一部しか見えない君が助け

CAST関谷 瑠紀関谷 瑠紀

作者:りんりんりんご

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.01.19

恋って一部しか
見えないのだろうか?









* ‐‐‐ * ‐‐‐ *





こんにちは、私ルキ。
ごくごく普通の
中学校3年生だよ。





私は今スマホを
触っている。
(最近買ってもらったんだ)





で今、LINEの
オプチャをしている。





オプチャは、
知らない人みんなで
共通の話をする
LINEグループ。
(説明下手でゴメンネ)





私はオプチャを
作ったんだ!





名前は「中3の雑談」





人数少なめで
やりたいから
あまり入れてない笑





もう入れなくて
いいと思ってる!





だって多すぎると
通知がうるさいから。





よし今から
オプチャするか。











・・・♪ オプチャにて ♪・・・





ルキ「今日学校の授業
どうだった?」





メアリ「めっちゃ
難しかった。
それに暇だった」





ゆなな「私はめっちゃ楽だった。
しかも先生の意味不な会議で
下校早かった笑」





ルキ「え! それ
めっちゃいいやつじゃん」





メアリ「けど先生裏で
生徒のグチ
言ってるらしいよ」





ルキ「それやば!」





ゆなな「確かに」





メアリ「でしょ」





いつもこんな感じ。





本当は男子も
2人いたんだけど
いつも何も話さないし
急にぬけちゃった。













・。・。・。・。・。・。・。・。





ある日・・・





あ、オプチャの
リクエスト。





これに主がOKしたら
リクエストした人が入れる。





なんかクラスにいる
アイツみたい。





名前とアイコンが特に。













・・・♪ オプチャにて ♪・・・





ルキ「オプチャの人
新しく入れないって
言ったけど
クラスの人かもしれないから
入れてみる。
質問攻めするけど
気にしないでね」





メアリ「OK」





ゆなな「はーい」





るー「初めましてるーです。
よろしく」





ルキ「私はこのオプチャの主
ルキです。
新しい子には質問するよ。
まずなんの教科が得意?」





るー「数学」





ルキ(まってやっぱり)





ルキ「男子? 女子?」





るー「男子です」





ルキ(やっぱり。
これを見て「好きな人?」と
思う人もいたかもしれませんが
違います。
今クラスの人とちょっと
噂がある人
ここだと本当のことを
話してくれるかも!)





るーことルワは、今ここはと
付き合ってるんじゃないかなって
友達と噂が流れていて調査中。





それによくみんなに
るーって
いわれているから。





名前で
そうかなって。





あと2人は
付き合ってるか
付き合っていないか。





私は、
はっきりさせたい。





ルキ「好きな人は
いますか?」





るー(誰にもいるとか
言ったことないけど
知ってる人には
見つからないし。
言っていいか!)





るー「誰にも言ったこと
ないけど。います」





ルキ(やっぱり)





ルキ「付き合ってますか?」





るー「N O」





これは・・・





いま思ったけど
付き合っていないなら。





私が一部しか見えない
キューピッドに
なっちゃえ!





ルキ「じゃあ私が
アドバイスしてあげる
他のみんなも手伝って!!」





メアリ「いいよ」





ゆなな「おけ」





メアリ「じゃあまず
その子どんな子?」





るー「明るくて
笑顔が可愛くて。
元気で裏表のない子で。
学校1の美少女です」





ルキ(やっぱりここはだ)





ゆなな「じゃあさ
告白の言葉は。
『あなたの笑顔が
辛い時の支えになります』
とかどう?」





るー「え、もう告白の言葉!?
けどいいと思います。
これで」





ゆなな「急に敬語になって
どうしたの?
けど、これで決定」





メアリ「プレゼント渡したら?」





ルキ「何が好きか
学校で聞いたら?」





るー「そうしよう。
明日学校で聞きます!」













・・・♪ 次の日学校にて ♪・・・





ルワ「ここは、
今好きなキャラクターとか
ある?」





ここは「今ニコララっていう
アニメの新潮くんって言う
キャラかな」





ルワ「そうなんだOK」













・・・♪ オプチャにて ・・・♪。





ルキ「聞いてきた?」





るー「はい。
ニコララの新潮だって」





メアリ「私と同じじゃん笑」





ゆなな「じゃあ新潮くんの
キーホルダーでも
買ったら?」





るー「いいね!
それにする」





ルキ「いつ告る?
私は卒業式がいいと思う。
だって高校別れたら
終わりだし。
中高一貫でも
クラス分かれるかもよ。
それに盛り上がりそうだし
みんなの前でやったら?」





(本当は私が見たいだけ)





メアリ「確かに
そっちの方がいいかも!」





ゆなな「私もそう思う」





るー「じゃあそうする」





メアリ「思ったけど
バレンタインに
告られたら意味ない笑」





ゆなな「確かに」





るー「けど、
僕の通っている学校
バレンタインは告らず、
卒業式に男子が告る風習が
あるんだ」





ルキ(やっぱりルワじゃん)





ゆなな「じゃあそれで
いいんじゃない」











・。・。・。・。・。・。・。・。





ってやっていれば
もう卒業式。





・卒業式当日・





ルワ(先生まだだ。
あ、今のうちだ)





ルワ「ここは
ちょっと来てー」





ここは「はーい、分かった」





ルキ(とうとう来たか)





ルワ「実はここはの笑顔が
辛い時の支えになります。
そして、ずっと前から
好きでした。
(周りがソワソワし始める)
だから付き合ってください」





ここは「私も同じです。
喜んで」





ルワ「あとこの
キーホルダーも」





ここは「え、これ
この前欲しくて
売り切れてたやつ!
本当にありがとう」





ルキ(ネタバレするか)





ルキ「どうやって
告白しようと
思ったの?」





ルワ「LINEのオプチャで
アドバイスをもらって」





ルキ「それさ、私いるよ!」





ルワ「はいはい、
そんな嘘
つかなくていいの。
バレバレだよー」





ルキ「ほんとだって。
これ見てみな」





ルワ「まさかルキが
俺の恋の
キューピッドだなんて」





ルキ「でしょ」













・・・♪ オプチャにて ♪・・・





メアリ「告白うまくいったー?」





るー「はい。
無事成立しました。
ルキが同クラで」





ゆなな「やっぱ
そうだったんだ」





るー「なんでそれを」





メアリ「本当はこれ
人数少なめだから
もう入れないつもり
だったんだけど。
同クラかもって
入れたんだー」





ルキ「そうだよー」





るー「知らないの僕だけか」





この私ルキの考えを
ゆななとメアリが
手伝ってくれたおかげで





カップル誕生させることが
できました。











・・・♪END♪・・・

Like

この物語に投票する

関谷 瑠紀が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!