自己満足

CAST池 未来実池 未来実

作者:Niziu

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.05.15

こんにちは、
私は池くるみ。





学校では、
モテる方。





彼氏もいます。





戸部こうしょう。





イケメンで優しくて
男女に人気、
いわゆるなんでも
持ってる男。





でも私は欲張りで
モテることが好き。





だから良い男を
見つけたら
好きにさせる行動を行い
好きにさせる、





そしてそいつが
告白してきたら
綺麗に断る、





これがスッキリして
楽しい、





モテて嫌と思うような
女はいないし
楽しいので
やめようとはしない。





私が今狙っているのは
野口よしと。





あいつは、こうしょうより
イケメンではないし
男子友達が多く
女子には冷たい、





しかしそれが
女子たちには響き
人気だ。





そんな女子を
がっかりさせる為に
近づくのも
物すごく面白いから
私はモテる男子に
そういう風に
告白をさせる。













*。・ ある日 ・。*





くるみ「ねね、よしとくん。
LINE交換しよう?」





よしと「別にいいけど、
なんで」





やっぱり女子には
冷たいなこの男。





くるみ「良いじゃん!
理由なんてなくても」





よしと「まぁ・・・いいけど」





冷たっ





くるみ「ありがと!
助かった!」





私のスマイルは、
ニコッってなると
男子はすぐに惚れる。





これでポイントを
稼ごう。





よしと「・・・」





は?





私は、続けた。





よしと「何?
気持ち悪いんだけど。
前から思ってたんだけど
ニッコニッコして、
何が楽しいの?
そうやって男子は
皆落ちるとか思ってんの?
ないわーマジで」





くるみ「え・・・、
そんなことないよ・・・!
ごごめん! 癖で
すぐ笑っちゃうんだー」





よしと「へー棒」





くるみ「じゃ・・・
じゃあね!」





よしと「うん」





何よ、あ
照れてるのねー





この笑顔が
可愛すぎて!





何よ可愛いところ
あるんじゃない。











・*  


そのまたある日。


私はこうしょうから デートに誘われているのを 忘れて、よしとに 何と返信しようか 悩んでいた。


んんー・・・ なんて言えば 落とせるだろう、


簡単に手短に 落としたい・・・


想像は適当にして とりあえず 返信が大事だと思い 返信した。


くるみ『よしとくん! くるみだけど これからよしとって 言っていい?』


心の中では、 もうよしとって 呼んでいるけど。


あ・・・あれ? 30分経っても 既読もつかない。


通知に気づいてないのかな。 スタンプを送ってみよう。


くるみ『(」°Д°)」オーイ!』


あれまた30分経ったのに 返信が来ない仕方ないから 連スタしよう。


くるみ『(」°Д°)」オーイ!』


『(」°Д°)」オーイ!』


『(」°Д°)」オーイ!』


よしと『しつこいからやめろ』


・・・何よ・・・ ずっと見てたの?


1時間も見てなかったのに なんでそんな ひどいことが言えるの。


くるみ『だってよしと 見てくれないんだもん!』


よしと『ぶりっ子もやめろ、 あとよしとって 呼んでいいとか 一言も言ってない』


くるみ『だめ?』


よしと『いい』


くるみ『やった!』


よしと『もう良い? 用があるから 早くやめたいんだけど』


くるみ『あ~ごめんねぇ』


くるみ『じゃあ~~(
 ̄▽ ̄)ノ~~ ♪』





それから返信は、
来なかった。













*。・ 次の日 ・。*





こうしょうから10件も
返信が来ていたので
開いてみると





こうしょう『くるみおはよう』





『なんで昨日
来てくれなかったの!?』





『3時間も
待っていたのに!』





『何してただけでも
教えて~!』





『オーイ!』





『急用?』





『また行きたいから
次の日決めたいヨォ』





『○日とかどう?』





『気づいたら返信してね~』





しつこいな。





くるみ『こうしょーう!
ごめんねぇ(;〉_〈;)
寝てた・・・
○日、今の所空いてるよ!
行けなくてごめん!
忘れてた・・・』





こうしょう『○日
楽しみにしてるね!』





くるみ『うんー!
じゃあね!』





こうしょう『(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪』





私はさっそく
よしととの
LINEを開いた。





今日は何を
返信しよーう?





ん? 待って
私こいつのこと
気になってる?





