『恋の魔法』をお願いします。

CAST関谷 瑠紀関谷 瑠紀

作者:あめあめ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.04.16

あなたは、好きな人に
「振り向いてほしい」とか、
「意識してほしい」って
思ったことある?





私はルキ!
恋する高校1年生。





前までは、
「振り向いてほしい」
「意識してほしい」
って思ってた。





けど、あの子のおかげで
私の恋は無事に実った。





ルキ「元気にしてるかな~?」













・*。・ 3ヶ月前 ・。*・





あぁ。
また今日もルワに
声をかけれなかった。
明日こそは!





ルキ「ん?」





なんか、スマホが
光ってる?





ってあれ!?
なんか人が出てきた!





ミナミ「こんにちは!
えーっと、あなたが
ルキちゃんですか?」





ルキ「えっ。
あ、はい。
そうですけど
あなたは・・・?」





ミナミ「私はミナミ。
色々な人間の悩みを
魔法を使って解決させるの!
で、そしたら今回私は
ルキちゃんの担当だったの。
もし何か叶えたい
悩みがあるなら、
急だけど・・・
叶えてあげる!」





ルキ「えっ、本当ですか!?」





ミナミ「うん!
あ、同い年だし、
タメ口でいいよ」





ルキ「えっとじゃあミナミ!
実は好きな人がいるの。
だけど全然
意識してもらえなくて」





ミナミ「なるほど・・・
じゃあ、
『恋の魔法』を使ったら、
恋の悩みは解決できるよ!
どう?」





ルキ「ぜひ!
『恋の魔法』を
お願いしますっっ!」





ミナミ「OK!」













・*。・ 次の日 ・。*・





よし!
今日も頑張ろう!













・*。・ 学校 ・。*・





ルキ「・・・お、おはよう!」





ルワ「おぉ、おはよう!」





うわっ。信じられない。
いつも声かけれないのに
挨拶できた!
やった!













・*。・ 授業 ・。*・





先生「男女とペアを作って
今から言うことを
やっていけ~」





ルワ「ねぇ、ルキ!
一緒にペア組もう!」





ルキ「えぇ!?
あ、私でよければ!」













・*。・ ルキの家 ・。*・





ルキ「ただいま~!」





ミナミ「おかえり~!
ルワ君と
いい感じだったね~」





ルキ「ありがと
ミナミ~!!!!」





ミナミ「よしよし!
じゃあ次は告白かな!?」





ルキ「いやいや~
まだ無理だぁぁ」





ミナミ「そっかそっか。
あっ、ねぇ、記念に
写真撮らない?」





ルキ「え? いいよ」





カシャッ





ミナミ「ありがとう」





ルキ「全然!」





ミナミ「私は、ずっと
ルキのこと、
見守ってるからね。
ずっとずっと。
それから、大好きだよ」





ルキ「え?
なんか、会うのが
最後みたいな言い方
しないでよ~ww
あ、でも私も
大好きだよ~」





ミナミ「ありがとう・・・・・・」













*...・・・*...・・・*





『恋の魔法』を
使ってから1週間。





試しに今日は
魔法を使っていない。





『恋の魔法』は、
1週間に1回、
魔法を使わない日が必要と
ミナミは言ってた。





だから今日は
自分の力で
ルワに話しかけたり、
頑張るの!













・*。・ 学校 ・。*・





ルワ「おはよ」





ルキ「あぁ!
ルワおはよ~」





やった!
声かけられた!





ルワ「ねぇ
今日の放課後
空いてる?」





ルキ「え?
あ、空いてるよ~!」





ルワ「おう!
じゃあ、放課後」





えぇ~今日は
魔法も使ってないのに
誘われちゃった!
やばーー!





ルキ「早く放課後に
ならないかな~」













・*。・ 放課後 ・。*・





ルキ「ごめん、
遅くなって」





ルワ「ううん。
全然大丈夫!」





ルキ「優しいなぁルワは」





ルワ「ありがと」





ルキ「あ、で
今日はどうしたの?」





ルワ「俺、ルキのことが
好きです」





ルキ「えぇぇ!?!?」





まさか、この日が
やってくるとは・・・





ルワ「俺と
付き合ってください」





ルキ「は、はい!」





やったぁぁぁぁぁ!





早くミナミに
報告しなきゃ!













・*。・ ルキの家 ・。*・





ルキ「ただいま~!!
ねぇ聞いて
ミナミ~って・・・
あれ?」





ん? 嘘。
ミナミがいない。





ルキ「手紙・・・?」





・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
ルキへ。

ルキへ、おめでとう!
ルワ君と付き合えたじゃん!
今日は魔法を使ってない日だよ~!!
なのにすごいじゃん!
おめでとう。
急にいなくてびっくりしたよね?
ごめんね。

実はね、本人の願いが叶ったら
魔法使いは本人と話してはいけないの。
本当にごめんね。

でも、この前も言ったけど
私はずっとルキのことを
見守っているよ。
それから、大好きだよ。
ありがとう。

            ミナミより
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。





ルキ「ミナミ・・・」





もう会えないのか。





ルキ「あ、」





手紙の他に、
写真が入っていた。





ルキ「この前
撮った写真・・・」





ミナミ、
私も大好きだよ。
ありがとう。













・*。・ 3ヶ月後 ・。*・





ルキ「元気にしてるかな~?」





ピューン





ミナミ「ふふふ」







*end*

Like

この物語に投票する

関谷 瑠紀が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!