運命の席替え

CAST林 芽亜里林 芽亜里

作者:ゆりにゃ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.11.12

あ、、、
あの人と、
隣になりたい、、、





でも、
こんな私に合わないか、、、







*...・・・*...・・・*





こ、こんにちは、、、
私は中2の林芽亜里です、、、





あの、、、
人見知りなので
あまり話すのが
得意じゃないんで、、、





でも、学校では
仲良しの友達はいるし、
もちろん好きな人だっていますっ!





でさ、、、
今日席替えなんだよね、、、





好きな人あっ!
その前にわたしの好きな人は、、、
コウショウくんって言うの、、、





1年生から同じクラスで、、、
でも、あまり
話したことがないし、
陽キャすぎて
追いつけないんだよね、、、





だから、隣の席に
なりたいなんて
言えないけど、、、













・*。・ 学校 ・。*・





先生「はーい!
今日はみんなの
楽しみにしていた
席替えでーす!!
今日もくじ引きでいきまーす!!
女子からねー!!」





先生がしゃべった瞬間
めありは心臓が
ドクドク早くなり、
外に音が漏れ出していないか
心配になった。





みんながどんどん
くじを引いていく、、、





いよいよめありの番だ、、、





めありはあまりの緊張に
口から心臓が出て
しまうんじゃないかと思った。





そんななか、
これで誰の隣になるか、
近くになるかが決まる
運命のくじを1本引いた、、、





めありは運悪く
仲良しの女子と
別れてしまった、、、





人見知りのめありにとっては
話す人がいなくて悲しい状況だ、、、





先生「はい!
女子が終わりました!!
じゃあ、
次は男子の人どうぞー!」





めありは祈った。





コウショウと
隣になれるように。





男子は女子より素早く
くじを引いていく。





コウショウの出番だ。





コウショウは
くじを引いた。





コウショウの表情を見たが
普段と変わらない。





めありは
ドキドキしていた、、、





そして隣の席に、、、
コウショウが座ってきた。





めありは一瞬戸惑ったが
今の現状を理解した。





めありはコウショウの
隣になったのだ。





めありは
声に出さないように
喜んだ!!





その時













*...・・・*...・・・*





コウショウ「よっ!
めあり!
これからよろしくな!」





めあり「あっ、、、
うん!
よろしく!」





緊張と戸惑いで
うまく声がでなかった。





でも、コウショウと
隣になれたのは
とっても嬉しかった!!





めありは言った。





「あ、、、コウショウは
いつわたしの気持ちに
気づいてくれるのかな、、、」





そういって
席替えの時間はおわり、
休み時間になる前の
チャイムがなったのだ、、、











*end*

Like

この物語に投票する

林 芽亜里が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!