恋愛相談が生んだ奇跡

CAST関谷 瑠紀関谷 瑠紀

作者:ミルフィーユ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.01.23

ルキ「ゆなな~、
ワカナ~、
おっはよ~!」





ゆなな「おはよー、朝から
ハイテンションだね~」





ワカナ「おはよ、
はやく学校行くよ?
予鈴鳴っちゃう!」





これはわたしたちの
おなじみのやり取り。





わたしは関谷瑠紀!
いつでもハイテンションな
ニコラ学園の中等部3年生!





親友の高比良由菜は
はかなげな天然女子。





優しい天使で
男女人気が
めっちゃ高い!





もう1人はしっかり者
代表の宮本和奏。





大人っぽいリーダー格
美少女!





ルキ「しょうがないの!
今日は個人的ハッピーデー
なんだもん!」





ゆなな「へ? なんの日?」





ワカナ「もしかして、
体育祭の前日ってこと?」





ルキ「大正解!」





そう!





明日は待ちに待った体育祭!





今日は自分でもわかるくらい
テンションあがってる!





ワカナ「もー、
まだ前日なんだから
落ち着いて!」





ルキ「だって
楽しみすぎるんだもん!」





ゆなな「わたしは
日焼けするからやだ~」





美白命のゆななは
心配そうに腕をさする。





スポーツ好きなわたしは
ホンットに楽しみ!













+・+・+ 体育祭当日 +・+・+





ルキ「おっはよ~!
もう当日だから
思いっきり騒ぐ~!」





ゆなな「昨日から
さわいでたよね?」





ワカナ「まあ、そこは
置いといてあげよ!」





ルキ「ひどい!
ワカナもそれ
フォローなってない~!」





3人でキャーキャー
はしゃぐ。





?「お前らはいっつも
うるさいなあ」





?「静かって言葉
知ってる?」





ルキ「ハアトとルワは
黙ってて!」





この2人は八田大翔と
南龍和。





すこーし口は悪いんだけど
顔はめっちゃいいことから
ニコ学中
(ニコラ学園中等部の略)
のモテ男代表。





実は・・・・・・





わたしも、
ルワが好きなんです。





ゆななはハアトが好きで
この前カップルになったばかり。





なんでか知らないけど
ルワたちはわたしたち3人と
よくしゃべったりしてるから
いつメン同然だったりする。





しかもハアトはなにかと
ゆななに話しかけていて
ラブラブなんだよね。





ルワとわたしは・・・・・・





全くなんです。





ワカナとよくしゃべってるし、
好きっぽいんだよね・・・・・・





でも中学最後、
当たってくだけるって
決めた!





ワカナ「おーいルキ!
はやくならぶよ!」





ボーッと色んなことを
考えてたら、ワカナに
肩をゆさぶられた。





ゆなな「ルキ!
こっちこっち!」





ルキ「ごっめーん、
今行く!」





わたしはゆななと
ワカナのもとまで
あわてて走った。













+・+・+ 休憩時間 +・+・+





ルキ「え! もうそんなに
依頼きたの!?」





ワカナ「ルキ、声、声!」





ワカナがわたしの口を
ふさぐ。





ルキ「むぐ、むごんご!
はまひへ~!」





(うん、わかった!
離して~!)





ふはっ!





ワカナがわたしを
解放する。





あ、依頼っていうのは、
ワカナがひそかにやってる
『ワカナ恋愛相談室』のこと。





恋愛アドバイス上手なワカナが
一部の女子にLINEで告知して
相談にのるの。





かなり好評で、じわじわと
話題が広まってるらしく、
ワカナは大忙し!





ついに高等部のプリンセス・
林芽亜里先輩からも
依頼があったんだって!





ワカナのすごさを改めて
思い知ったとき。





『ただいまより、
クラス対抗3年生男子の
選抜200mリレーを
行います』





というアナウンスが
聞こえた。





このリレーメンバーには
ルワとハアトもいる。





わたしたちが全力で
応援するんだ!





