キャンプファイヤーの夜。

CAST吉本 麗南吉本 麗南

作者:ピンクノフセン

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.04.17

こんにちは!!
私はレイナ!





この夏休みは
みんな何する?





私はクラスのほぼ皆で
(塾や帰省で
行けない人もいるから
全員じゃないけど)
キャンプに行くことに
なったんだ~。





本当は家で
リラックスしたいけど
好きな人、そう、
ハアトが来るから、
私も行くことにしたの!





そして今は
キャンプ場にいるの。





ハアト「今日の
レイナちゃんの服
可愛いね。
いつも皆制服だから
雰囲気違うよね」





そりゃあそう。
だって私は
この日のために
服装もメイクも
全部調べて
来たんだもん。





可愛いに
決まってる。





レイナ「ありがとう!
ハアトも
動きやすそうで
いいねぇー」





ユナ「ねぇ、ハアト~。
火、着かないよ!!
たっすけてぇー!!」





ハアト「はいはい。
今行きます。
また暇あったら
話そう」





レイナ「うん!」





ハアトとこんな
話せるなんて
嬉しすぎ!!!!!!





――――でも、あの子。
ユナちゃん。





ユナちゃんは
ハアトと付き合いが
長いらしくて。





彼氏彼女って噂が
あるんだよね・・・





でも、私、今日の
キャンプファイヤーで
告白するって
決めてある!





ハアトの全部を
知るんだ!





そして私たちは
夜ご飯のBBQも
食べ終わり、
キャンプファイヤーの
時間になった。





私は簡単に
メイクを直して、
ハアトのいる方へ行った。





メラメラと燃える火は、
何よりも
赤くなっている。





ハアトが
私の近くに来た。





ハアト「火、綺麗だね。
なんか時間経つの
早いし」





レイナ「ほんと。
あの、、私、
ハアトに
伝えたいことがある」





ハアト「その前に、
僕から言わせて。
レイナちゃん、
キミが好きです」





レイナ「え、私もハアト
好きです!」





ハアト「本当?!
ありがとう!
伝えられて良かったー。
ほら、一緒に踊ろ」





レイナ「うん!」





こうして、私達は
キャンプファイヤーの
周りで踊った。





それを見て、
他の皆もどんどん
踊り始める。





キャンプファイヤーの赤は、





私達の小さな恋の赤色を
濃くするように
あるみたいだった。







*end*

Like

この物語に投票する

吉本 麗南が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!