恋の悪魔

CAST林 芽亜里林 芽亜里

作者:チョコみるく

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2020.08.13






ここは誰もが
魔法を使える世界。





私はその中の
恋の妖精林メアリ。





だけど本当に
恋の妖精かどうか
わからない。





だって恋の妖精は
人間の恋を叶えるのが
仕事なのに





私は恋を叶えて
あげたことがない。





逆に私は男を
恋に落としてばかり。





私みたいな
特性を持つのが、
恋の悪魔。





だから私は裏で
恋の悪魔だと
陰口を叩かれている。





だけどそんなの
気にしない。





だって私には
男共がいるから。





メアリ「こうしょうくーん?」





こうしょう「何?
メアリちゃん?」





この男は落ちぶれた
下級悪魔。





可哀想に
私と釣り合うと
思っている。





メアリ「今日、一緒に
カフェ行こー?」





こうしょう「いいよ」





ふん、
わかってないと思うけど
あんたは私に
利用されてんの。





でもこうしょうは気づかず

私がこうしょうを
好きだと思っている。





うぬぼれや。





でもこんな私でも
惚れさせられないやつが
いるなんて
思いもしなかった。





こうしょうとカフェで
お茶していると
すごいイケメン発見。





惚れさせちゃお。





メアリ「ごめーん。
ちょっと用事が
出来ちゃった、またね」





フッ、うまく
撒けたかな?





さて、あのイケメンは
どこかしら。





アッ、いたわ。





ドン。





メアリ「すみませーん。
ぶつかっちゃって
ごめんなさい。
お名前教えて」





レオン「丸田レオン」





メアリ「きゃーいい名前。
連絡先交換しよ?」





そういってレオンは
やっとこっちを見た。





エッ、目が真っ赤。
悪魔だ。





レオン「いいよ」





第一段階成功率?





メアリ「付き合って?」





それと同時に
魔法をかけた。





(私のことを
好きになぁれ)





レオン「いいけど
魔法をとけ」





エッ、バレてた?
なんで?





メアリ「あんた、何者?」





いきなりレオンが
抱きついてきた。





レオン「俺だよ、メアリ。
幼馴染の」





メアリ「う~ん
エッ、あの?」





思い出した。
昔のレオンは
優しかった。





だからレオンに
気づいたんだ。





レオン「昔からメアリのことが
すきだっただから
見つけたら
とても嬉しかった。
なのに下級悪魔ごときと
付き合ってて」





メアリ「ごめんなさい。
そういうところ直すから
付き合って」





レオン「いいよ」





メアリ「いいの?」





レオン「当たり前」





メアリ「ありがと」







*end*

Like

この物語に投票する

林 芽亜里が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「新ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!