彼が伝えたかった言葉

CAST深尾 あむ深尾 あむ

作者:二コラ大好きぃぃぃ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2020.05.25






私、あむ。
今日、好きな人が
転校しちゃうんだ・・・





好きな人とは、
クラスのモテモテボーイ
内田レンくん。





唯一の男子友達なのに・・・





ここは「レン、
いなくなっちゃうんだから
告ってきな!」





親友のここはが
背中を押してくれた。





あむ「うん・・・」





まぁ、頑張って告る!





そんなことを
考えているうちに、





あっという間に
1日が終わった。













・・・ その後 ・・・





下校して、
靴箱にレン君がいるか
確かめる。





レン君は―――?





っていうか、いない。





大好きなレン君が
いない!





その代わり靴箱に
手紙が入っていた。





誰もいない教室に戻り、
手紙を開く。





■ ‐ ■ ‐ ■ ‐ ■ ‐ ■ ‐ ■ ‐ ■ ‐ ■ ‐ ■ ‐ ■
あむへ

6年生の初め、話しかけてくれて
ありがとう。
とっても嬉しかった。
なぜなら、僕は仲がいい女子は
いないからだ。
だから、あむが話しかけてくれて
嬉しかった。

そのうちあむとどんどん
仲良くなって・・・
僕は、あむのことが好きっていうことに
気づいたんだ。
俺はもう転校だけど言わせてほしい。
大好きだよ。あむ。
住所も書いておいたから、返事ください。
今までありがとう。

              内田蓮より
■ ‐ ■ ‐ ■ ‐ ■ ‐ ■ ‐ ■ ‐ ■ ‐ ■ ‐ ■ ‐ ■





読み終えた時には
涙でいっぱいだった。





レン君が私のことを
好きなんて・・・













*・*・・・*・・・*・*





家に帰って
勉強をしていたら





ふとこんな声が
聞こえた。





「あむ、好きだよ」





だから私は、
心の中で、





「私もだよ。レン君」





といった。







*end*

Like

この物語に投票する

深尾 あむが主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「新ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!