ミステリーじゃない!?

CAST関谷 瑠紀関谷 瑠紀

作者:まなみん

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.04.08

私は、ルキ。
高校2年生。





学校いや世界いち
有名な探偵。





私は、いろんな
ミステリーをすぐに
解決できる
すごい人なのだ。





まあ、自分で
言うのもね・・・





突然なんだけど・・・





私には、
好きな人がいて・・・





同じくらい有名な
探偵のレン。





高校2年生の
ほとんどの人には、
知られているんだけどね。





レンも
同じ学校の2年生。





同じクラスでは、
ないんだけどね・・・





探偵同士が
付き合えるわけが
ないよね・・・





ずっと片思い中。





ルキ「分からないよ-」





リミ「何が?」





ルキ「今、といている
ミステリー」





リミ「なんていうやつ?」





ルキ「こわがらない?」





リミ「大丈夫だと思う」





ルキ「最近、女子高校生が
いなくなっているらしいと
言うミステリー」





リミ「うちら、
高校生じゃん」













・*。・ 学校帰り ・。*・





私は、いつもどおり
イヤホンを耳にして帰った。





コソコソ





うん、
なんか聞こえる。





まあ、
気のせいでしょ。





コソコソ





私が、イヤホンを
はずすと・・・





手を引かれた。





ルキ「きゃ」





黒い服を着ていた。





なんか
見たことのある服・・・





もう1人出てきた。





やばいかも・・・





誰か助けて・・・





レン「何してんだよ」





えっ・・・レン。





?「はっ」





?「あんた誰?」





?「もしかして、
あの探偵の
レンじゃないすか?」





?「ほんとんだ」





レン「ちょっと待て」





レン「逆に、
お前らは誰だ?」





?「そんなん、
教えるか」





レン「じゃ、
俺から行く」





ガボッ





ルキ「えっ、
リミとルワじゃん」





ザッ





ルキ「えっ、みんな」





レン・ルキ「えっーーー」





ルキ「なんで、
みんながいるの?」





リミ「それは・・・」





耳元で・・・





リミ「告白のチャンスだよ」





ルキ「ありがとう」





ルキ「レン、
どんなすがたでも
好きでした」





ルキ「付き合ってください」





レン「俺で、よければ」





みんな「おめでとう」





リミ「あのミステリーも
私たちが作ったんだ」





リミ「ごめんね」





ルキ「逆にありがとう」







*end*

Like

この物語に投票する

関谷 瑠紀が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!