私と魔法使い

CAST若林 真帆若林 真帆

作者:ユニコーン

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2018.11.10

はじめまして!
中学2年の若林真帆です!





?「おはよー真帆!」





この人は
私と同じクラスの
渡江純也。





私の幼なじみで
好きな人なの。





マ「おはよー! 純也!」





ジ「今日も学校か~
面倒くさいな」





マ「そう?
私は学校充実してるから
面倒くさくはないよ」





ジ「いや、真帆より
俺の方が充実してるな!」





マ「なんで?」





ジ「だって俺の方が
真帆より勉強できるし!
俺の方が充実してるな!」





マ「私だって!
本気出せば・・・」





ジ「真帆には
一生無理だな笑笑」





マ「なんでよ?!
てか、勉強だけで
充実してるとか
わからないでしょ笑笑」





ジ「まぁな」





?「おはよー
真帆ちゃん!」





この子は隣のクラスの
高田凛ちゃん。





私たちが通ってる
ニコラ学園1番の美女!!





その凛ちゃんが
純也のことを好きなんじゃないか?
という噂が流れてるらしい・・・





リ「ごめん! 真帆ちゃん
数学の教科書忘れたから
貸してくれない?」





マ「オッケー!
いいよ!」





リ「ありがとう!
あっ! 純也くんもおはよー」





ジ「おはよー」





キーンコーンカーンコーン。





リ「あっ!
じゃあそろそろ
私行くね!」





マ「うん!
バイバイ~」





凛ちゃんは絶対
純也のことが好きだ・・・





いつの間にか2人が
付き合うかもしれない。





どうしようか・・・













*。・ 真帆の家 ・。*





マ「あー!
絶対凛ちゃん
純也のこと好きだよね」





私も凛ちゃんみたいに
かわいかったらなぁ。





誰か私の恋を
応援してくれないかなぁ。





マ「魔法使いでも
なんでもいいから!
私の恋を応援してください!!!」











って言っても
なにもならないよね。





?「おい! 真帆!」





私の後ろから
声が聞こえた気がする・・・





後ろを見ても誰もいない。





マ「気のせいか・・・」





私が言った次の瞬間・・・





?「おい!
若林真帆!!」





マ「わっ!!」





大声で名前を呼ばれて
ビックリした・・・





マ「って!
あなた誰?!」





そこには全身黒の服を
着ている男の子がいた。





?「俺か?
俺は雨宮翔!
魔法使いだ!」





魔法使い?





