リア充ギャルに敵はいない。

CAST池 未来実池 未来実

作者:sakyon

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.01.22

私、池くるみ。
中3で
ギャルやってまーす。





ギャルの私って
ちょーイケてるんだけど、





そんな私を許さない奴が
この学校にはいるの。





あいつらは
スクールポリスと
呼ばれる集団。





校則を守っていない生徒を
バシバシ捕まえる。





ま、私にかかれば
あいつらなんて
ただのゴマ粒www





何回注意されても
先生に呼び出されても





めげずにギャル
やってる私って
かっちょいー!





とゆーことで
今日もスクールポリスの
第1関門、
北門を突破しました。





くるみ「あいつらなんて
チョチョイのチョイよ!」





気持ちルルルンで
歩いてる時





ドンっ





誰かとぶつかった。





くるみ「あ、すまぬ!
マジぴえん」





振り返ると
スクールポリスの
紀田なおや
だった。





くるみ(げ、やば。
急いで退散しないと)





少しあいつから
離れた頃に





なおや「ごめん、
ちょっと
ぼーっとしてて」





くるみ「え?」





思わず声に出た。
やばみ





スクールポリスが
私を見つけたら
普通説教の嵐でしょ??





なんで普通に謝るの?





てか、私が
悪かったような・・・





モヤモヤしたまま
教室に行った。





こーゆーモヤモヤは
心友のめありに
相談すべき!!





くるみ「めありー、聞いて!!!
スクポにさっき
捕まっちってさー、」





めあり「え、まじー?
大丈夫だったの
くるちん」





くるみ「それがなんでか
何にも言われなくてよ?
ごめんって謝られた
だけだったわけさ」





めあり「やばみ。
スクポにも
いい奴いるんだね!」





くるみ「それな!
まじ驚きの嵐」





本当にただの
いい奴なのかな。





訳ありかも。





そんなことを
考えながら
6時間ぼーっと
授業をうけた。











    





放課後。





なおやのことが
気になって
スクポがいる
北門に向かった。





スクポ集団に
見つかった。





スクポ「おい、池!
今日こそは
お前を成敗・・・」





くるみ「私はあんた達に
用はないの!
なおや、
ついてきて!」





なおやの手を
無理やり引いて
人目のないところに行った。





なおやは
困った様子だった。





なおや「なんだよ、急に」





くるみ「なおやって
スクポなんだよね」





なおや「そうだけど」





くるみ「他のスクポと
なんか違くない?」





なおや「え?」





くるみ「普通ならスクポが
私を見つけたら
成敗ーって
追いかけて来るくせに、
今日の朝、あんたに
ぶつかっても
あんたはごめんって
謝っただけだった」





なおや「・・・」





くるみ「なんか訳あり??
相談なら聞く・・・」





なおや「うっせーな!
ギャルなんて
嫌いなんだよ!!!」





めっちゃ怒ってた。





くるみ「・・・」





ギャルの私でも
ちょい驚いた。





なおや「じゃあな
パリピ野郎」





なおやが少し
私から離れた頃、





くるみ「パリピを舐めんなー!!」





なおやは
ビクッとした。





くるみ「パリピは
しつこいんだよ。
舐めてくれちゃ困るわ」





なおや「・・・」





くるみ「1人で
抱え込まないで、
話せば楽になる」





くるみ(私かっこいいこと
言ったわっ!)





なおや「俺の・・・
俺の兄ちゃんは真面目で、
スクポにも入っていた。
昔から俺は優等生な
兄ちゃんと比べられてた。
俺は、本当はお前みたいな
パリピだったんだ。
けど、兄ちゃんと比べられるのが
嫌になって
この学校に入ってから
スクポに入った。
惨めな奴だよな」





くるみ「自分を惨めだなんて
言わないで。
自分を抑えてまで
理想に近づこうと
しなくていいと思う。
本当のなおやのことが
好きな人もいると思うよ」





しばらくして
なおやが言った。





なおや「お前は?」





くるみ「え?」





なおや「お前は俺のこと
どう思ってんの?」





くるみ「え、別にどうも
思ってないけど?」





ちょっと慌てちった。





なおや「どうも思ってない
奴のために
こんなことしないと
思うけどな?」





くるみ「からかうなし、
恥ずいじゃんか」





顔赤いかな。





なおや「俺、スクポ辞める。
俺は俺、
つまりパリピとして
胸張って
生きてくことにする」





くるみ「なおや良きっ!」





なおや「お前、ダチに
なってくれるか?」





くるみ「もちのろんよっ!」





その後なおやは
スクポをやめて
私とめありと3人で
パリピ生活を楽しんでいる。





めあり「くるちん、
なおやが仲間になってから
気分よさげじゃん。
もしかして恋に・・・」





くるみ「わ、私がなおやなんか
相手にするわけないでしょ!
こんなべっぴんよ!」





めあり「・・・でも本当は?」





めあり「だし。ゆーか」





くるみ「ありよりのあり。
私はずっと
なおやのことが・・・」





なおや「俺もくるみは
ありよりのあり」





まじか。





くるみ「なおや・・・!
聞いてたの?!
盗み聞きなんて趣味悪!」





なおや「お前らが
デッケー声で
話してるからだろ?」





くるみ「恥だわ・・・」





顔見せらんないわ。





めあり「そんでそんで?!
2人はこっから
どーすんの?」





くるみ「どーすんのって何・・・」





なおやが
私のほっぺを
むぎゅーってしていった。





なおや「カレカノ」





くるみ「まじで?!」





私が驚いてどうすんだ。





めあり「あははっ!
くるちん声でか」





なおや「やばっ、スクポだ!
お前の声が
でけーからだよ」





くるみ「あんたが変なこと
言うからでしょー?!」





めあり「とにかく、
にっげろー!」





今私、まじ
リア充してる。





最高に毎日が
楽しいの!!!







*end*

Like

この物語に投票する

池 未来実が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!