私の恋は変わっている

CAST伊藤 沙音伊藤 沙音

作者:リュート

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.12.31

私の名前はシャノン。
中学1年生。





私は今まで
「恋」というものを
したことがない。





先生「今日から
このクラスに入る
レン君です」





レン「・・・」





皆「なんか
感じ悪くない?
やる?」





シャノン「え・・・」





そう、私たち
1年A組には
秘密がある。





それは、
「恋生贄ゲーム」
というもので、





1週間に1回
クラスの誰かを
恋のいけにえにする。





その人を全員で
恋に落とすというものだ。





私は今日初めて来た
レン君には
かわいそうだと思った。





ここは「ね、シャノンも
いいでしょ?」





シャノン「う、うん」





私の短所は、
自分の意見を
言えないところだ。





先生「では、
仲良くするように」





皆「はーい!」





レン「・・・汗」





ここは「よろしくね」





レン「はい・・・」













・*。・ 放課後 ・。*・





男子「レン君、
ちょっといい?」





レン「あ、はい・・・」





男子「ぶっちゃけ、
今のところ
可愛いって思うの誰?」





レン「え?」





男子「いいから、
いいから」





レン「・・・・・
シャノンちゃんです」













・。・。・。・。・。・。・。・。





シャノン「あ、やばい!
忘れ物した!
ここは先帰ってて!」





ここは「ほーい」





はあ、はあ、
急がないと!





急いで
教室に戻った。





そしたら男子と
レン君がいた。





男子「なにー?
シャノンちゃん
好きなの?」





レン「はい・・・!」





男子「んじゃあまず、
告白しようか!」





レン「え、急すぎないですか」





男子「いいから!
信じて!」





シャノン「・・・あのー」





レン「えっ」





シャノン「わ、私!
レン君気にしては
いますから!」」





男子「おー!」





レン「あ、あのっ
俺と付き合ってください!」













・。・。・。・。・。・。・。・。





そのころ
クラスのみんなは、
ラインで状況を
伝えあっていた。





もちろんここはも。





ここは「レン君やるー!」













・*。・ 教室 ・。*・





男子「シャノン!
どうなの!」





シャノン「はい!
・・・////」





男子「ふふーん
今回は
俺らのお手柄だね」





私はそれから、
レン君と
付き合うことになった。





自分の意見も
言えるようにもなった。





初日はさすがに
びっくりしたけどね(笑)











*end*

Like

この物語に投票する

伊藤 沙音が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!