時が止まった世界でただ2人

CAST池 未来実池 未来実

作者:パンダマン

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2019.11.09

池クルミです!
モテ女で、
よく告白されます!





自分では思わないけど
キュンとくる顔ならしい。





自分では強い人に
なりたいのにな!





とにかく、今の私の望みは
「自分を認めてくれる彼氏を
つくること!」です!!





って私、
ベランダから叫んでる!?





まぁ、聞こえないか。
もうお風呂入って寝よー。





クルミ「んー。
寝過ぎたな。
もう8時とか?
ってえー? 午前0時?
嘘でしょ?
時計壊れたかな?」





窓を見る。





クルミ「暗!
ほんとなのか。
もう少し寝よ~」





寝る。





クルミ「ンー。
やっぱり寝れないな。
ってえ~!
午前0時のまま?
時が止まったまま?
嘘でしょ?」





ママも固まってるよー。





(外に出る)





クルミ「ん?」





カケル「どうしたらいいんだー」





クルミ「あの人は動いてる!
あの」





カケル「君も動いてる!
良かった!
1人じゃなかった!」





クルミ「よかった!
私、クルミっていいます」





カケル「俺、カケル。
とにかく、
助けを求めよう!」





クルミカケル「助けてくださーい!」





カケル「ダメだ、
みんな固まってる!」





?「君たち、
何かしたわよね!」





クルミカケル「え?」





?「私、セイカ。
空から世界を見ているわ。
君たちのせいで
時が止まったままなのよ!」





クルミ「私たち、
今あったばかりなの!」





セイカ「まぁ、いいわ。
とにかく、早く、
オオゾラ様のところへ行きな。
時を止めたやつだからね。
戦ってくるのよ!」





クルミ「私、無理・・・」





カケル「大丈夫。
2人で行こう!」





クルミ「はぁはぁ」





カケル「あそこだ!」





オオゾラ様「あんたらが
叫びやがったのか?」





クルミ「そういえば、
私昨日!!」





カケル「俺もだ!」





オオゾラ様「2人がおんなじとき
大声で叫ぶから、
空にいる私はもううるさくて
たまらんかった!
だから、日本中の時を止めたんだよ」





クルミオオゾラ「ごめんなさい!」





クルミ「時を戻してください!
お願いします!!」





オオゾラ「嫌だね!
あんなうるさくしたりゃ、
こっちがこまるから」





クルミ「どうしよ!」





カケル「どうしたら?
ん? あれはなんだ?」





クルミ「行こう!」





カケル「これを開ければ
時が戻るだって!」





オオゾラ様「なんだと?
バレたか!」





クルミ「でも、
鍵がないよ!」





クルミ私は、
とにかく探した。





でも、なかった。
もう帰れないの?





セイカ「どうした?」





クルミカケル「セイカさん!」





カケル「時を戻せる鍵が
ないんです!」





セイカ「その鍵なら、
強い心を持った女の子にだけ、
届く物なのよ!」





クルミ「強い、心?」





セイカ「そういえば、あなた、
自分の強い心を認めてくれる
彼氏をつくりたいんじゃなかったの?」





クルミ「そうです!
でも、今の私には
強い心なんて!」





カケル「そんなことない。
クルミちゃんには
立派に強い心があったよ!」





クルミ「ありがとう!」





セイカ「クルミ、
オオゾラ様の頭を
3度だけ叩いてきて。
叩けば、強い心が認められるわ!
でも気を付けて!
オオゾラ様は、
叩くと怒るから、
静かにやるのよ!」





クルミ「うん!」





オオゾラ「イケイケクルミ!」





セイカ「頑張るのよ!」





クルミ「は!」





1!





オオゾラ「いいぞ!」





クルミ「それ!」





2!





セイカ「その調子よ!」





オオゾラ様「私を叩いただと?」





カケル「バレた!」





セイカ「2人でやるのよ!」





クルミカケル「イケ!」





3!





セイカ「よくやったわ!
ほら、
開けてきて!」





クルミカケル「はい!!」







・・・・・・・・・・・・
・・・・・
・・





ここはベッド?
私の部屋?





あっ!
太陽がのぼってる!
時が戻った!





でも、
昨日の話は?





カケルは?





私、カケルのこと
好きになっちゃった。
会いたい。





私を認めてくれる
カケルに!





(窓を見る)





クルミ「あれは、カケル?
カケルよ!」





(外に出る)





クルミ「カケル!」





カケル「時が戻ったのは
クルミのおかげだよ!
ありがとう!!」





クルミ「私、カケルのこと、
好きになった。
認めてくれてありがとう!!」





カケル「僕の叫んだこと
知ってる?」





クルミ「え?」





カケル「強い彼女がほしいって。
クルミちゃん、
付き合ってください!」





クルミ「はい!!」







*ハッピーエンド*

Like

この物語に投票する

池 未来実が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「新ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!