虹色のシャボン玉。

CAST小林 花南小林 花南

作者:みなみん

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2018.02.09

私の名前は、小林かなみ。
同クラに好きな人がいる。





名前は小原ゆいと。







*。・ 学校 ・。*





ひびき「おはよー、かなみ」





この子は宮原ひびき。
私の親友!





かなみ「おはよ、ひびき」





ひびき「ねぇ、
虹色のシャボン玉
知ってる?」





かなみ「何それ?」





ひびき「あくまで
うわさだけど」





かなみ「いいよ」





ひびき「シャボン玉で遊んだ時に、
虹色にひかる時があるの。
その確率は
0.00001%だけどね。
それで、その時に、
『妖精様おいでください』って言うと、
妖精が現れるらしい」





かなみ「やってみよーかなー」





ひびき「いいんじゃない?
がんばれー」













*。・ 家 ・。*





ガサッ。
シャボン玉買ってきた~!





かなみ「ふ~」





ピカッ!





かなみ「嘘~!?」





かなみ「・・・妖精様、
おいでください」





?「ありがとう!
ひびきからの紹介だよね!?」





かなみ「え、えーと?」





?「とりあえず
状況を整理しよう!」













*。・ かなみの部屋 ・。*





?「私の名前はノノ!
で、ひびき知ってる?」





かなみ「宮原?」





ノノ「うん。ひびきは
このシャボン玉妖精会の
会長なの」





かなみ「えー!?」





ノノ「うちらはね、
シャボン玉に
閉じ込められていたの。
でも、出してくれる人がいる。
出してくれたら、
その人に一生仕えて、
その人の願いを叶えるの」





かなみ「早速、お願いしていい?」





ノノ「準備OK!」





かなみ「小原ゆいとと
仲良くさせてください」





ノノ「りょーかい!
ニコラニコラ、ニコーラ!」







ピーンポーン。





かなみ「はーい」





ガチャ。





かなみ「うそ、ゆいと!?」





ゆいと「ノート、
間違えてた・・・」





かなみ「あ、ホントだ」





ゆいと「じゃあこれで・・・」





かなみ「この後、
何か予定ある?」





ゆいと「ないけど」





かなみ「どっか行かない!?」





ゆいと「いいよ」





かなみ「じゃあ、
ここで話すのもあれなんで・・・、
LINE交換しようよ!」





ゆいと「いいよ」













*。・ 家 ・。*





かなみ《かなみです!
今日は午後からでいいのかな?》





ゆいと《11時頃に待ち合わせして、
どっかで昼ごはん食べようよ!》





かなみ《いいね!
じゃあ、11時に、駅集合で!
スマホと、一応、課題も・・・(T_T)》





ゆいと《りょかい!
じゃあ、楽しみにしてるね!》





ドキッ。
私、ゆいとのこと、
ホントに好きだ。













*。・ ゆいとside ・。*





かなみとデート、か・・・





俺とデートして
楽しいのかな・・・





ゆいと「おい、カケル、
どう思う?」





カケル「どう思うって、
デート行けばいいじゃん」





ゆいと「お前もついて来るんだろ?」





カケル「まあな」





ゆいと「俺は、かなみのこと好きだけど、
あっちがどうとか・・・」





カケル「告ったとして、
ダメでも
デートできるんだから」





ゆいと「カケルは、
好きな人いないの?」





カケル「いる。
シャボン玉に封印される前から、
好きだった。
今、出てるかわからないけど・・・」





ゆいと「名前は?」





カケル「ノノ」





ゆいと「ふーん。
あ、やば!
もう時間だ!」













*。・ 駅 ・。*





かなみ「ゆいと!」





ゆいと「かなみ!
時間ぴったりだったな」





かなみ「えへへ」





ゆいと「じゃあ、行こ―ぜ!」













*。・ ニコランド ・。*





かなみ「中学生2人で」





係員「はい」





ゆいと「ありがとう」













*。・ 個室 ・。*





ゆいと「かなみ」





かなみ「何?」





ゆいと「シャボン玉の話、
知ってるか?」





かなみ「うん」





ゆいと「一緒にやってみないか?」





かなみ「ごめん、
私にはもういるの」





ゆいと「マジ!? 俺も」





かなみ「じゃあ、
なんで誘ったの?」





ゆいと「俺はいるけど、
かなみはいないと思ってた」





かなみ「私でもいますぅー」





ゆいと「紹介するよ、カケル」





かなみ「ノノ」





カケル「かなみ、
初めまして!
俺はカケル」





かなみ「よ、よろしく」





ノノ「初めまして!
ゆいと君
よろしくね!」





ゆいと「よろしく」





ノノ「ノノでーす。
あなたの名前は?」





カケル「!?」





ノノ「名前は?」





カケル「ノノ、久しぶり。
俺、カケル」





ノノ「え!? カケル!?
久しぶりー」





かなみ&ゆいと「知り合い?」





カケル「俺の、好きな人」





ノノ「私の好きな人」





ゆいと「かなみ!
付き合って!」





かなみ「・・・嬉しい!
お願いします!」





ノノ「やったー!
2組のカップル誕生だー!」





4人「あはははは!」













*。・ 学校 ・。*





ひびき「ごめんー、黙ってて。
ユイトともカップルになれて、
ノノとカケルも
カップルなんでしょ」





かなみ「うん!
紹介してくれて
ありがとう!」





ひびき「どーいたしまして」





ゆいと「おはよう」





かなみ「ゆいと!
おはよう!」





ゆいと「(小声)
大好きだよー、かなみん」





かなみ「あだ名言った!」





ゆいと「何のことかな?」





かなみ「もっかい! もっかい!」





ゆいと「もう言わない!」





ゆいと「(小声)
大好きだよー、かなみん」







―END―

Like

この物語に投票する

小林 花南が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「新ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!