いやいや・・・
ないない!





くるみ『よしとって
気になる人いるの?』





え・・・?
返信しようとなんて
思っていない言葉が出た。





よしと『なんで、
それって俺のことが
気になる人が
聞くやつじゃん』





くるみ『そんな!
細かいことは気にせずに!
で、いるのいないの?』





よしと『いる』





くるみ『それって・・・誰?』





よしと『俺がお前に
その質問を答えるような
恩はない』





くるみ『そこをなんとか!』





よしと『無理』





くるみ『んー・・・
いつか、見つけ出すから!』





その日はそれから
返信は無かった。





ちょっと経ってから。





私は他にも
狙っている男子が
いたんだけど
その人から
呼び出された。





男子「くるみ
呼び出して
ごめんな」





くるみ「ぜーんぜん!
いつも暇だしw」





男子「くるみ、
俺はお前とのLINEで
俺のこと慰めてくれたり
褒めてくれたり、
可愛いところがあって
好きになりました!
付き合ってください!」





くるみ「無・・・」





私が言いかけた瞬間





?「そうやって
利用すんのやめたら」





くるみ「ん?」





男子「ん?」





ポケットに
手をつっこんで
学校の柱によりかかって
空を見ながら
男子のような人が
私と男子の方に
言葉をはなった。





くるみ「あの誰ですか?
盗み聞きなんて
しないでください!」





男子「・・・」





告白してきた男子は、
状況が読めないのか
黙りこくっている・・・





が動揺しているのが
目の動きから
伝わってきた。





?「お前がそうやって
男子に告白させようとして
まんまと引っかかるやつも
どうかと思うけどよ、
そんな恋心をあやつって
なにが楽しいんだよ。
結局自己満足じゃねぇか」





その男がこっちを
睨みつけてきた。





くるみ「よしと・・・」





男子「でも・・・!
俺の、くるみに対する
気持ちは変わらない!
くるみ答えてく・・・」





よしと「やめとけ、
答えを聞いて損する」





男子「自分にけじめを
つけさせてくれよ!
なんでそれを
お前なんかに
決められなきゃ
いけないんだよ」





よしと「じゃあ、
ふられて笑うな!
だよな・・・とか
落ち込んだり無理するなよ!
分かったな!
ありのままの自分で
くるみに答えろよ!」





聞いたことのない
よしとの声量だった。





男子「お・・・おぉ」





くるみ「ごめんなさい」





男子「わかってたけど
ありがとう。
僕の恋の相手に
なってくれて」





男子は泣いていた。





悪いことをしたという
罪悪感ある。





こんなに気持ちが
はいったことはない。





泣かれたことはある。





けれどこんなに
申し訳ない気持ちを
持ったのは初めてだ。





それもこいつが
いたからだろう。





くるみ「でも・・・!
恋してくれてありがとう!
そういう気持ちだけで
私はこの瞬間で
幸せをもらえた、」





いつもならここで
終わっているけれど
今回は





「これから友達として
よろしく・・・ね!」





いつもは、また
告白させるために
ここで終わっていたけれど、





今回はこいつに
色々あやつられて
しまっているのか
こんな言葉を
はなってしまった。





男子「こちらこそ・・・!!」





男子は何を思い付いたか
急いで走っていった。





照れ隠しなのか、
恥ずかしかったのか、
本当に用を思い出したのか・・・





理由はわからないけど。







よしと「わかったか、
本当の気持ちとか」





くるみ「うん、ありがとね。
私、告白だけで満足して
相手の気持ちなんて
ちっとも気にしてなかった、
ただの自己満足に使ってた」





よしと「今の彼氏
本当にあいつで
良いのか?」





くるみ「え? 私
よしとに彼氏いたこと
言ったっけ?」





よしと「お前は、いつも
細かいことは気にするなとか
何とか言ってるだろ?
それとおなじで
何も気にするな、
でもよ、デート忘れたり
適当に恋してさ
本当にお前は、
それで満足なのか?」





くるみ「・・・」





なんでそれをよしとが
知ってるのかは、
わからないけど
そんなのどうでも良い。





確かに私は
こうしょうとの交際を
嬉しいとか、楽しいとか
感じたことない。





言葉がつまる。





言い返せない、





私はなにも
言えなかった。





よしと「お前が本気で
恋してねぇなら
別れるか、満足しない
適当な恋をして終わんのか
自分で決めろ」





くるみ「・・・」





言ってることは、
間違ってないし
そうするべきのことばかり。





けど終わりってなに?
適当な恋ってなに?





