冷め切った恋

CAST高比良 由菜高比良 由菜

作者:なごぴよ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.01.04

ナオヤ「ゆなな?
大丈夫?
けがしてない?」





ゆなな「いてて・・・」





ナオヤ「ほら!」





ゆなな「あ・・・ありがとう」





昔は、私だけに
優しいと思ってた。





けど世界に、
女の子は
1人だけじゃない。







* ‐‐‐ * ‐‐‐ 


私は、高比良ゆな! みんなからは、 ゆななって いわれてます!


ナオヤ「ゆなな! おはよ」


ゆなな「ナオヤ!」


この、男の子はナオヤ!


幼なじみで昔から、 仲がいい。


ゆなな「あのさー ナオヤ・・・」


ナオヤ「おはよう、 るきちゃん」


るき「ナオヤくんっ! おはよう!」


ゆなな「るきちゃん、 おはよ・・・」


るき「あら、 高比良さん? みえなかったわ! ごめんなさいね!!」


ゆなな「ムッ」


この子は、 クラスメートの るきちゃん。


クラスのマドンナ!


ナオヤへのアタックが すごい・・・!






☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*


ゆなな「げっ! 日直だ・・・」


みなみ「手伝おっか?」


ゆなな「あっ! みなみ!」


この子は、みなみ! わたしの大親友!


ゆなな「日直って、 めんどいんだよねー・・・」


みなみ「届く?」


ゆなな「うっ・・・ 届かない」


みなみ「黒板消し、 ゆなな つらいよねー(笑)」


ゆなな「背がひくいからね!(怒)」


キーンコーンカーンコーン


先生「着席! おはようございます! えっーと・・・ きょうは~」


みなみ「ゆなな? 席替え! くじ引きしにいこっ!」


ゆなな「はっ! ぼーっとしてた!」


みなみ「えっーと・・・ 廊下側!?」


ゆなな「後ろの、窓側だ」


みなみ「いーなー! となりは!?」


ゆなな「うーん? あっ! ナオヤだ!」


みなみ「わぁー! よかったねぇ!」


ゆなな「うんっ!」


そうなんです! 私は、ナオヤが 昔から好き!


だけどきっとナオヤは、 るきちゃんがすき。


わかってるから、 言わないんだ。


知っているのも、 みなみだけ。


ゆなな「ナ・・・ナオヤ よろしくしてね!」


ナオヤ「なんだそれ(笑)」


るき「くっ! (廊下側の1番前)」


ナオヤ「しっかり話すの 久しぶりだな」


ゆなな「そうだねー」


ナオヤ「昔は、よく あそんだよなぁ!」


昔は、私だけの ナオヤだったのに。


いまでは、みんなの 王子様じゃん!


ナオヤ「どーした?」


ゆなな「いやっ! なんにも!」


ナオヤ「変な、ゆなな!」


ゆなな「はーいー?(怒)」


1ヶ月 楽しくなりそう!


良かった ナオヤの隣で!






*。・ 帰り ・。*


みなみ「今日、用事が! ごめん! 先帰るねー」


ゆなな「バーイバーイ!」


カキカキ


ゆなな「やばい! 黒板消し! みーなーみー! 助けてぇー(泣)」


ナオヤ「ゆなな? あっ! 日直か!」


ゆなな「あっ! 良いところに! 上届かなくって」


ナオヤ「りょーかい・・・」


ゆなな「ごめんね!」


ナオヤ「いいよ! なんかるきちゃんに 呼び出されて!」


ゆなな「へぇ! なんで? (何となく分かるけど)」


ナオヤ「さぁ? なんか、 貸してーとか?」


ゆなな「ガクッ (ドンカンすぎっ!)」


ナオヤ「あっ! るきちゃん!」


るき「高比良さん? なにしてるの?」


ゆなな「日直でー・・・」


るき「席外してくれるかしら」


ゆなな「はーい・・・」


るきちゃん、 お化粧ばっちし!


