「ということで
今度ダブルデートしよー」





ふたば「賛成!」







*end*

Like

この物語に投票する

小松崎 ふたばが主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!