あたらしく芽吹いた恋

CAST林 芽亜里林 芽亜里

作者:華恋

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2020.01.19






*。・ 学校 ・。*





めあり「今年でモデルも
4年目かー、、」





めあり「男子ってほんとに
私目当てなんだよなぁ。
そんなことしても
好きにならないのになー」





よしと「林さん、
少しいいかな?
来年の卒業式について
なんだけど・・・」





めあり「(野口くんか・・・)
あ、いいよー。
どうしたの?」





よしと「卒業式のときに使う
用具なんだけど、
こんな感じでいいかな?」





めあり「そうだね。
おっけーだよ」





よしと「ありがと林さん!
時間とっちゃって
ごめんね・・・」





めあり「あ、全然大丈夫だよ!
暇だったし」





どうせ男子なんて
私目当てだしなぁ。





やさしい男子
いないかなー・・・













*。・ 撮影現場 ・。*





ここは「めありー、
最近どう?」





めあり「どうって?」





ここは「恋愛だよー!
めありは好きな人
出来た?」





めあり「いないよ。
どーせ男子は
私目当てだから」





ここは「えー!! いないのー?!
絶対気づいてないだけ
じゃないの?」





めあり「そ、そうかな・・・?」





いるわけないしなー。





ここは「一緒にいて安心するとか、
楽しいとかって思ったら
気があるってことだからね!」





めあり「いるとしたら・・・?
っていないよー!」





いるとしたら野口くん?
山下くん?





でも違うか笑













*。・ 学校帰り ・。*





よしと「林さーーーーん!」





めあり「え?」





よしと「林さんってさ、
Aさんの好きな色って
わかるかな?
いつも一緒にいるから」





よしと「教えて欲しいなぁ・・・
なんて思ったんだけど」





めあり「いいよ!
たしかAはねぇ・・・」





よしととめありは
帰り道がたまたま
一緒だったので、
よく話して帰っていた。





めありはまだ、
よしとに対しての気持ちには
まだ気づいていなかった。





めあり「あはは!
たしかにBくんって
そんな感じだよねー笑」





野口くん、
やさしいのに
面白いなぁ。





このあと、よしとは
Aに告白したが振られた。













*。・ 後日、学校帰り ・。*





めあり「野口くん、
振られちゃったんだ・・・
残念だなぁ」





よしと「他に好きな人が
いるそうだって。
失恋って辛い・・・」





めあり「大丈夫!
野口くんなら
立ち直れるよ!!」





よしと「林さんのこと、
モデルってわかってるけど、
僕のこと、名前で
呼んでくれないかな?」





めあり「え?」





よしと「僕のことを
名前で呼んで欲しいんだ、
だめかな?」





めあり「別にいいよー。
じゃ、よしとくんって呼ぶねっ」





野口くんって
わたしに気がある・・・??













*。・ 撮影現場 ・。*





ここは「それぜったい
めありのこと好きだよ!!」





めあり「えー、そうかな?」





ここは「めありは野口くん
どう思ってるの?」





めあり「帰り道一緒だから
結構話してるけど、
話してると面白いし、
やさしくて安心するんだ。
野口くんは好きだよ、
友達として」





ここは「それが恋なの!
野口くんが女子と話してると
なんか嫉妬とかしないの?」






めあり「あ、たしかに
野口くんって
よく見ちゃう気がする・・・」





ここは「それが恋愛! 恋!
やったねめあり!」





めあり「私は野口くん・・・
いや、よしとくんのことが
好きなんだ」













*。・ 学校の下駄箱 ・。*





ガチャッ・・・





めあり「あれ?」





///////////////////////////
林さん・・・
いやめありさん、
今日の放課後に
体育倉庫裏に来てください。
誰にも言わずに・・・
///////////////////////////





ラブレター!!?





って、いつものことだから笑













*。・ 体育倉庫裏 ・。*





めあり「あれ、
誰もいない・・・?
あれ嘘だったのかな?」





よしとくんだったら
よかったのに。





めありの肩に
手を置かれる・・・





めあり「!?!?」





よしと「林さん、
いや、めありさん!
あなたのことが
ずっと前から好きだったんだ!
めありさんが芸能人ってことは
わかってる!
でも好きなんだ!
付き合ってくれないかな・・・?」





めあり「よしとくん・・・///
もちろん!
付き合うよ!」





ギュッ





よしととめありは
顔を季節外れな
真っ赤な色に染めて、
2人で手を繋ぐ。





あとからわかったことだが、
Aに告白したのは嘘で、
めありと話すための
口実だったという。







*end*

Like

この物語に投票する

林 芽亜里が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「新ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!