ストロベリーLove

CAST凛美凛美

作者:rina

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2020.03.25






やっほー!
リミだよ!





ニコラ中学校に
通っている
1年生だよー!





うちはいちご農家で
週に1回うちの近くの
ニコニコ保育園に
いちごを配っているんだー!





今日もニコ保に
いちごを配りに行ったら・・・





リミ「セイカ園長先生
こんにちは~!
これ、今週分のいちごです!」





セイカ園長先生「リミちゃん!
こんにちは、
今日も元気だね~!
いつもたくさんのいちご、
ありがどうねー」





ナルミ先生「はい、
カケルくん(園児)
さようなら!」





カケル(園児)「先生、さよーならー!」





?「ありがとうございました」





あ、なんか
イケメンがいる・・・
ま、気のせいか・・・





?「お前」





リミ「え!? 私!?」





?「そう、お前」





私、イケメンに
話しかけられちゃった~!!





なんで? なんで?
なんで??





?「お前、俺のこと
知らないのか?」





あ、そういえば・・・
この人、私とおなじ
制服着てる・・・





リミ「あなた、名前は?」





?「俺、ヨシト、
野口ヨシト。
お前、本当に俺のこと
知らないみたいだな」





リミ「え? 野口ヨシト?
聞いたことない」





ヨシト「あ~そうなんだ。
同じ学校で俺のこと
知らないっていう人
初めて聞いた」





リミ「ところで
あなたの正体って
何なの?」





ヨシト「まあまあ、
そのうちわかるよ」





リミ「ふ~ん」













・・ ニコ中で ・・・・・・・・





リミ「ねえミナミ、
野口ヨシトって誰?
昨日、ニコニコ保育園で
そういった人が
いたんだけど・・・」





ミナミ「え?!!
あのヨシト様にあったの?!?
いいな~
うらやましい~!
あっヨシト様は
この学校の王子様なんだよ~!
もしかしてリミ、
ヨシト様のこと
知らなかったの??」





この子はミナミ。
私の親友で、
私のうちのいちごを
いつも美味しそうに
食べてくれるんだ~!





あとたまに
大量のいちごを
買ってくれるんだよ!





《リミのいちごは世界一!』って
言ってくれるから
いちごづくりを
続けられるんだ~!





リミ「ヨシト様・・・?
って、なんで様付けなの?!?」





ミナミ「でもいいな~~
あのヨシト様に
はなしかけられるなんて!
うらやましい~!」





リミ「でも私、そういう
王子様っぽい存在の人
あんま好きじゃないな」





ミナミ「え?
もったいない!
リミせっかく
いいチャンスなのに~!」





そうなのです。
私は彼氏がいないのです。





今、まさに絶賛彼氏
募集中なんです。





ヨシト「・・・・・・・・・」













・・ 1週間後 ニコニコ保育園 ・・・・・・





リミ「こんにちは~
これ、今週分の
いちごですー!」





セイカ園長先生「こんにちは
リミちゃん。
たくさんのいちご、ありがとう」





リミ「いえ、
またみなさんで
食べてください!」





ヨシト「おうリミ。
またニコ保に来たのか」





リミ「はあ?? 《また』って、
きちゃいけないってルール
ありましたっけ?」





ヨシト「別にないけど・・・
今から俺ん家来ない?」





リミ「無理ですー!
あと特に仲のよくない
男子の家なんて
興味ありませんー!」





ヨシト「これでも?」





チュッ





ヨシトが
リミのほっぺに
Kissをした。





リミ「ちょ、ちょっと
何やっているのよ!
みんな見てるじゃん!」





ヨシト「じゃぁ、
俺の家でKissしよ?」





リミ「そんなのOKするわけ
ないじゃない!!
そもそもあなたみたいな
変態みたいな人の家に
行くわけないから!!」





ヨシト「・・・・・・・・・・・・・・・」





リミ「こんなこと
言われたくなければ
もう2度と変な態度
取らないでよ!!」













・・ リミとミナミのLINEで ・・・・・・・・





リミ《ねえ聞いてミナミ!!
今日またニコ保で
ヨシトとあったんだけどさ!!
ヨシト、みんなが見てるところで
私のほっぺにKissしたんだよ!!
すごい変態!!
もうニコ保に
行きにくくなっちゃったよ~(泣)》





ミナミ《え?!? ヨシト様って
そういうところあったんだ~!
怖いかもね~》





リミ《まあ気分転換に・・・
土曜日に家で
いちごパーティーしない?》





ミナミ《いいね! じゃあさ、
ニコ保の特別保育のみんなも
いちご狩り体験させてあげる?》





リミ《それいいね!
じゃあ連絡してみる!
おやすみ~》





ミナミ《おやすみ~》





リミはニコ保に連絡し、
土曜日は、
『いちご狩り体験』という
講座が開かれることになった。













・・・ 土曜日 リミの家の庭 ・・・・・・





リミ「皆さん、こんにちは~!」





特別保育の園児「こんにちは~!」





リミ「今日は私、リミと、
ミナミと一緒に
いちご狩りを
楽しみましょう!!」





特別保育の園児「はーい!」





ミナミ「みんなよろしくね~!」





特別保育の園児「はーい!」





リミ「では早速
いちごのとり方を
説明しま~す!」





こんな感じで、
楽しい時間は
あっという間に過ぎ・・・





リミ「皆さん今日は
楽しかったですか??」





特別保育の園児「はーい!」





ミナミ「いちごは
美味しかったですか??」





特別保育の園児「はーい!」





リミ「またみんなで
遊びましょうね!」





特別保育の園児「はーい!」





りな先生「楽しかったですね~!
では保育園に帰りましょう!」





リミ・ミナミ「またね~!」













・・ 夜 リミとミナミのLINEで ・・・・・・





リミ《いや~今日は
もりあがったね~!》





ミナミ《片付け
大変だったけどね笑》





リミ《写真もいっぱい
とったしね!》





ミナミ《いい思い出に
なったね!》





リミ《じゃあまた学校で~》





ミナミ《バイバ~イ/》













・・・ ニコ中で ・・・・・・・





ヨシト「ねえリミ、
ちょっとこっち来て」





リミ「いいけど何?」





ヨシト「いいから早く」





クラスの女子「いいな~リミ、
あのヨシト様に
話しかけられるなんて」













・・・・・・・・・・





リミ「で?
話って何?」





ヨシト「俺、本当に
リミのこと好きなんだ。
付き合ってくれないか」





リミ「だ~か~ら!
だめって
前も言ったでしょ!」





ヨシト「前は俺も
自分勝手だった。
でもこれからはリミに
受け入れてもらえるように
頑張るから!! お願いだ!」





リミ「そこまで
言ってくれるなら・・・」





ヨシト「いいのか!?」





リミ「こんな雰囲気で
だめなんて言わないよ?」





ヨシト「ありがとう!!
俺、リミの家のいちごを
使ったケーキが食べたい!」





「うん!
今度作るね!」







*end*

Like

この物語に投票する

凛美が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!