幼なじみなんか、好きじゃない??

CAST小林 花南小林 花南

作者:まいこすめ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2020.06.02






私は小林カナミ。
私は幼稚園からの幼なじみで、
仲のいい相棒がいる。





戸部コウショウ。





コウショウは、優しいけど、
ちょっとバカで面白いんだ。





今日は、女友達と
男友達と私達で、
放課後カラオケ行くんだ。





カラオケ”ニコニコボイス”で
待ち合わせだ。





「カナミー!」





「あっマノカ!」





「遅くなってごめんね」





「まだ男子来てないから、
だいじょーぶ!」





「バカナミーアホカー」





やっとコウショウと
レオンが来た。





「何歌う?」





「ここは『ずっと。』でしょー!!」





「なーん年後も百年後もー」





・・・ときは早く過ぎて、
もう18時半だ。





「カナミ、また明日ね!」





「バイバイマノカ!」





マノカとレオンは
同じ方向に帰った。





2人は付き合ってるらしい。





私は、もてないしな・・・





もしかして、一生独り??





うぉぉぉんぉん。





「おい、カナミ」





そうだ、コウショウ
こっち方向なんだった。





「何?」





「お前ってさぁ
意外といいやつだよな」





「なんで今ー?
当たり前じゃん!
あはは」





「じゃあな!」





あっ・・・
行っちゃった。





あれ? なんで私
こんなに寂しい気持ちに
なるのかな?





いつもはこんなこと
思わないのに・・・





そんなとき、後ろに
誰かいたような気がした。













*。・ 翌日 ・。*





「おはよう・・・えっ?」





黒板に書かれていたのは、
あいあいがさだった。





しかも、
私とコウショウ・・・??





「付き合ってるんでしょ?」





「マナちゃん?
マナちゃんが書いたの・・・?」





「だってぇ
昨日塾の帰りに
見ちゃったんだよねー」





昨日のあれは
マナちゃんだったんだ・・・





でも・・・





「付き合ってない。
あれはただ遊んだ帰りに
道の方向が一緒だっただけで、
幼なじみってのもあるし、
私とコウショウはあいぼ」





「もういいよ、言い訳は」





私の人生は
終わったと思った。





マナちゃんは
コウショウのこと
好きだという噂を
聞いたことがある。





はぁ・・・
もう、コウショウに
相棒やめようって言おう。













*。・ 放課後 ・。*





コウショウどこだろう。
屋上かな?







・屋上で・





「あっコウショウ」





・・・





「好きです!
付き合ってください」





マナちゃん
やっぱり好きだったんだ。





「いや、俺は
人を傷つけるやつは嫌いだ」





「なんのこと?」





「朝、カナミに
ひどいこと言っただろ」





「カナミや俺に、
もう近づくのやめて」





私は隠れて、コウショウが
出てくるのを待った。





私、本当は
コウショウのこと・・・





「コウショウ!」





「カナミ??」





「好き!」





「俺はお前のこと
好きじゃない」





「え?」





「大好きなんだよ」





「もうっ・・・
もぉもぉ」





私達が教室に戻ると
クラッカーが!





「カナミ、ドッキリだよ!」





「マノカ??」





「マナちゃんにも
協力してもらったの!
あとクラスのみんなにも!」





「カナミ、
めちゃくちゃ
人気者だもんねー」





「マナちゃん、マノカ、
レオン、みんなありがとう」







*end*

Like

この物語に投票する

小林 花南が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「新ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!