転校前の思い出

CAST林 美央子林 美央子

作者:のののん

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.07.18

私の名前は、林ミオコ。





みんなから
ミオにゃんって
呼ばれてます。





私は、好きな人が
いません。





彼氏も欲しいと
思いません。





友達は、彼氏がいて
うらやましい。





「恋をしたい」と
あまりあそんでくれない。





落ち込んでた
そのときだった。





「もしかして林さん?
俺は、となりのクラスの
河島エイトだけど、
どうしたの?」





「実は――――で
遊べる人がいないの」





「そうか。
仕方がないな」





(もしかしたら
私の気持ち
わかってくれた?)





「もし、よかったら
明日も話して欲しいです」





「俺で良いのなら」





「ありがとう。
また明日」





急いで家に帰った。





そしたらお母さんが





「ミオコ、
転校することになったわ。
しかもパリに。
残り1週間よ。
楽しみなさい」





私はかなしくて涙がでた。













*....*....*....*





次の日
エイトくんに話した。





エイトくんは、
応援してくれた。





友達にも話した。





友達は、
泣いてしまった。





それから転校の日
みんなに挨拶した後。





私は旅立とうとした。





その時だった。





「ミオコちゃん。
俺は君のことが好きです。
遠距離恋愛になるかも
しれないけど、
付き合ってください」





私は「はい」と答えた。





それから私たちは、
遠距離恋愛だけど
幸せに、暮らしています。







*end*

Like

この物語に投票する

林 美央子が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!