すれ違いの奇跡

CAST髙橋 快空髙橋 快空

作者:まなみ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.06.14

こんにちは~、
快空です。







・*。・ 昼休み ・。*・





快空「アキ~、
告白できるかな?」





そう、私は放課後に
好きな人に告白するんだ。





アキ「快空なら、
絶対付き合える」





快空「ありがとう~」













・*。・ 放課後 ・。*・





好きな人は、
同じクラスの太陽。





笑顔に惹かれて
好きになったんだ。





太陽は、サッカー部に
入っているから
ちょっとだけ待たないと
いけないんだ。





もうそろそろかな?





先生「快空さん、
まだ残っていたの?」





げっ、先生。





快空「はい・・・」





先生「ちょっと手伝って
ほしいことがあるの。
今いい?」





えっ、
どうしよう・・・





告白もしないと
いけないのに。





まあ、
ちょっとぐらいなら
大丈夫かな・・・





快空「はい」





先生「このプリントを、
全クラスに
持っていってほしいの」





快空「はい」





私は、早く
終わらせるために
急いでプリントを
持っていった。





先生「ありがとう」





ふう~、
やっと終わった。





さあ、早くいかないと。





だだだ、、、





あれ、
サッカー部がいない。





あっ、
サッカー部の先生だ。





快空「先生」





快空「サッカー部の
太陽って
どこにいますか?」





先生「太陽ならたぶん
帰ったぞ」





快空「あっ、
ありがとうございました」





えー、手伝いしてたら
帰っちゃった。





どうしよう・・・





私は、戻って
学校中を探し回った。





いないと思うけど・・・





快空「太陽、太陽」





大きな声で叫んだ。





?「快空、快空」





誰かが、呼んでる。





快空「誰なの?」





?「俺だよ、太陽」





き、奇跡みたい・・・





快空「えっ、太陽」





快空「なんで、
ここにいるの?、
帰ったんじゃないの?」





太陽「快空こそ」





快空「私は、、、
太陽に・・・」





太陽「好きだ」





太陽「快空が、好き」





快空「わ、私も
太陽が大好き」





ぎゅ





私は、太陽に
抱き着いた。







*end*

Like

この物語に投票する

髙橋 快空が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!