狩り人競争

CAST有坂 心花有坂 心花

作者:あ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.06.03

こんにちは!
私コハナ!





聖ニコラ中高一貫の
中等部に通う、
中学2年生!





私の好きな人、、
それは、、、、
高等部担当の
内田先生だ。





この恋は
絶対に叶わない。





自分でも
わかってるけど、、、





先生を好きでいるのは
やめられない。







・・*・ とある日 ・*・・





委員長「はーい、今から、
今度の体育祭の競技を
発表したいと
思いまーす!」





クラス「はぁーい」





と、委員長が、言った。





委員長「はい、
今年の体育祭は、
昨年と同じく、
高等部と一緒になります」





委員長「そこで、
中等部の私たちが
やる競技は、、、、」





委員長「1年生、
台風の目&クラス対抗リレー。
2年生、
綱引き&クラス対抗リレー。
3年生、
障害物競走&クラス対抗リレーです!!
そしてさいごに!!
中等部と高等部の先生方たち全員の
生徒狩り人競争です!!」





クラス「ええーっ!!!」





ルミ「コハナ!
やばくない!?
あの高等部のおじいちゃんも
走るってことでしょ!?」





コハナ「ルミ!
おじいちゃんって、
間違ってはないけど、
おじいちゃんって
今言うな!!笑笑」





でも、この時
私は思った。





先生が走ってる姿を
みられる。





けど、先生が
他の子の方に行ったら
どうしよう、





そのことで、
頭がいっぱいだった、、













・*・ そんなこんなで当日 ・*・





私たち生徒は、
各自、自分の競技を終え、
遂に問題の、、
先生対抗、生徒狩り人競争が
やってきてしまったー!!





ルミ「ねぇ、コハナ、
大丈夫そ?」





コハナ「うん、
まー、ギリ?」





ルミ「大丈夫だって」





コハナ「わかった」





そうこうルミと
話してる間に
もう始まってた。





そして、先生が
手に取ったお題をみると、
先生はあたりをキョロキョロ
見渡してた。





(あー、もうやばい)
と、心の中でつぶやいていると、
先生がこっちに向かってきた。





先生「有坂!! 来てくれ!!」





そう言って先生は、
私の手を掴んで走った。





コハナ(えっ! なんで?
てか、お題なんだろ、)





そして、私を連れた先生が
1番最初にゴールした。





そして、お題確認とまで
いった。





司会「えー、
高等部担当、内田先生は
中等部の有坂コハナさんを
連れて来ました。
そしてですね、
お題は、、、、!!!」





心臓の音がみんなに
聞こえるんじゃないかって
くらい、大きかった。





そして、、





司会「えーっとですね、、
っっ!!!!!
なんとお題は、、
好きな人(異性)です!!」





そう、司会が言った瞬間、
会場がざわめいた。





私は正直、
びっくりした、





そして先生は、





先生「俺は、ずっと前から、
高等部担当になっても、
有坂、、いや、コハナが
好きだった。
歳の差なんて関係ない。
生徒と教師だなんて
関係ない。
ただ俺は、コハナが
好きなんだ。
俺と付き合ってほしい」





先生が、
『付き合ってほしい』
という言葉を発した瞬間、
会場は静かになった。





そして私はもちろん、





コハナ「はいっ! 喜んで!」





先生「っしゃ!」





すると、会場は
大盛り上がり。





お祝いの声が、
あちこちから飛んできた。





「おめでと!」
「お似合いだよーっ!」
「ステキーっ!」





ルミ「コハナ!
よかったじゃん!
おめでとう!」





コハナ「ありがとう!
ルミ!」







・*happy end*・

Like

この物語に投票する

有坂 心花が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!