タイムスリップ!?

CAST中山 あやか中山 あやか

作者:かの

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.04.05

こんにちは~
中山アヤカです。





実は、最近
変わった女の子に
出会っちゃったの!





それは、
昨日のこと・・・





私は、細い道を
歩いていたら
風で帽子が
飛んで行っちゃったの。





アキ「これは、
あなたのですか?」





アヤカ「ありがとう/////」





アキ「もしかして
あなたは、
中山アヤカさんですか?」





アヤカ「そうだけど。
あなた誰?」





アキ「あなたの
ひ孫の婚約者です」





アヤカ「ちょっと待って、
どういうこと?
てかなんで私が
おばあちゃんみたいに
なってるわけ?」





アキ「私は、未来から
過去にタイムスリップ
してきたのです」





アヤカ「タ、タイムスリップ!?
嘘だぁ」





アキ「噓じゃありません」





アヤカ「えっ!
いやいや
信じられない」





アキ「じゃあ、試しに
私が生きていた時代に
行ってみましょう」





アヤカ「はい」













*。・----。・----・。*





アキ「ここが
私たちの家です」





アヤカ「ご、豪邸じゃん」





アキ「アヤカさんのおかげで
私たちは、
今こんな豪邸に
住めているんですよ」





アヤカ「えっ、私天才!」





アキ「この方が
私の婚約者、
内田レンさんです」





レン「もしかして、
ひいおばあちゃん!」





アヤカ「まぁそうだけど」





レン「さすが、
俺のひいおばあちゃん!
めっちゃ美人」





アヤカ「レンこそ、
さすが私のひ孫!」





レンがこの
アキっていう人と
結婚するの・・・





なんかモヤモヤする。





アキ「積もる話があると
思いますから、
2人でどこか
出かけてきたら」





レン「そうだな!
行こう、
おばあちゃん!」





アヤカ「あのさぁ、
おばあちゃんって
呼ぶのやめてくれない」





レン「だって
俺のおばあちゃんじゃん」





アヤカ「それは、
そうなんだけど。
アヤカって呼んで」





レン「分かった。
アヤカ」





えっ! 嬉しい!
もしかして私、
レンのことが
好きなのかも・・・





でもレンって
私のひ孫だよね・・・





ひ孫に恋するって
ヤバくない?













*。・----。・----・。*





それから
あっという間に
1か月が
過ぎてしまった。





アキ「今日は、
アヤカさんが
この時代に来て
1か月になりますね。
言い忘れたことがあって、
タイムスリップは、
1か月すると
もとの時代に
戻れなくなります」





えっ! 私、
まだレンに思い
伝えきれて
ないんだけど・・・





レン「アヤカ、
こっち来て!
実は、俺
アヤカのことが
好きなんだ/////」





アヤカ「私も」





レン「だから、アヤカは
アヤカが生きていた時代に
帰って
俺が生まれてくるまで
待っててほしい」





アヤカ「うん!
もちろん!
何十年経っても
私は、レンのことが
大好きだから」





レン「じゃあまたねー」





アヤカ「うん!
絶対会おうね!」













・*。・ 70年後 ・。*・





アヤカ「レン、
久しぶりだね」





レン「アヤカ、
会えたね」







*end*

Like

この物語に投票する

中山 あやかが主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!