救いの手

CAST足川 結珠足川 結珠

作者:かの♪

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.04.02

私の名前は、ユズ!
帰宅部の
いじめられっ子です。





今日も学校、
行きたくないなぁー。





エイト「ユズ、おはよう」





ユズ「あ、エイト」













・*。・ 学校で ・。*・





あ~先生に
ノート職員室まで
運んでもらうよう
お願いされたんだけど、
重いなぁ。





エイト「ユズ、大丈夫?
俺、持つよ!」





ユズ「ありがと」





アンジ「何で
アンタみたいな陰キャが
エイト君に
話しかけてんの」





ユズ「ごめんなさい」





こんな感じでいっつも
つっかかってくる。





でも、こんな私が
いつも生活してられるのは、
エイトのおかげ!





私が落ち込んでいると
声をかけてくれる!













・*。・ 次の日 ・。*・





アンジ「アンタさあ、
いっつもいっつも
何エイトと話してるわけー。
ウザイんだけどー。
エイトは、私の物なのっ。
邪魔しないでよー」





エイト「お前
何やってんだよ、
ユズをイジメて
楽しいわけ」





アンジ「エイトきゅん。
これはイジメてるん
じゃなくて
ユズちゃんをしつけてる
だけだよーん」





エイト「しつけ? ユズ
嫌がってるじゃねぇかよっ」





アンジ「エイト君は、
こんな陰キャのことを
味方するの?」





エイト「陰キャとか
知らねぇけど
イジメられてる人を
見すごせるわけは
ねぇだろ!
ユズに謝れっ」





アンジ「もぉ~でも
エイト君のお願いなら
聞いてあげるっ」

















・*。・ アンジに謝られた後 ・。*・





アンジ「ほら、私
エイト君の言うこと
聞いたよっ。
だからハグしてっ」





エイト「無理だねっ!
俺がハグするのは、
ユズだけだ!」





ユズ「えっ」





アンジ「もういいー、
エイト君のバカっ!」





アンジは
走りさって行った。





エイト「ユズ大丈夫か。
これからは、
俺がユズのことを
守るからっ!」





ユズ「ありがとう。
エイト大ー好き」





エイトは、
顔を真っ赤にしていた。







*end*

Like

この物語に投票する

足川 結珠が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!