やっと言えたこの気持ち

CAST有坂 心花有坂 心花

作者:チョコ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2023.01.02

こんにちは~
私は、こはなでーす!





私には悩みごとがあります。
聞いてくれますか?





私には今、タスクくんという、
好きな人がいます。





でも、私は初恋の人のせいで
告白するのが
怖くなってしまいました。





ぜひ、その話を聞いて下さい。













・*。・ ちょうど1年前 ・。*・





(アヤカとミオコと
カイラは友達です!)





ミオコ「ねーねー
今日せっかくハアトくん
(初恋の人)も住んでいる
マンションに来たんだから、
告白しちゃいなよ~」





コハナ「むりむり!」





アヤカ「いいじゃーん!w
わたしも告白するからさぁ~。
(アヤカもハアトくんが好きだった)」





カイラ「もうそんなに行く気ないなら
もうエレベータ乗せるよ!」





(エレベーターに乗せられた)













・*。・ 彼の家の前で ・。*・





ミオコ「もうピンポンするよ!
(ピンポーン)」





ハアト「どうしたの?」





ミオコ「いや、コハナが
言いたいことがあるって!」





コハナ「好きです!
付き合って下さい!」





ハアト「明日返事言うね」













・*。・ 次の日 ・。*・





ミオコ「やっぱ無理だって
ハアトから聞いた~」





アヤカ「行けると
思ったんだけどね~」





その後、ハアトくんとは
疎遠になった。





絶対一対一で言ったら
もっと変わっていたと思うのに、、、





あれをはっきり
嫌と言えなかった自分も
嫌だったけど、





それよりもミオコ、アヤカ、
カイラ、ハアトくんまでが
嫌いになった。





では、今の好きな人を
なんで好きになったかを
紹介します。





これは、天の声が言ったほうが
いいと思うので説明すると、
まずは相手が結構
チラ見とかをしてきて、
それまではなんとも
思っていなかったけど、
気になり始めました。





でも、告白はされずじまいで
本当に相手は私を好きなのかと
考えるようになりました。













・*。・ 塾にて ・。*・





(塾にはタスクくんもいます!
あと、ユズは塾の友達です!)





ユズ「その筆箱かわいい~。
それどこの?」





コハナ「niciっていうところだよ!」





ユズ「あ!
その中のペンもかわいい!
見ていい?」





コハナ「いいよ~」





ユズ「ねーねーこの紙なーに?」





コハナ「それは!?
(もしかしたらタスクくんに
告白するように
前もって書いといたんだよぉ~)」





ユズ「これって本命?」





コハナ「うん、、、本命」





コハナ「ねーねー、ちょっと
トイレ来てくんない?」













・*。・ トイレにて ・。*・





コハナ「できればで良いんだけど、
タスクくんの好きな人
探ってくんない?」





ユズ「OK!」













・*。・ 教室に戻って ・。*・





ユズ「ねーねー
タスクの好きな人って誰?」





コハナ(唐突すぎない?)





タスク「言わない!」





コハナ「じゃあ、何組?」





タスク「・・・2組」





(コハナのクラスは2組)





(ちなみにクラスは違うけど
同じ学校)





コハナ「じゃあ~・・・」





コハナ「もう全員言ったよ!
ほんとに2組?」





タスク「(小声で)
もうひとり忘れてない?」





コハナ「もしかして、私?」





タスク「そーだよー!」





タスク「で、返事は?」





コハナ「(小声で)良いよ!」





はっぴーえんどで
終わりました!







*end*

Like

この物語に投票する

有坂 心花が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!