ひかる花火、花咲く恋

CAST足川 結珠足川 結珠

作者:るーれ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.04.25

?「ねぇ、ゆず
今度の夏祭り
あんたは浴衣
着てこないでね」





友達と今度一緒に行く
夏祭りの話をしている時
突然そう言われました。





私はゆず、
ニコラ学園に通う
地味系中学生。





友達は少ないけど
背伸びしたグループで
何とかやってます。





そして、彼女は
クラスメイトのa子。
美人で目立つ存在なの。





A「レンくんも
一緒に行くし、
ゆずには引き立て役を
やってほしいわけ」





ゆ「わかった!
じゃあ普段着でも
きていきますよ」





A「あははいいじゃん、
ゆずにはお似合いだよ」





甲高い笑い声をあげる
彼女。





本当は私だって
浴衣を着て行きたい。





でも彼女には
逆らえないんだ。













・*。・ 夏祭り ・。*・





私は約束通り、
シンプルな格好できた。





A「おっゆず~
いい格好だね~!」





彼女がいうと
みんなも笑う。





れ「よぉー」





A「あっ遅いよー!
それに浴衣じゃないのー?
残念、、、」





れ「あっ」





レンが私に気づいて
手を振ってきた。





私は無視したけど。





れ「まぁとりあえず
花火みよーぜ!
綺麗に見える
おすすめスポット
あんだよ!」





A「やったー」





れ「もう花火はじまる!
急げー」





そう言ってレンは
私の手を取り
かけだしました。





A「え? ちょっと
待ってよ! れん!」





彼女はわたしたちを
追いかけようとしたけど
浴衣を着ていて
走りにくいようだ。





私たちとの距離が
どんどん離れていく。





れ「よし、ここまで
来れば大丈夫だろ」





ゆ「れん、なんで私を?」





れ「いやー、
今は話すこと
ほとんどないけど
幼馴染だし、俺ら」





ゆ「、、、」





れ「てかさ、なんで
浴衣着てこないの?
持ってるよね?」





ゆ「そうは言っても、、、
ほら、私地味だし
似合わないよ」





れ「可愛いよ、
ゆずちゃん」





久しぶりに
呼ばれる愛称に
鼓動が早くなる。





空にはたくさんの
花火たち。





バンッ





私の恋は
花火と共に咲いた。







*end*

Like

この物語に投票する

足川 結珠が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!