髪の毛くるくる・・・


すごいな・・・ 好きな人のために そんなに・・・






☆*☆*☆*☆*☆*☆*


・次の日・


全然眠れなかった・・・


ナオヤ「おはよ・・・ って暗いな、今日」


ゆなな「そーかなー?」


ナオヤ「うん! なんかあったら・・・」


るき「おはよう! ナオヤくんっ!」


げっ! 1番 見たくなかった顔。


最悪!


ゆなな「おはよう、 るきちゃん」


るき「まぁ! 高比良さん!」


ゆなな(また、 なんか・・・ いわれるんかな)


るき「おはよう!」


ゆなな「お・・・ おはよう!」


みなみ「ゆなな? あれ・・・」


ゆなな「?」


黒板には・・・ るきちゃんとナオヤの 相合い傘が ドーンと書かれていた。


ゆなな「っ!」


私は、昨日 こんなことしてない =るきちゃんがやった?!


るき「だれ?! こんなことしたの?」


ゆなな「さぁ?」


るき「高比良さんが やったの? ひどいわ!」


ゆなな「はぁ?!」


ナオヤ「ゆななは、 昨日日直やって、 すぐ帰ったよ、 みてたよね? るきちゃんも!」


るき「そうだぁっけぇ! ごめんねぇ! 高比良さんっ!」


ゆなな「いえ・・・」


みなみ「自分でやったな・・・」


ゆなな「だな」


るき「まぁ。 間違ってないわね。 この相合い傘!」


ザワザワ


ゆなな「?!」


るき「私達 付き合ってるし」


ゆなな「えーーーー?!」


みなみ「嘘!」


どこからも、 「キャーキャー」 声がきこえる。


そっか。 私なんて ただの、 幼なじみなんだ。


あはは・・・ 何期待してたんだろ。


バカみたい私。






☆*☆*☆*☆*☆*☆*


ナオヤ「るきちゃん。 付き合ってないよ?」


るき「いいじゃない! お試しなんだからっ!」


ナオヤ「・・・」


るき「一緒に帰ろっ!」


ナオヤ「俺はっ!」


るき「いいからっ!」


クラスメート「ヒューヒュー」


るき「やだぁ! やめてよぉ! 恥ずかしい!」


ナオヤ「何言ってんだよ・・・」






☆*☆*☆*☆*☆*☆*





みなみ「見てんのつらい?」





ゆなな「コクンッ」





みなみ「告白すれば?」





ゆなな「無理だよ。
るきちゃんにも悪いし」





みなみ「気持ちだけでもっ!」





ゆなな「だから、
無理だって!!」





みなみ「ゆなな・・・」





ゆなな「幼なじみだから。
それだけなの」





みなみ「・・・」













*。・ 次の日 ・。*





ナオヤ「ゆなな・・・!」





ゆなな「おはよ!
どしたー?」





ナオヤ「その・・・
後でちょっといい?」





ゆなな「いいよ」





付き合った報告かな・・・
しなくていいのに。





るき「おはようございます・・・」





ゆなな「おはよう」





元気ないな・・・





私には、
関係ないけどっ!





ナオヤ「今言うわ・・・」





ゆなな「う・・・うん。
どうした?」





ナオヤ「おれ・・・」





ゆなな「・・・」





ナオヤ「ゆななが好きだよ」





ゆなな「るきちゃんは?
付き合ってるんでしょ?」





ナオヤ「は?!
お試しだよ?!」





ゆなな「お試し?!」





ナオヤ「そう。
よく分かんねーから(笑)」





ゆなな「いやいや!
わらわないでよ!」





ナオヤ「気づいたんだ。
ゆななしかないな、って!」





ゆなな「嘘!」





ナオヤ「返事は?」





ゆなな「昔から、
好きだよー(泣)」





ナオヤ「(笑)」





ナオヤ、
本当に気づいてくれて
ありがとう!(笑)





昔から、
ずーっと大好きだよ。





今も、
これからも。







*end*

Like

この物語に投票する

高比良 由菜が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「新ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!