もうなにもかもが
わからない。





私はとうとう
泣いてしまった。





けれどそんなこと
よしとはちっとも気にせず
その場をいつものように
ゆっくり大人っぽく
去っていった。













*・  ・*





それから
こうしょうとの
デートの日。





私は決断をして
こうしょうに、
別れようと
告げることを決めた。





このデートは
最後のデートだ。





そんなことを
考えていたら
全くデートが楽しめない。





こうしょう「あのカフェ入ろう!」





くるみ「うん」





こうしょうは、
席に座るまで
手を繋いでいた。





こうしょう「くるみ
何が良い?」





くるみ「・・・」





どこで言おうか?
なんて考えていると
こうしょうの言葉など
耳に入ってこない。





こうしょうの声が
少し大きくなって
こうしょうが心配そうに
こっちをみているのに
気がついた。





くるみ「あ・・・ごめん、
なんだっけ?」





こうしょう「くるみ
何か今日おかしくない?
大丈夫?
体調悪くない?
メニュー何にするか
聞いてたんだよ」





はぁはぁはぁ
何だか息が荒く
短時間に
何度もしてしまう。





こうしょうの
優しさが怖い。





こうしょう「くるみ、別れて」





くるみ「え・・・」





泣きそうになった。





けれど先程の
息の荒さが治まった。





こうしょう「他に好きな人が出来た。
その人から告白されて、
けどくるみがいたから
断ったんだ。
くるみの存在が邪魔だった。
だから俺と別れてくれ」





バチが当たったんだ。





こうしょうは、
冷めたんだ。





私がこうしょうに
辛い思いをさせてきて
こうしょうは、
どれだけ辛かったか、
考えてなかった。





くるみ「私は好き・・・だったよ?
こうしょうのこと。
けど私もこうしょうと
付き合ってたら
お互いうまくいかないな
って思った。
ありがとうね、
今まで色んなところに
連れていってくれて、
デートしてくれて・・・」





あれ・・・泣いてる。





こうしょう「じゃあね」





こうしょうが
去っていった。





私はいかにも
ふられた人
みたいな感じで
座っていた。





そこに誰かが座った。





店員「何にいたしましょうか?」





?「水で良いです!」





定員「では、置いておきますね」





?「ありがとうございます」





?「おぉー水うまっ」





?「ふられる気持ちは、
どうだ?」





くるみ「あんたが
仕込んだの?」





涙は、止まっていた。





それは、誰かはすぐに分かったし、
来てくれたのはなんとなく
心配だったのかなって言うのも
分かったし、





めずらしくテンションが
高いのも彼なりの
励ましなのだろう。





よしと「んな訳ねぇだろ。
いくらお前に
冷たいつったって
そんな最低じゃねぇよ」





くるみ「なんでいたの?」





よしと「お前が絶対に
彼氏ふるだろうなって
思ったから
1回見ておこうと
思ったんだよ」





くるみ「ふ~ん、よしとはさぁ
本当に好きな人いるの?」





よしと「いるって
言っただろ?」





くるみ「誰?」





よしとが
頭をかきながら





よしと「なんでそんなに
気になるんだよ」





くるみ「だって・・・
好きなんだよ。
よしとのことが」





よしと「仕方ねぇな、
ヒントは、
イニシャルがIだよ」





私じゃないじゃん。
もう、良いや。





もう帰ろう、





最悪な日だ。
私が立ち上がった。





そして
帰ろうとすると。





よしと「待てよ」





よしとが
手を握ってきた。





くるみ「・・・」





よしと「お前自覚ねぇのか?
名字に」





くるみ「いつもくるみって
言われてるし・・・
池・・・!?
Iって私!?」





よしと「なんでそんなに
勘が悪いかなぁ
普通気づくぞ?」





信じられない、
あんなに冷たくて
こんなに私のことを
嫌いそうだったのに。





よしと「俺もお前が
好きなんだよ」





くるみ「両思い・・・?
付き合う?」





よしと「もちろんだろ?」





くるみ「うん」







*END*

Like

この物語に投票する

池 未来実が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!