こくれた、バレンタインの物語

CAST池 未来実池 未来実

作者:AAA

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2018.05.16

ジュンヤ「池、うけんだけど笑爆」





クラスのみんな「笑 爆笑」





クルミ(また、いじられた・・・)





私は、いじられキャラで、
よく好きな人に
からかれるんだけど・・・





そう、あれは、
1ヶ月前の話。





ジュンヤと私は
隣になって、
最初は・・・





ジュンヤ「お前は
塾行ってて
これなのか?笑」





とかすっごいドSで、
けど、ひじがあたると、





ジュンヤ「あっ、ごめん・・・」





と手を使いながら
あやまってくれたり、
私が教科書を忘れて、
みせてくれたとき、





ジュンヤ「もう問題解けたから、
使っていいよ」





クルミ「ありがとう」





ジュンヤ「やっぱ使うから
2人でみよ笑」





キャー。





あれ?
なんでこんな気持ちに
なってるんだろ・・・?





きづいたときにはもう、
ジュンヤのことが
好きになっていた。





だから、
私は友達のコハルに
協力してもらい、
放課後、
部活が始まる前に、





*。・*。・*。・*。・
好きです。
付き合ってください。
*。・*。・*。・*。・





とかいた手紙を
わたした。





その日はちょうど
冬休み前の日だったので、
冬休み明けにもらえるかなーって
わくわくしてたけど、
1ヶ月たっても全然、
返事が来ない!





1日目は、たまに
目があったりしたけど、
それからは何事もなく、
告る前と同じような関係に・・・





友達に、
「返事ちょうだいって
いいなよー」
って言われたけど、
言えずに・・・





とうとう3月に
なってしまった・・・





テストがあったので、
バレンタインは
あげれなかったけど、
友達も好きな人に
チョコをあげたいと言うので、
私もあげることにした。





放課後、
私はジュンヤに。





クルミ「明日、
渡したいものが
あるんだけど、
予定空いてる?」





ジュンヤ「空いてるけど・・・」





クルミ「じゃあ、
明日の1時に
朝日公園に来てねー」





といった。





チョコがはいっている
ふくろに
手紙をそえておいた。













*。・ 次の日 ・。*





もう、1時15分なのに
来ないな・・・
諦めるか・・・





とそこに、





ジュンヤ「待った?」





きたー!





あれ?
けどなんか
もってる?





クルミ「待ってないよ!
これ、」





と言い終わる前に。





ジュンヤ「はい、これ」





クルミ「えっ?
チョコ??」





ジュンヤ「うん」





クルミ「ありがとう」





ジュンヤ「あとさぁ、
この前の返事、
いってもいい?」





クルミ「うん・・・」





ジュンヤ「最初、
おれはお前のこと
ただのバカで
面白いやつだと思ってた、
けど、隣になってから
気になりはじめて・・・
だから、好きです。
もしよかったら
俺と付き合って・・・
ください・・・」





クルミ「いいよ・・・
まぁーただのバカってのは
よけいだけどね笑」





ジュンヤ「笑」





クルミ「これ・・・
作ってきたんだけど・・・
はい・・・」





ジュンヤ「ありがとう、クルミ。
じゃあ、ね!」





クルミ「うん。
また明日!」





私はジュンヤに
はじめて下の名前を
呼ばれた。





そして、私たちは、
一緒に帰ったり、
遊びに行ったりした。





さらに、
私の友達も
成功した。







*END*

Like

この物語に投票する

池 未来実が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「新ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!