カップル投稿

CAST林 芽亜里林 芽亜里

作者:みいにな

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.03.10

私、めあり!
ティックトックは、
私達の大切な思い出・・・





それは1年前のことだった――――







*。・ 1年前 ・。*





めあり「やっほ~!
あれ?
ゆなな~?」





ゆなな「あ! やほ!」





めあり「何してるの?」





ゆなな「ティックトックだよ!
知らないの?」





めあり「何それ!
楽しそ~!!」





ゆなな「ティックトック
知らないなんて!!
びっくりだ!」





この子は、ゆなな!
天然ちゃんで、
流行に敏感な女の子!
私の、親友なんだぁ!





ゆなな「まず・・・
音楽に合わせて踊るのが
ティックトックだよ!」





めあり「ダンス?
私、自信ないなぁ・・・」





ゆなな「大丈夫!
手だけのもあるから!
とりあえず、
お手本みよー!」





♪~ポケットから、





めあり「あ!
これ、
知ってる!」





ゆなな「流行に乗ってるんだね!
やってる人、多いよ!」





めあり「これやれば、
流行に乗れる?」





ゆなな「簡単だし、
やってみる?」





めあり「うん!」





ナオヤ「あれ?
ゆななと、めあり?」





エイト「あ、本当だ!
やっほー!!」





ゆなな「2人とも偶然!
(本当は呼び出した)」





めあり「え! エイト!?
(パニック)」





ゆなな「大丈夫!
私、いるよ!
(コソッ)」





めあり「コクリ」





そう、私、めありは
エイトに恋しちゃったんだ。





でもあんまり話さないし、
恋とか苦手だから・・・





いつか思いを伝えたい・・・
と思っている感じ・・・





ハァーーー・・・





ゆなな(今日こそ
エイトとめありを、
くっつける!!!)





エイト「ゆなな、
何燃えてるんだ?」





ゆなな「べっつにー!!
何もないけど?」





ナオヤ「何?
ティックトックってやつ?」





めあり「そうそう!
私も、今ゆななに
教えてもらってさ・・・」





エイト「カップル投稿とか、
人気のやつだろ?」





ゆなな「そーそ!
いつか、彼氏と
撮りたいなぁ・・・!!!」





ナオヤ「一生できねーよ(笑)」





ゆなな「はぁぁ!?!?」





めあり「アハハハ・・・(笑)」





エイト「微笑ましいよな、
あの2人(笑)」





めあり「だよね(笑)」





あれ?
エイトと喋れてる!
なんか嬉しいなぁ・・・!!!!!





エイト「めあり・・・俺と・・・」





ゆなな「2人ともー!!
私、ナオヤと
フォトスポット
行って来るー!」





ナオヤ「ティックトック
撮りたいんだとよ(笑)
じゃな!」





めあり「ゆなな!
ちょっと!」





ゆなな「まぁ・・・頑張って!
きっと良いことあるよ・・・!」





めあり「へ?」





ゆなな「じゃねー!!」





エイト「行っちゃったな・・・(笑)」





めあり「私達、
どうする?」





エイト「このまま少し
この公園いようぜ・・・」





めあり「うん・・・!」





エイト「さっきの
ティックトックってこれ?」





めあり「アプリ
入れてたんだ!(尊敬)」





エイト「まあな、
ナオヤもこういうの
好きらしいし!」





めあり「へぇ・・・!
ゆななと気が会いそう!」





エイト「絶対
付き合ってるよな!」





めあり「本当!
カップル投稿とか
してそう!」





エイト「(笑)」





めあり「あ、こういうのが
カップル投稿・・・?」





エイト「あ! 見てみる?」





♪~ポケットから、





めあり「これって・・・
ナオヤとゆなな!?!?」





エイト「本当だ!
1分前投稿って・・・!」





めあり「やっぱ
付き合ってたんだ・・・!」





エイト「あ、良いこと
思いついた!」





めあり「なになに~!」





エイト「俺達も撮ろーぜ!
カップル
ティックトック!」





めあり「えっ・・・!」





エイト「偽カップルってこと!
ナオヤ達
びっくりさせよーぜ!」





めあり「あぁ・・・
そーいうこと!
いいよ!」





♪~ポケットから、





エイト「OK!」





めあり「今日、
めちゃくちゃ
楽しかった!
ありがとう!」





エイト「じゃな!」





そこで、今日は
バイバイして、明日
またあう約束をした。





当たり前だけど、
エイトは後ろを
向くこともなく、
真っ直ぐ家に帰って行った。













*。・ その夜 ・。*





めあり「よし!
自己紹介ティックトック!
撮ってみるか!
えっと・・・好きな人!?」





いる・・・っと!





食べ物? は・・・





♪~テレンッ テレンッ





めあり「よ~し!
投稿っと!」





記念すべき1人で初めて
ティックトックを撮った日!





めあり「いいねきた!
はっや!
えっと・・・エイト!!??」





プルルル・・・





めあり「もしもし~?」





エイト「ティックトック
あげたんだな!」





めあり「うん!」





エイト「好きなやつって誰?」





めあり「え?!」





エイト「自己紹介
ティックトックに
書いてあったから・・・」





めあり「いるよ・・・!」





エイト「それって、俺?」





めあり「え!!」





エイト「いや、予想!(笑)
ごめんごめん!」





めあり「大正解だよ・・・!」





エイト「えっ・・・!!!!!??????」





めあり「エイトが好き・・・!
偽カップル投稿も
めちゃくちゃ嬉しかった・・・!
本当は!」





エイト「俺も・・・!
ずっとめありが
気になってて・・・」





めあり「ティックトック
これから、
2人でやらない?」





エイト「お! 大賛成!」





めあり「じゃ、また明日!」





エイト「おう!」













*。・ 1年後 ・。*





今もまだ、エイトとは
ティックトックを
撮り続けている!





今では、
人気カップルとして
注目されてるの!





これからもよろしくね!





エイトと、
ティックトック様!(笑)







*end*

Like

この物語に投票する

林 芽亜里が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!