my boo

CAST深尾 あむ深尾 あむ

作者:ラプルん

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2019.10.03

♪(清水翔太「My Boo」)





はぁー
こんなこと言われたら
心臓もたないわー、、





中学2年生。
テニス部。
深尾あむ。
絶賛彼氏募集中です!





彼氏とかが歌ってくれたら
ロマンチックだなぁー
最高。







*。*。*。*。*。*。*。*。





なな「あむー!
おはよー!」





あむ「おーなな
おはよー!」





こちら私の親友、
野崎なな。





女子力高くて、
可愛くて、憧れ。





なな「あっ!
そーいえばまた、
古川との噂たってたよ!
大丈夫なの?」





あむ「えっ、、
あっうん、、」





なな「自分に自信持って
素直になるんだよ!」





あむ「う、うん」





今、言ってた古川くんとは、
バスケ部で背が高くて
イケメンで、優しくて、
頭のいい、
古川龍太郎くん。





今年初めて
同じクラスになった。





周りから人気者で
告白された回数も
ヤバいという噂が、、





そ、その彼がなんと、、、
私の隣の席なんですっ!!





で、噂というのは、
前に古川くんを含めた
男女で遊んだことがあって
それですごく仲良くなった訳。





よくしゃべってくれる男友達が
古川くんだって思うと、
ホントに嬉しくて
調子に乗って舞い上がってて、
たくさんしゃべってるから、





クラスの人達からは、
お互い好き同士だって
冷やかされてる。





龍太郎「深尾ー!
おはよー!
数学の宿題
やってなかったから
見して!」





あむ「もー
しょうがないなぁー
いいよ!」





私さ、古川くんと変な噂に
ならないようにって思って
あまりしゃべらないどこーって
思うんだけど、





やっぱついつい
話しちゃうんだよね。





ななには、
恋とかどーとか
言われるけど
正直、よく分かんない。













*。*。*。*。*。*。*。*。





・音楽の授業・





先生「はい! じゃあ、
今から自分の好きな曲を
友達と交流しあってください」





生徒「はーい!」





なな「あむはさ、
やっぱmy boo書いたでしょ?」





あむ「うん!
もちろん!」





龍太郎「深尾は、
何書いた?」





あむ「えっ、、
あっ、、」





なんだか、急に
恥ずかしくなった。





龍太郎「見して!」





パッ





古川くんに
書いた紙を取られた。





龍太郎「my boo?
どんな曲なの?」





あむ「それは、、
そのー、」





クラスの男子「あーそれ、
恋系の奴だよー!
まさに、お前らに
ぴったりな曲www」





きゃーなんで、
そんなこと言うのー
恥ずかしい。





龍太郎「からかうのは
止めろって!
ごめん深尾」





あむ「いいよー」





龍太郎「俺その曲、
今日聴こーかな?」





あむ「いいよー」





龍太郎「いや、
なんでだよ!」











*。*。*。*。*。*。*。*。





・次の日・





龍太郎「深尾はさ、
見たい映画とかある?」





あむ「うーん。
アラジンが気になる。
実写化されたしー」





龍太郎「あっ俺もそれ
気になってた。
見に行きたいねー」





あむ「うん!
行きたい!
イツメンで行く?」





龍太郎「2人で、、、」





あむ「えっ?」





龍太郎「ごめん。
いや、なんでもない。
あっ俺、今日早く
帰らないといけなかった。
じゃね」





あむ「えっ、
あ、うん」





そう言って古川くんは
バタバタと
教室を出て行った。





何、ドキドキ
させないでよ、、













*。*。*。*。*。*。*。*。





また、次の日。





今日は、全然古川くんと
話さなかった。





昨日のこと、
気になっているのかな?





はあーどうしよう。





龍太郎「深尾!
今日、話あるから
教室に残ってくれない?」





あむ「うん」





いきなり
話しかけられたら、
びっくりする。





話ってなんだろう。













*。*。*。*。*。*。*。*。





・放課後・





みんなは、教室を出て行って
古川くんと2人だけになった。





あー緊張する。





龍太郎「急にごめん。
昨日のことなんだけど、
2人でアラジン見に行くのって
駄目かな?」





なーんだその話か、
なら、、、





あむ「うん。もちろん!
私も気になってたから」





龍太郎「まじ?
嬉しい。
ありがとう」













*。*。*。*。*。*。*。*。





・アラジンを見る当日・





あむ「ごめん。
待った?」





龍太郎「ううん。
今来たところ」





あむ「良かった。
じゃあ行こう」





何、今の会話。
カップルみたい。





映画を見るときも、
古川くんとの
距離が近すぎて
集中できなかった。





あーやっぱ、私、
古川くんのこと
好きなのかなぁー。





出てくる前にななから、
「あむは古川くんのこと、
好きなんだよ」
って言われたから、
なんか意識してる自分がいた。





映画が終わって
夕日を見ながら
2人で並んで帰った。





龍太郎「アラジン
かっこよかったね」





あむ「うん」





龍太郎「そーいえば、
my boo聴いた」





あむ「えっ?
なんで聴いたの?」





龍太郎「深尾の好きな曲なら
聴いてみたいなぁと思って。
野崎に聞いた」





あむ「ななと
仲良しなんだね」





えっ? 私、
何言ってるの?





こんなこと言ったら
私、変じゃん。





龍太郎「ごめん。
聞いてみたくて」





あむ「古川くんは、
みんなに人気者でいいよね。
男子共に仲良しだし」





龍太郎「そんなことないよ。
俺、深尾と1番仲良しだよ」





てか、私、
古川くんに対して
何言ってるの?





てか、今、古川くん
なんて言った?!





龍太郎「俺さ、
深尾のことしか見てない。
深尾と1番仲良くしてるつもり。
だから、そんなこと
思ってるのだったらごめん」





あむ「いや、
その私もごめん」





龍太郎「いいよ、
その、急に言うのも
なんだけどさ、
俺、いつの間にか
深尾のこと好きになってた」





あむ「うん」





龍太郎「で、その、、、、、
俺が映画のアラジンよりも
かっこいいアラジンになるから、
俺のジャスミンに
なってくれませんか」





あむ「それって、、、、」





龍太郎「そう、
深尾の好きなmy boo。
俺もこの曲好きになった」





あむ「嬉しい」





龍太郎「返事は?」





あむ「はい。
私はあなた、
アラジンの素敵な
ジャスミンになります」





龍太郎「ホントに?」





あむ「うん!」







*end*

Like

この物語に投票する

深尾 あむが主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「新ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!