一周まわってもまだ回り続けるもの

CAST林 芽亜里林 芽亜里

作者:りんりんりんご

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.01.26

私はずっと
止まっている・・・







*。・----。・----・。*





こんにちは、メアリです。





初恋がまだな
高校1年生です。





あー疲れたー。
今日は雨で登校で
もうヘトヘト。





あ、





「おはようここは」





ここは「メアリ、おはよう」





メアリ「てか、今日
雨降って登校で
もう疲れた。
授業うける余裕ないー」





ここは「わかるー」





ここは「聞いて!
昨日の日曜日にさ
めっちゃイケメンの
知らない男子にさ
『可愛い。
声かけちゃった』
っていわれてちょっと
喋ったけど、
好みのタイプじゃ
なかったわ」





メアリ「なんやし
嫌い系やったんや」





キーンコーンカーンコーン





メアリ「またあとでー」





ここは「じゃあね」













・*。・ 授業終わり ・。*・





ここは「知ってる?
昨日テレビでやってたけど
恋っていうものは
どんなものにも回り続ける
ハートでできているんだって!」





メアリ「えーそうなんだー」











・。・。・。・。・。・。・。・。





一方家では・・・





メアリ「あー
回り続けるってのに
私には縁のないことだな」













・*。・ ある日 ・。*・





先生「皆さんに大切な
お知らせがあります。
なんと来月2月に
転校生が来ます。
詳しくはまだ先生も
分かりませんが、
男の子で新潮団地に
引っ越してくるそうです」





クラスメイトの
話し声が聞こえる・・・













・。・。・。・。・。・。・。・。





帰り道・・・





ここは「転校生だって
イケメンかな?
メアリの初恋の相手に
なったりして」





メアリ「ないない。
でもゼロではないかもね」













・。・。・。・。・。・。・。・。





2月1日火曜日
朝8時10分・・・





先生「では転校生を
紹介します。
入っていいよー」





?「こんにちは」





周りがざわつき
はじめる・・・





メアリ(顔がタイプ)





?「名前はいいません。
あまり関わらないで
ください」





先生「じゃあ、あなたは
1番後ろの端っこで
いいかな?」





?「はい」





メアリ(私のうしろ)













・。・。・。・。・。・。・。・。





休み時間・・・





メアリ「あの、・・・」





?「なに」





?「別に悪いこと
しなければいいよ」





メアリ「名前は?」





?「苗字が南だから南で」





メアリ「南くん
どこから来たの?」





南「隣のニコラ中高一貫から」





メアリ「そうなんだ」













・。・。・。・。・。・。・。・。





帰り道・・・





ここは「転校生不思議だね」





メアリ「まあ、そうかな」





(あの子ちょっと
気になる)













・*。・ 次の日 ・。*・





メアリ「南くん、おはよう」





南「メアリさんって
呼べばいい?」





メアリ「メアリでいいよ」





南「OK。メアリって
好きな食べ物って何?」





メアリ「お寿司かな?
マグロとサーモンが好き」





南「俺も同じ。
今度ニコ寿司っていう
回転寿司行かない?」





メアリ「いいよ。
今週の日曜日とか?」





南「じゃあそうしよう」













・。・。・。・。・。・。・。・。





日曜日・・・





メアリ「お腹空いてきたなー」





南「そうだなー」





席に座り・・・





(カウンターで隣じゃん!)





南「回転寿司って
永遠と回っていて
なんだかなんというか
いいというか」





メアリ「確かに」





(え、まって。
この前ここはが
恋はまわるって
いっていたけど
もしかして南くんが
初恋相手?)





(なんだかそのことばっか
思ってるな。
もしかして好き!?
そんなことってあり得るかも。
どちらかといえば
好みっちゃ好み)





私、多分
好きになった。













・。・。・。・。・。・。・。・。





翌日・・・





南「今度、家
来てくれる?」





メアリ「いいよって
家どこ?」





南「ニコラーケットの
すぐ前の白い家」





メアリ「OK」













・。・。・。・。・。・。・。・。





放課後・・・





メアリ「ここかー」





ピンポーン





「はーい」





南「部屋入って」





その後、
世間話をして・・・





南「ちょっと立って」





メアリ「なんで?」





南「身長測る」





メアリ「えっ?」





(カベドン)





からの





南「俺ずっと前から
メアリのことが好きで
回転寿司で
恋がまわる気がして
好きって気づいて。
だから
付き合ってください」





・・・





アゴクイ





メアリ「はい、喜んで。
あなたと同じです」





メアリ「南くんって
下の名前何?」





南「ルワ」





メアリ「やっぱり恋って、
回りつづけて
いるんだろうなー。
回転寿司のように」





ルワ「本当だな」





回転寿司のまわることは
恋の動き始めの合図に
なるのかもしれない。







*END*

Like

この物語に投票する

林 芽亜里が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!