出会ってからたった1日で・・・

CAST林 芽亜里林 芽亜里

作者:みーちゃ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2020.06.04






みなさんこんにちは!
私は林メアリ!





今日は親友のココハの
お父さんお母さんが営んでいる
イチゴ狩り屋にきています!





メアリ「うーん! やっぱり
ココハの家のイチゴって
すごく甘くておいしい!」





ココハ「そうかな」





(えへへ・・・)





メアリ「あー、おいしかった!
明日もきたいな!
じゃあ、私かえるね!」





ココハ「バイバーイ!」





はあ・・・
今日はいてきた靴が
厚底だから、
なんかコケそうだなぁ・・・





コケっ





メアリ「きゃっ!?」





どてっ。





メアリ「いてて・・・」





???「大丈夫ですか?
え、立てますか?」





(手をさしのべる)





メアリ「あっ、はい」





(手をつなぐ)





このあたたかい手の中に
ずっと入っていたいなぁ・・・





???「あ、あの・・・?」





メアリ「あっ、すいません!
えーと助けてもらったし、
もう知り合いだし、
あ! もう友達か!」





???「あ・・・
まあ、そうですかね」





メアリ「私、林メアリ!
はじめまして!
あそこのイチゴ狩り屋は、
私の友達、ココハのお父さん
お母さんが営んでいるの!」





ヨシト「俺は野口ヨシト。
友達ならライン
つないでおこ」





メアリ「はい!」









*。・ ヨシトの頭の中 ・。*





よっしゃ!
誘えた!
こんなかわいいこを!













*。・ メアリ ・。*





メアリ《明日、イチゴ狩り
行きましょう!》





ヨシト《いいですね。では!》













*。・ ココハとのライン ・。*





メアリ《今日ヨシトって人と
ライン交換した》





ココハ《私のはとこですー》





メアリ《まじ~!?
ヨシトくんのこと
好きになったんだけどー》





ココハ《ほーほー》





メアリ《明日、イチゴ狩りに
2人でいくの》





ココハ《よかったねえ》





メアリ《おやすみ~》













*。・ イチゴ狩り中 ・。*





メアリ《うわー!!
やっぱりおいしー!!》





(満面の笑み)





ヨシト「・・・は」





メアリ「どしたの?
ヨシトくん」





ヨシト「あー、いや?
なんでもない」





ココハ「お、一緒に来てるね~」





メアリ「うん!」





ヨシト「メーアーリっ!」





メアリ「今行くっ!」





ココハ「お幸せに~」





メアリ「はーいどうも」





ヨシト「俺さ、昨日会った時から
メアリに一目惚れしちゃって・・・
こんなかわいいコと会えたのって
運命かと思っちゃって笑」





メアリ「え・・・嘘」





ヨシト「俺と付き合ってください!」





メアリ「私もさ・・・
運命かと思っちゃってた笑」





ヨシト「返事は?」





メアリ「もちろん、
よろしくお願いします!
ヨシトくんの彼女として!
頑張ります!」





――― kiss ―――





え、甘い!?





あ、え、イチゴを
口移しでくれたっ!?





私、今ちょー幸せ!





ココハ「おめでと!」





ヨシト「やっぱね」





ココハとヨシトくんは
はとこだったから、





ヨシトくんが私とココハが
友達って分かってたから





恋愛相談してたんだって。





私、世界一の幸せ者!





ココハ、ヨシトくん





本当にありがとう!







―HAPPY END―

Like

この物語に投票する

林 芽亜里が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!