絶対勝って!













+・+・+ side ワカナ +・+・+





わたしはワカナ。





わたしは今、好きな人を
応援してるルキと
ゆなな以上に
ハラハラしてる。





わたしは、とっても
重大なことを
知っているから・・・・・・





ルワの走りがカギを
握ってる。





失敗してしまったら、
わたしの責任になる・・・・・・





わたしは2人以上に
身を乗り出して
息を呑んだ。













+・+・+ side ルキ +・+・+





わたしルキ。





いよいよスタート・・・・・・
なんだけど、





ワカナの様子が
おかしい。





落ち着きがないし、
水筒のお茶をずーっと
飲んで。





なんかあった・・・・・・?





ゆなな「ルキ、始まった!
わたしらA組リードだよ!」





第一走者の内田蓮くんが
すごい勢いで走ってる。





あっという間に第二走者の
ハアトにバトンが渡った。





1位は守ってるけど
すぐ後ろにはライバルの
組が走ってる。





ハアトは爽やかに走り抜け
丸田怜音くんに
バトンを渡した。





あともう一息。





ゴール直前のとき。





ダダッ・・・・・・バンッ





レオンくんの体が
地面に叩きつけられた。





ゆなな「レオンくん・・・・・・
転んだ?」





ゆななの言葉に
ワカナは真っ青だ。





レオンくんはなんとか
立ち上がって
スピードの落ちた走りで
なんとかバトンをつないだ。





差をつけられて
A組は3位。





アンカーのルワ。





1位のC組はすでに
走り出し、
はなれていっている。





A組の応援テントは
静まり返ってた。





もうムリじゃん・・・・・・





わたしも諦めかけた
そのとき。





ワカナ「ルキ・・・・・・
ルワB組抜いたよ!」





ルキ「え、ウソ!」





ルワは全速力で走り、
2位におどりでた。





C組との差もぐんぐん
縮まる。





ルキ「・・・・・・頑張れ!
ルワ~、頑張れ~!」





わたしの声に
クラスメートたちが
はじかれたように
応援しだす。





「ルワ~、頑張れ~~!」





ルワは
あと一息というところで
なかなか抜けない。





ルキ「頑張れ~!
ルワ~、大好き~!」





ゆなな「え、ルキ!?」





ワカナ「なにいってんの!?
ここ中等部全員いるのに!」





ゆなな「今告白するっ?」





え!





今、わたし
一体何を・・・・・・





ルワはぐんっと
スピードを上げた。





C組とならぶ。





ほとんど2人同時に
ゴールテープを切った。





ワカナ「今のどっち!?」





『ただいま結果を
確かめております』





アナウンスが流れた。





ルワ・・・・・・
勝てたの・・・・・・?





ゆなな「絶対ルワだから!」





ワカナ「大丈夫、
ルワは勝ってる!」





ルキ「そう、だよね!
ルワは勝ってる!」





2人の言葉が
不安をふりはらう。





『結果が出ました。
ただいまの勝負、
A組の勝利です!』





「きゃー!」





「おめでとー!」





わたしたちは大興奮。





『では、今回アンカーを走った
A組の南さんに
お話をうかがいたいと
思います』





わたしたちの学校は
走り終わった選手の
インタビューがあるの。





ルワ「今回、勝てて
とてもうれしいです。
あと・・・・・・ルキ、
バカでかい声、聞こえた。
俺も、好きだよ」





・・・・・・





ええ!?





「「「きゃー!
カップル誕生~!」」」





校庭中に歓声が響いて。





わたしたちはカップルに
なりました!













+・+・+ side ワカナ +・+・+





よかった・・・・・・!





カップル誕生成功・・・・・・!





あ、実はルワから
恋愛相談受けててね。





このアナウンス告白の
計画を2人で練ってたの!





成功してよかった~!





スタート前は冷や汗が
止まんなかったけど。





恋愛相談、
引き受けてよかった!











+・+・+END+・+・+

Like

この物語に投票する

関谷 瑠紀が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!