ビジネスパートナーから彼女になるには

CAST池端 杏慈池端 杏慈

作者:たぴおかみるくてぃー

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2023.01.21

「みなさーん!
おはこんばんにちは~!
あんです!」





「りゅうでーす」





「「ふたり合わせて、
りゅうあんです!」」





こんにちは!
私は、あんじ。
高校1年生。





「あん」って名前で
ユーチューバーやってるの。





で、隣にいるのが
りゅうのすけ。





りゅうって名前で
やってる。





りゅうのすけは
私のビジネスパートナー的な感じ?





チャンネルの設定上、
付き合ってることに
なってるんだけど、
実際には付き合っていない。





「あん、
今日の企画は!?」





「今日は~
ドゥルルルルルルージャン!
プロフィール帳交換です!」





「プロフィール帳交換?
俺、あんのことなら
割となんでも知ってるけど?」





「ソウデスカ・・・
でもまあ、たまには
こういうほのぼのした感じも
ありかなーと思いまして!」





そんな感じで
いつも撮影していく。





ここだけの話なんだけど・・・
私ね、りゅうのすけのことが
好きなんだ。





だから今日・・・
このプロフィール帳交換で書くの。





好きな人は
りゅうのすけですって。





「書けた~!」





「俺も終わり~」





「じゃあまずは・・・
りゅうから!」





ペラっとめくり、
どんどん読み上げていく
りゅうのすけ。





「かわいいと思う人はあんじ、
優しいと思う人はあんじ、
えーっと?
好きな異性はあんじです」





「え?」





「////
つっ、次はあんの番!」





なんか幻聴が
聞こえてたのかな?





そう思い、気にせずに
読み上げていく私。





「かっこいいと思う人は
りゅうのすけ、
おもしろいと思う人は
りゅうのすけ、
優しいと思う人は
りゅうのすけ、
好きな異性は
りゅうのすけです」





「え!? はっ!?」





「あんじ、なんて?」





「りゅう、素が出てるよ」





「今はそんなこと
どうでもいいよ。
あんじ、もっかい言って」





えぇ?
告白、というか
バラしたのはスルー?





「かっこいいと思う人は
りゅうのすけ、
おもしろいと思う人は
りゅうのすけ、
優しいと思う人は
りゅうのすけ、
好きな異性は
りゅうのすけ」





「俺のは、
かわいいと思う人はあんじ、
優しいと思う人はあんじ、
好きな異性はあんじ」





「え!?」





んん??
今、なんて?





「あんじ、好きです。
俺と付き合ってください」





「私でよければっ・・・
喜んで!」





りゅうのすけも
私が好きだったなんて・・・





なんやかんやありましたが、
ビジネスで付き合ってるふりを
していた私たちは
晴れて本物のカップルになれました!







**END**

Like

この物語に投票する

池端 杏慈が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!