恋のパンバトル

CAST関谷 瑠紀関谷 瑠紀

作者:ましましゅまろ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.05.23

私、ルキ。
高校1年生。





実は最近、
気になっている人がいるの。





それが、、





レン「おっはよ~!」





そう、同じクラスのレン。





こいつは私の幼なじみで、
クラスの人気者。





レン「ルキ、
今日もパン作って
来てやったぞ!」





ルキ「わ~! ありがと!」





実は、レンは
パン屋さんをやっていて、
パンが大好きな私に
いつも作って来てくれるのだ。





レン「そうだ!
今度の日曜日、
一緒に遊園地行かない?
俺、最近行ってないから
行きたいんだよねー」





ルキ「うん、賛成!
じゃあ日曜日ね!」





やったあ!
レンとの久しぶりの
お出かけ。
楽しみだなぁ。





しかし、この話を
聞いていた人がいた。





ゆずだ。





ユズ「ねぇ、
どういうこと!?
レンと2人でお出かけ?
そんなの絶対に
私が許さない!」





ユズは、クラスの
一軍女子で、
みんなからモテモテ。





実はユズも
レンのことが好きで、
私の最大のライバルだ。





ユズ「レンは私のもの。
絶対に譲らない!」





ルキ「私だって!
絶対に
ゆずれるものか!」





ルキ・ユズ「ん・・・」





ユズ「分かった!
じゃあパンで
勝負しよう!」





ルキ「えっ?」





ユズ「今度の土曜日に
パンフェスティバルがあるから
そこでオリジナルのパンを作って、
勝った方がレンに告白。
分かった?」





ルキ「うん、いいよ。
絶対に勝ってみせる!」





それから私は、
毎日のように
パン作りの練習をした。





学校でも家でも、
ずっとパンのことだけを
考えていた。













* ‐‐‐ * ‐‐‐ *





そしていよいよ、
運命の土曜日。





私は早起きをして
パンを一生懸命作った。





時間まで、
あと少ししかない。











数十分後・・・





ルキ「ふぅー、
やっと完成ー!」





私は急いで
会場へ向かった。





そこにはもう、
沢山の参加者がいた。





「わー!
みんなすごく
おいしそうなの
作ってる」





クロワッサンに
メロンパン。





ズラーっとみんなの
作ったパンが
並べられている。





司会「それではいよいよ
優勝者の発表です!
今回のパンフェスティバル、
グランプリは!、、、
ルキさんです!
おめでとうございます!」





パチパチパチ





ルキ「えっ!?
私、優勝した?」





ユズ「ルキ、
優勝おめでとう!」





ルキ「ありがとう」





ユズ「実は私、
ルキが優勝するって
思ってた。
だってルキはたくさん
努力してたもんね!
レンはルキのだよ!
告白行ってらっしゃい!」





ルキ「うん!
ありがとう。
がんばるね!」













・*。・ 日曜日 ・。*・





ルキ「お待たせ!
遅れてごめん」





レン「あっ! ルキ。
話があるんだ」





ルキ「なに?」





レン「・・・俺、
ルキのことがずっと
好きだった!
付き合ってください!」





えっ!?
レンからの告白!?





答えはもちろん!







*end*

Like

この物語に投票する

関谷 瑠紀が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!