奇跡の再会の恋

CAST凛美凛美

作者:プーさんちゃん

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.09.15

私はりみ。
地味で真面目ちゃんで
友達が少ないのが
私には合ってるの。





友達もいないから
休み時間は図書室が
私の居場所になってる。





ある日私は
いつものように
図書室に行った。





今日は科学の課題の
生物調べをしに来たの。





初めて借りる本だから
なかなか見つからなかった。





だから図書委員さんに
聞いてみることにした。





?「どうしましたか?」





りみ「あの、、
生物についての本を
探してるんですけど、
見つからなくて」





?「あっ、生物の本ですね。
分かりました。
ついてきてください」





この図書室は
すっごく広い。





だからついて行くの
だけでも大変。





?「これですね」





指をさして
教えてくれた。





そしてその時に
初めて顔を見れた。





りみ(かっこいいい)





りみ「あ、ありがとうございます」





?「ちなみに私は
りみさんと同じ学年の
南るわです。
よろしく!」





私はその時気づいた。





昔、私よりも小さくて
私がよく本を取って
あげていた子だ!





りみ「え!
るわくんだよね。
あのー昔さ
よく図書館で会ってた。
おっきくなったんだね」





るわ「え! りみねぇ!
まさか同じ学年だったとは」





るわくんはずっと
身長が小さかったから
私より下の学年かと
思ってたの。





るわ「あっ、本だよね」





りみ「うん。
でも取れるから
大丈夫だよ」





その本は
1番上の段にあって
なかなか取れなかった。
そしたらるわが後ろから





るわ「俺が取るよ」





りみ「えっ、、、」





そのまま
バックハグみたいに
なっちゃったーーーーーーー!





りみが動揺していると
るわが後ろから
恥ずかしそうに





るわ「俺、昔から
りみねぇのこと
好きだったんだ」





私は信じられなかった。





りみ「わわ私も」





まさか昔から
両思いだったなんて。





そして改めて次の日に。





るわ「俺と付き合ってください!」





その答えは
もう決まっていた。





私はるわに抱きついて





笑顔で
「よろしくね!」
と言ったんだ。







*end*

Like

この物語に投票する

凛美が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!