地味な私でも

CAST林 芽亜里林 芽亜里

作者:kotone

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.09.20

林芽亜里
ニコラ中学の3年生だ。





部活は美術部。





陰では
陰キャと呼ばれてる、
みたい・・・





あまり気にしてないけど・・・













・*。・ 3年前 ・。*・





義斗「おはよう!!!
お、絵じょーずじゃん!
見せて見せて!」





芽亜里「え、いいけど・・・」





義斗「へぇ、絵上手いんだ!
今度俺がバスケしてるとこ
とってくんねぇか?」





芽亜里「は、はい/////」





それからは毎日のように
義斗君のところに行って
絵を描き続けてる。













・*。・ ある日 ・。*・





義斗「おはよう!
昨日の絵どんなん?」





芽亜里「これだよ!」





義斗君が
話しかけてくれた/////





あむ「何あれ?
芽亜里ちゃん、
ちょっと良い?」





芽亜里「う、うん」





あむ「あんたみたいな陰キャが
義斗君と張り合えるわけないだろ、
ちょっと話しかけられたくらいで
調子にのるなよ・・・
義斗君はあんたのことなんて
興味ないから」





芽亜里「え、あ、ででも・・・」





あむ「じゃあね。べり(絵を破る)」





芽亜里は、
絵を破られた・・・





堪忍袋の緒が切れた。





私は言い返して
やろうと思った、その時。





義斗「あーあ、
せっかく素敵な絵を
描いてくれたのに・・・」





あむ「よ、よしとくん??」





義斗「お前さ、
その辺にしといたら?
次芽亜里に手出したら、
(ニヤ)
どうなるか知らねぇから」





あむ「ちぇ、もう良いわよ」





芽亜里「あ、あの義斗
ありがとう」





義斗「はぁありがとうは
こっちだよ、
いつもかっこいい俺を
描いてくれて/////
いつも見てたよ」





芽亜里「そ、そうなの、
絵描いてるの見られてたんだ。
ちょっと恥ずかしいな」





義斗「なぁこれからも絵描いてよ。
俺さ芽亜里の絵と
芽亜里のことが大好きなの。
ほんで、俺と付き合わない?」





芽亜里「ぜひお願いします!」





あの時は本当に
イライラしましたが、
義斗君がズバッと言ってくれて
そして陰キャの私でも
付き合うことも出来るなんて・・・
スカッとしました!!!





そしてあむちゃんにも
感謝しーとこっ!







*end*

Like

この物語に投票する

林 芽亜里が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!