恋結びマフラー

CAST林 芽亜里林 芽亜里

作者:あめのしずく

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.08.23

私の名前は
林芽亜里、
高校1年生。





実は女優を目指して
N・C・Lプロモーションという
事務所に所属しています。





今日はマネージャーさんに
呼び出されて
事務所に来てます。





マネージャーは、
野崎奈菜。





ナナは私の2つ上の
幼馴染!





メアリ「失礼します」





ナナ「久しぶり、メアリ!
・・・実は、メアリに
大事な話があって
呼び出したの」





メアリ「どんな話?」





ナナ「実は・・・
大学受験に専念するため、
この1年、マネージャーの仕事を
休むことになった」





メアリ「えっ・・・」





ナナ「でも、1年だけ。
だから、絶対戻ってくるから、
私がいない間も頑張ってほしい。
それで、新しいマネージャーを
今日紹介するね」





コンコン





レン「失礼します」





ナナ「ほら、
自己紹介っ!」





(・・・ナナの知り合いかな?)





レオン「・・・ナナの同級生の、
丸太怜音です。
呼び方は、なんでも」





メアリ「ど、同級生?」





ナナ「そうなの~。
だから安心して
任せられるかなって」





メアリ「ちなみに2人は
どういう関係で・・・?」





レオン「野崎の彼氏の友達」





メアリ「ナナ、彼氏いたの!?
初耳・・・」





ナナ「ちょっ、言わないでよ丸太!
じゃあ、そろそろ
私はここで。
メアリのこと、頼んだよ!」





レオン「おいっ」





(えーと、
何話すべきなんだろ。
あ、そうだ)





メアリ「なんでマネージャーなんて
引き受けたんですか?」





レオン「・・・芸能人の近くにいれば、
いつか夢が叶うかもって」





メアリ「何になりたいんですか?」





レオン「敬語やめろ。
・・・映画監督」





メアリ「かっこいい・・・!
監督かぁ、
私の夢はね、女優。
じゃあいつかレオンが
監督の映画を演じる!」





レオン「・・・期待してる」





この日はここでわかれた。













***





・LINE・





レオン〈連絡。
9ヶ月後の12月24日に
オーディション。
作品名は「青の夏」。
ジャンル、青春映画〉





メアリ〈クリスマスイブだね。
青春映画夢だったから嬉しい。
頑張る〉





レオン「・・・頑張れ」













***





それから、
私はたくさん努力した。





体調管理に、体型管理、
肌管理。





そして何より演技力。





この映画でデビューして、
レオンのつくった映画の
ヒロインを演じられるように。





メアリ「お疲れ様でした~。
・・・レオン、待ってたの?」





レオン「夜道に1人は危ない。
何かあったら
来月のオーディションは
無理だから」





メアリ「ありがとう。
くしゅんっ!」





レオン「これ使って」





そういって
貸してくれたのは、
1本のマフラー。





きゅん





いつか映画で見たような、
憧れのシーン。





(こんなの・・・
好きになっちゃうじゃん。
マネージャーだし、
何よりレオンは・・・
きっと私のこと
恋愛対象として見てない)





レオン「メアリ」





メアリ「はいっ!?」





レオン「手、出して」





キラキラ輝く、
星みたいなネックレス。





メアリ「わっ、私が欲しかった
ネックレスだ!
どうして?」





レオン「こうしたら
嫌でも受かろうと
思うだろ(笑」





メアリ「ははっ、そうだね。
ありがとう! 頑張るね!」













***





オーディションの日の
朝を迎えた。





(緊張する・・・)





プルルルル





メアリ「・・・もしもし、
レオンどうしたの?」





レオン「今頃ビビってるんじゃ
ないかと思って」





メアリ「うん・・・
思った以上に緊張する」





レオン「大丈夫。
深呼吸して、
今まで練習した通りに
すればいい」





メアリ「うん。
・・・じゃあそろそろ
行ってくる」





レオン「あのさメアリ。
・・・頑張れ」





メアリ「うん。
行ってきます!」













***





審査員「では、合格者は
後日お伝えします。
お疲れ様でした」





(終わった・・・って)





メアリ「不在着信・・・
50件!?」





しかも、
全部ナナから。





メアリ「もしもしナナ、
どうしたの・・・?」





ナナ「レオンが、
レオンがっ!
事故に遭った・・・!」





メアリ「びょ、病院は!?」





ナナ「ニコラ総合病院!
急いで!
レオンが・・・危ない」





タクシーで
病院に向かった。





メアリ「レオン!」





ナナ「メアリ、よく聞いて。
手術したから、
命に別状はない。
でも、まだ意識がないの・・・
一緒にいてあげて」





メアリ「うん。じゃあ、
目覚めたら連絡する」





ナナ「お願い」





メアリ「レオン・・・っ、
死なないで・・・お願い」





(神様なんでもします。
だからレオンを助けて・・・)





すると。





ぴくっ





レオン「う・・・メア、リ?」





メアリ「レオン・・・!
良かった・・・良かった・・・!
もしもしナナ、
レオンが目覚ましたよ!」





ナナ〈ほんとに!?
良かった・・・すぐ行く!〉





レオン「オレ、
何してたんだっけ」





メアリ「事故に遭ったの。
でも無事で良かった・・・」





レオン「心配かけてごめんな」





メアリ「無事だからいいの。
あとこれ」





綺麗に洗った、
あのとき巻いてくれた
マフラー。





レオン「ありがとう。
いい匂いする」





メアリ「あのね、
その・・・
広げてみて」





レオン「紙?」





*** *** *** *** ***
レオンへ

最初マネージャーになるって聞いた時は、
正直冷たそうなひとだって思いました。
でも、本当は優しい人だったね。

ネックレス、ありがとう。
とても嬉しかったです。

最後に、私の気持ちも伝えさせてください。

ありがとう。
そして、私は、レオンが好きです。

             林芽亜里
*** *** *** *** ***





レオン「好き・・・?」





メアリ「あと少しであの冬から1年、
だんだんレオンが好きになったの。
だから・・・私がもし
オーディション合格したら、
付き合ってください」





レオン「だめ」





メアリ「え・・・」





レオン「オーディション受かっても
受からなくても
オレはメアリが好きです。
付き合ってください」





メアリ「はい!」













***





・3年後・





ニュースキャスター「ただいま
日本興行収入の歴史が変わりました!
1位作品は今注目の演技派女優・
林メアリさんが主演を務めた、
丸太レオン監督の
『花のような僕の恋人』です。
おめでとうございまーす!」





私は女優デビューして、
レオンは映画監督の夢を叶えて。





レオンと付き合っています!





レオン「メアリ、これ、
クリススプレゼント」





メアリ「マフラーだ!
ありがとう、
ちょうど欲しかったの!」





私とレオンを
繋げてくれたのは、
1本のマフラーのようです。





ナナ(おめでとう、メアリ)







*end*

Like

この物語に投票する

林 芽亜里が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!