卒業間際の恋

CAST佐藤 菜月海佐藤 菜月海

作者:えりん

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.02.22

私、なつみ。
中学2年生で、
恋とかそういう
イケてるのには
全く縁のない人だって
言われ続けてる。





正直、私的にも
興味ないしっ!





なつみ「ヤバいっ!
遅れる!」





廊下を走り、急ぎ足で
教室に向かう。





ドンっ!





なつみ「ごめんなさい!」





私はとっさに謝った。





蓮「大丈夫?」





もしかして・・・
これが運命の恋ってやつ?!





王子様みたい・・・!





一瞬そう思ったが、
ぶつかった人は
こういった。





蓮「って、なんで俺が
謝んなきゃいけねーんだよ。
ぶつかってきたの
そっちなんだから
もっとちゃんと謝れよ。
ってか、お前2年だろ?
3年のこの蓮様に
ぶつかって
その謝り方かよっ!」





はい? と
言いそうになって
しまった。





超ムカつくんですけど!





なつみ「そーですか!
そりゃすいませんね!」





つい思ってることを
言ってしまった。





怒られると思ったけど、
彼から言われたのは
思いもよらない
言葉だった。





蓮「プッ! お前
おもしれーやつ!
気に入った!
また話そーぜ!」





彼は笑顔で言った。





なつみ「はい!!」





それからなつみは
毎日蓮と
話すようになり、
いつしか蓮を
好きになっていた。





(でも・・・
先輩はもうすぐ
卒業しちゃう・・・
今更思いを伝えたところで
意味ないよね・・・)





そう、
諦めていた。













・。・。・。・。・。・。・。・。





でもある日・・・





いつものように
話していたら
蓮先輩が言ってきた。





「俺、なつみが好きだ!
俺は卒業しちゃうけど、
ずっとなつみのことが
好きだから・・・
付き合って!」





信じられなかった。





私の返事は
もう決まっていた。





「はい!
私も、先輩が
大好きです!」













・。・。・。・。・。・。・。・。





それから2年が
たった今も、
ずっと2人で
過ごしている。





最近私たちが
毎日やっているのは、
2人で空に向かって
思いを伝えることだ。





蓮、なつみ「「大好き~!」」





なつみ「先輩、
これからもずっと、
2人で青春アオハル
しましょうね/////」











*end*

Like

この物語に投票する

佐藤 菜月海が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!