彼にあげるチョコレート ~バレンタインのおまじない~

CAST佐藤 菜月海佐藤 菜月海

作者:りあちゃ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.11.18

私、佐藤なつみ!!
私には、推しがいるんです!





俳優の、西ユアンっていう人が
推しなんです!!





クール系俳優です☆*。





しかも、彼氏にしたい俳優
No.1なの!!







✰⋆。:゚・*☽:゚・⋆。 本屋さん ✰⋆。:゚・*☽:゚・⋆。





なつみ「あっ!!
ユアンくんの表紙の
雑誌だ!!」





(雑誌を手に取ろうとする)





パッ





(誰かと手が重なる)





なつみ「あっ、すみません」





ユアン「全然。雑誌どうぞ」





なつみ「ありがとうございますぅぅぅぅ!?
なんで、ユアンくんがいるぅのぉ!?」





ユアン「シーッ」





なつみ「あっ、すみません」





ユアン「てか、雑誌を
買ってください(笑)
この写真けっこ~上手く
撮ってくれたんだよね!」





なつみ「はいっ! 買います!」





店員「○○円でございます。
ありがとうございました」





ユアン「お買い上げありがとう(笑)」





なつみ「はっ、はい」





ユアン「そうだ!
雑誌で流行のオシャレ服
着こなせるのは誰?
みたいな企画があってさー。
服選び手伝ってくれない?
中学生の女子って
ファッション詳しそう!」





なつみ「全然いいですよ!!
行きましょう」













✰⋆。:゚・*☽:゚・⋆ 洋服店 。✰⋆。:゚・*☽:゚・⋆。





ユアン「これは、どう?」





虹色の服に、なんか
変なキャラクターがついた
ズボン持ってきた。





さすがにセンスが悪い。





でも、ユアンくん
かっこいい(˶ ¯﹀¯ ˶ )





なつみ「さすがになぁ~(汗)
よし、これは?」





ユアンくんに、似合う、
洋服だ!!





ユアン「いいね!!
かっこいい!!」





なつみ「でしょ!!」





やっぱりユアンくん
かっこいい~/////





ユアン「じゃあこれ買うわ」





店員「お買い上げ
ありがとうございました」





店員さんはこの人が
ユアン様だとは
おきづきになっとおらんな!





ユアン「じゃあ
今日ありがとう!!」





もう会えることが
ないかもしれない。





あと少しだけ
一緒に居たい!!





なつみ「あの・・・
私からもお願いが・・・」





ユアン「ん?」





なつみ「チョコレート買うの
手伝って!」





ユアン「いいよ!!
でも、仕事があるから、
40分いないな」





なつみ「うん!」













✰⋆。:゚・*☽:゚・⋆ チョコレート屋 。✰⋆。:゚・*☽:゚・⋆。





なつみ「男子って
どんなチョコ好きですか?」





ユアン「うーん。
ガッツリ食べたいから、
多めにチョコレート入ってる
やつがいい。
あと、値段控えめがいいかな~」





なつみ「ほぅ」





ユアン「これとか!?」





なつみ「あぁ・・・」





『西ユアンプロデュース!!
美味しいチョコ/////』





(ユアンくんの写真も
チョコの箱についてる)





なつみ「ちょっとな・・・」





ダサい・・・





ユアン「美味しいから~!」





なつみ「ハイハイ。
じゃあこれ買うね」





ユアンくんって
意外に人懐っこい?
なんか可愛い/////





店員「○○円です。
お買い上げ
ありがとうございました」





ユアン「あと20分、
時間があるなー」





なつみ「じゃあ、
クレープ食べたい!!」





ユアン「じゃあ食べよー」





なつみ「おぃふぃー(美味しい)」





ユアン「美味いな」(可愛いな)





なつみ「あと少し時間あるなら、
最後に握手とー、写真とー、
サインお願いしてもいい?」





ユアン「はーい」





なつみ「3、2~、1~」





カシャ





なつみ「ユアンくん
半目だ~w」





ユアン「その写真消せよ~」





なつみ「握手を!!」





ユアン「はーい」





ユアンくんの手
温かい/////





なつみ「サインください/////
名前は、なつみで!!」





ユアン「はい!!」





かきかき





ユアン「どうぞ」





なつみ「ありがとうございました!!」













✰⋆。:゚・*☽:゚・⋆。 なつみの家 ✰⋆。:゚・*☽:゚・⋆。





なつみ「あれ?
今日、バレンタインだったんだ」





(サインを壁に飾ろうとすると)





ポロ





なつみ「ん? なんか、
メモが落ちてきた」





───────────────
今日は楽しかった。
俺の電話番号下にかいたから、
暇な時電話して。
          ユアンより
○○○‐○○○○‐○○○○
───────────────





なつみ「えっ!!
まじかぁぁぁ」





お姉ちゃん(ゆな)「なつみ~
声大きい~。
ん? 何かあったの?」





なつみ「これ・・・・・・」





お姉ちゃん「ヤバいね~。
電話してみちゃえ!!
なんかまだ信じらんないわ~」





なつみ「よしっ!!
電話してみる」





プルルル、プルルル





ユアン「はい。西です」





なつみ「あの・・・なつみです」





ユアン「おっ!!
電話かけてくれたんだー!」





なつみ「また今度、
遊びたいな!!」





ユアン「遊ぼー!!」













✰⋆。:゚・*☽:゚・⋆ 当日 。✰⋆。:゚・*☽:゚・⋆。





なつみ「あっ、ユアンくん」





ユアン「なつみ、待たせた?」





なつみ「ううん。
全然待ってないよ!
1週間遅れたけど、
はいっ、チョコレート」





ユアン「俺に?」





ユアン「ありがとう。
てかさこれ、俺が
プロデュースしたやつじゃんw
本人がプロデュースしたやつ
あげる人いる?(笑)」





なつみ「だって、
そのチョコ
好きなんでしょ?」





ユアン「うん。
ありがとう(笑)」





なつみ「そうだ!!
LINE交換しよう!」





ユアン「うん」













✰⋆。:゚・*☽:゚・⋆ LINE 。✰⋆。:゚・*☽:゚・⋆。





なつみ「ユアンくん、
この前は、忙しいのに
呼んでごめんねー」





ユアン「全然いいよ!!
もう、俺を友達みたいに
あつかっていいよ~」





なつみ「私、ユアンくんのこと好き。
一緒にいて好きになった。
それは、芸能人のユアン君もだけど、
ありのままの本当のユアンくんが好き」





ユアン「俺も好き。
あんなに楽しかったの初めて。
俺と付き合ってください」





なつみ「はいっ!!
これからたくさん電話したり、
遊んで、ユアンくんのこと
もっと知りたい」





ユアン「俺も。大好き」





それから、
バレンタインの日に
遊んだ日のことは
忘れられません!!





毎日、電話したりしてます☆*。





ユアンくん大好き/////





バレンタインのおまじないが
かかっちゃった/////







☆*。END 。*☆

Like

この物語に投票する

佐藤 菜月海が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!