本当の私じゃだめ?

CAST池 未来実池 未来実

作者:なにふぁむ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.04.14

私、くるみ。
中学3年生。
好きな人ができました!





突然だけどみんなは、
学校では、
どんなキャラ?





学校での私は、
真面目で優しい
お姉さんって感じのキャラ。





でも本当は、ニコーズの
アイドルが好きなギャル。





本当の私は、学校じゃ
受け入れてもらえない・・・





だから、隠してる。
誰にも明かさずに。





ある日、学校で
私が好きなニコーズグループ、
ニコラ男子の話を
している人たちがいた。





まのか「おはよー。
昨日のニコラ男子見た~?」





(見た~!)





かのん「見た見た~!」





めあり「かっこよかったよね~!」





(ね~! めっちゃ
良かったよね~!)





私も混ざりたいけど
混ざれなくて
いつもみたいに
心のなかで会話してる。





なな「くるみ~!
明日の勉強会、
どうする~?」





この子は、親友のなな。
可愛くて優しいいい子。
そんな、ななにも
私はニコーズが好きだって
隠してる。





くるみ「明日は
用事できちゃって、
別な日でも良い?」





なな「うん。いいよ」





くるみ「ゴメンね。
ありがとう」





明日は、ニコラ男子の
ライブがある。
ななには申しわけないけど、
にこふぁむ
(ニコラ男子のファン)の
私からしたら、
行かない選択肢はないの!













* ‐‐‐ * ‐‐‐ *





次の日、私は別な学校に
通っているヲタ友のあむと
ニコラ男子のライブに行った。





そこには、前に学校で
ニコラ男子の話をしていた
子たちもいた。





私は、学校とは違う
ギャルでいたので
気づかれなかった。





ライブの帰りにあむに
相談してみた。





くるみ「ねぇ、あむってさ、
学校で、ニコーズが
好きだって言ってる?」





あむ「私?
私は、言ってるよ~!
そのほうがいっぱい話せて
楽しいしね!
くるみは?」





くるみ「私は、言えてない・・・」





あむ「なんで?
学校でも話したいって
思わない?」





くるみ「思うんだけど、
私ね、学校では真面目で
優しいお姉さんってキャラなの。
だから、ニコーズが好きって
言えなくて・・・」





あむ「そうだったんだ。
でもさ、思い切って
言ってみたら?
くるみが思ってるより
受け入れられるかもよ?」





くるみ「そうかな?」





あむ「私の意見だから
無理して言わなくても
いいからね?」





くるみ「分かった!
明日、学校に行ったら、
ニコラ男子が好きだって
言ってた子たちに
話しかけてみる!」





あむ「うん!
頑張ってね!」





くるみ「ありがとう!」













*。・ 次の日の学校 ・。*





まのか「昨日のライブ、
良かったね~!」





かのん「めっちゃ
かっこよかったよね~!」





めあり「ねぇ~!
楽しかった!」





くるみ「ねぇねぇ、
みんなもニコラ男子
好きなの?」





私は、昨日あむに
言われたことを思い出し、
思い切って話しかけてみた。





かのん「そうだけど」





くるみ「わっ私も、
ニコラ男子好きなんだ!
混ざってもいい?」





まのか「そうだったんだ~!
一緒に話そう?
良いよね?」





めあり「うん!
いいよ~!」





かのん「うん!
みんなで話そう!」





くるみ「ありがとう!」





こうしてくるみは、
学校でも大好きな
ニコーズの話を
するようになった。





そして、今は、
ヲタ友も増え
ギャルとして
毎日楽しい生活を送っている。





みんなも本当の自分を
受け入れて
楽しく過ごそうね~!







*HAPPY END*

Like

この物語に投票する

池 未来実が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!