夏恋

CAST若林 真帆若林 真帆

作者:れおぴぃ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2017.06.28

私。若林真帆。
ニコラ中学に通う中学2年生。





私には、好きな人がいる。
その人にも好きな人がいる。







・°・:・。・・。・:・°・:・。・・。・:





アスカ「おはよー!」





マホ「おは!」





この子は、川床明日香!





入学式の時。
転校してきた私に、
初めて声をかけてくれて・・・
今は親友いや。大親友!





アスカ「もうそろそろ
ニコラ夏祭りあるよー」





マホ「私、全然リア充じゃないから
誰もいない・・・」





アスカ「同じく」





アスカ「いや! いるじゃん!」





マホ「?」





アスカ「中島が、」





マホ「///」





私は、中島カイトのことが好き。





あの人は、同い年で同クラ。
名前を聞くだけでドキドキする///





アスカ「誘えば?」





マホ「でもね。あの人。
青井乃乃っていう彼女いるんだって」





アスカ「でも一応誘えば?」





?「何2人でこそこそ
話しとんねん!」





マホ・アスカ「ワタジュン!?」





ワタジュン(渡江ジュンヤ)は、
・・・男。
なんだけども一応親友。





マホ「実は・・・」





ワタジュン「そゆことね!」





アスカ「なにか作戦とかないかなぁ?」





マホ「私、思いついたんだけど!」





アスカ・ワタジュン「うん!」





マホ「あの人と乃乃さんと
私と明日香とワタジュンで
夏祭りにみんなで行くのは?」





アスカ「それいい!」





ワタジュン「じゃあ誘うからー!」













・°・:・。・・。・:・°・:・。・・。・:





マホ「待ち合わせ場所は
ここだよね?」





アスカ「うんうん!」





マホ「乃乃さんって
どんな子なんだろう?」





アスカ「うーん」





マホ「可愛くて」
アスカ「スタイルが良くて」
マホ「言葉遣いが良くて」
アスカ「スポーツ万能で」
マホ「勉強も出来て」
マホ・アスカ「もう完璧!」





ワタジュン「お待たせー!」





マホ「よっ!」





ワタジュン「お前の浴衣かわいい・・・」





マホ「・・・・・」





アスカ「私のはー!!」





アスカ助けてくれた。
一瞬ドキってしたかも・・・





カイト「お待たせ」





ノノ「初めましてー」





アスカ「じゃあはじめに
自己紹介をしようね!
私は、川床明日香!
中島と同じ、
ニコ学の中学2年生!」





マホ「私は・・・
若林・・・真帆・・・
あとはアスカと同じです」





ワタジュン「俺は、ワタジュン!
渡江ジュンヤ!
あとはみんなと同じくー!」





乃乃「えっと・・・中島じゃなかった
【カイト】の【彼女】の青井乃乃!
新湖社学校の中学2年生です!」





カイト「ご存知の通り
中島カイトです!」





アスカ「じゃあ二手に分ける?」





マホ「いいね!」





ワタジュン「じゃあジャンケンで・・・」





みんな「最初は、グージャンケンポン!」





結果
【アスカ・カイト・ワタジュン】
【ノノ・マホ】





カイト「じゃあ1時間後、ここ集合で!」













・°・:・。・・。・:・°・:・。・・。・:





マホ「ノノさんって
呼べばいいですか?」





ノノ「いやいや!
そこはタメなんだし、タメで!
もちろん呼び捨てOKだから!」





どうしよう・・・





いや! 思いっきり聞こう!





マホ「中島さんと
なんで付き合ったんですか?」





ノノ「・・・・・」





マホ「?」





ノノ「・・・実は、私は、好きな人がいました。
その人と両思いだったの。
ある日親がこの人、そう中島カイトさんと
将来結婚の話があるって言ってきた。
もちろん付き合えっても言ってきた。
いざその人に会ったら束縛。
こんな生活耐えられない・・・・・・」





マホ「・・・そんな。
中島さん、そんな人なんですか?」





ノノ「マホは、多分カイトのこと好きでしょ?
ならやめた方がいい。
あなたにはまだいるよ?
大切な人が」





マホ「私、想いを伝えたい!」





ノノ「その思い、
早く伝えてきな!」













・°・:・。・・。・:・°・:・。・・。・:





アスカ「りんご飴買わない?」





ワタジュン「いいね!」





カイト「・・・・・」





アスカ「どおしたの?」





カイト「チッ。
アイツ連絡ねーし」





アスカ「え?」





カイト「ノノが連絡でねーんだよ!」





ワタジュン「ハルキどおした?」





マホ「いた!!」





ワタジュン・アスカ「どうした?」





マホ「私、ずっと前から好きだった!
ワタジュンが!」





ワタジュン「?」





アスカ「どうして・・・」





ノノ「実は・・・」





アスカ「中島が
そんなやつだったなんて」





ノノ「違いますよ!」





ハルキ「ノノがマホちゃんを見た時から
ワタジュンのことをチラチラ見てたって」





ノノ「私、恋愛のスペシャリストなんで!」













・°・:・。・・。・:・°・:・。・・。・:





ワタジュン「俺も好きだった!」





マホ「一生隣にいてくれますか?」





ワタジュン「もちろん・・・」







・°・:・。・・。・:・°・:・。・・。・:





前からワタジュンが
好きだったんだね!





ノノとはあの時から仲良し!





まさか嘘をついてるなんて!





でもおかげで
自分の気持ちに気づけた!







*end*

Like

この物語に投票する

若林 真帆が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!