マ「魔法使いって
アニメの世界じゃないんだから・・・笑」





カ「なんだ、
信じてないのか・・・」





そりゃ信じないよ。





逆にいきなり変な奴が
きたって思うよ。





カ「じゃあ真帆、
今欲しい物をいってみろ」





マ「じゃあ・・・
うさぎのぬいぐるみ・・・」





ポン。





次の瞬間、私の目の前に
ウサギのぬいぐるみがおいてあった。





マ「えっ! すごい!!
本物なの?」





カ「本物だし、信じたか?
俺が魔法使いっていうこと・・・」





マ「えっ、じゃあなんで
翔はここにきたの?」





カ「はぁ?
お前がここに来いって
言ったんだろうが!」





マ「はぁ?
私そんなこといってないよ?!」





カ「はぁ?!
お前はバカか?」





マ「バカは、初めてあった人に
いうもんじゃないでしょ」





カ「お前、数分前にさ・・・」













*。・ 数分前 ・。*





マ「魔法使いでも
なんでもいいから!
私の恋を応援してください!!!」







*。・ 今 ・。*





マ「確かに
言いましたけど・・・」





カ「まさか本当に来るとは
思わなかっただろ?」





私は素直に
うなずいてしまった。





そしていつの間にか翔は
私のベッドの上に座っていて





私はいつの間にか
ベッドの下で正座していた・・・





カ「まぁ俺もなんにもなしで
ここに来ている訳じゃない」





マ「なんかあるの?」





カ「俺が真帆の恋に協力したりして
最終的に両思いで
お互い好きって言いあったら
俺の任務は終わって
魔法使いの世界に帰れる」





マ「それだけ?」





カ「いや、任務が成功したら
俺の願いを1つ叶えてくれる」





マ「翔の願いってなに?」





カ「立派な魔法使いに
なることだ!」





そのとき翔は
1番の笑顔で
言ってくれた。





本当に叶えたいんだ。





マ「えっ、じゃあさ
魔法で人の心を操って!」





カ「人の心を操つる魔法は
使ったらいけないルールだ」





マ「えーじゃあ
魔法の意味ないじゃん」





カ「俺の判断で魔法は使うから
そこのところよろしくな」





マ「うん・・・」













*。・ 次の日 ・。*





ジ「おはよー!
真帆・・・?
なんか元気ないぞ?」





マ「えっと・・・
昨日は寝れなくてさ・・・」





ジ「ふーん」





本当は翔のせいで
寝れなかったんだけどなぁ。













*。・ 昨日の夜 ・。*





カ「そういえば
任務が終わるまで
お前の部屋に住むからな」





マ「はぁ?! 無理だよ」





カ「あっ、大丈夫。
お前の家の人には
俺のこと見えない魔法を
使ってるから・・・」





マ「いや、そういう
問題じゃなくて・・・」





カ「もちろん、
下に布団ひいて
1人で寝るからな」





マ「それは
あたりまえだよ・・・」





カ「あと、俺が
魔法使いっていうこと
誰にも喋るなよ」





そのまま翔は
寝ていった。





その後私は
色々考えて・・・













*。・ 今 ・。*





昨日は考えすぎた、
眠いよ・・・





先「おーい。
今日は転校生がいるぞ!
入ってきて!」





ガラガラ。





カ「はじめまして!
雨宮翔です!
よろしくお願いします」





マ(えっ!
翔? なんで?)





先「せっかく
転校生も来たから
席替えでもするか!」





ジ「席替えか、
楽しみだな真帆!」





今、私と純也は
席が隣なのに?!





翔が魔法を使ったの?





なんで?













*。・ 数分後 ・。*





ジ「おー!
今度は俺の後ろに
真帆がいるんだなぁ」





良かった。
純也が近くにいる。





マ(隣は誰だ?
・・・まさか!!)





カ「隣は真帆さんか~
よろしくね」





やっぱり翔だ・・・





てか、なんでみんなの前では
真帆「さん」なの?





カ「あっ!
純也さんも
よろしくお願いします」





ジ「よろしくー!
てか純也でいいよ別に笑笑」





カ「じゃあ・・・
よろしく! 純也!」





めっちゃ翔と純也
意気投合してる・・・













*。・ 真帆の家 ・。*





マ「ただいま~」





カ「おかえり~」





マ「てか、なんで
学校にいるの?」





カ「そりゃ近くで
サポートしないと
いけないからね」





マ「家に帰ったら、
家族に姿見えないように
しといてね」





カ「はーい、それより
純也っていいやつだな」





マ「そりゃそうだよ!」





カ「それで考えたんだが、
今度合宿があるだろ?
そこでアピールしろ」





マ「えー!
どういう風に
やればいいのか・・・」





カ「じゃあ俺を純也と思って
リハーサルやれ」





マ「えー」





カ「返事は?」





マ「は、はい・・・」





カ「よし!
じゃあまずは
告白のリハーサルするぞ」





マ「え?
まずは喋ることとか
じゃないの?」





カ「俺も早く帰りたいからな」





マ「自分の都合?!」





カ「じゃあ俺に告白しろ」





マ「無理だよ~」





カ「俺は純也じゃないから
大丈夫だろ?」





マ「じゃあ・・・
ずっと前から気になってました!
付き合ってください!」





カ「俺も好きだよ」





マ「え?」





カ「俺は純也役だから
言ったんだよ、バーカ!」





と言われて、私は翔に
デコピンされた。





マ「痛い!」





私は翔の顔を見ると
少し顔が赤かった。





マ「翔、なんか顔赤いよ?」





カ「大丈夫・・・」





翔どうしたんだろ?













*。・ 合宿日当日 ・。*





今日は合宿だ。





ちゃんと上手く
できるかな?





先「それじゃあ男女2人
ペアで移動してくださいね」





マ「純也!
一緒に行かない?」





ジ「あ、ごめん・・・
凛ちゃんとペア組むことに
なってて・・・」





マ「あっ、そうなんだ・・・」





リ「ごめんね、真帆ちゃん」





すると凛ちゃんが
私の方によってきて小声で、





リ「真帆ちゃんも
純也君のこと
好きなんだね?」





マ「?!」





リ「でも純也くんは
私のものだから・・・」





そして凛ちゃんは
ニコッと笑い
純也の方へ戻っていった。





ジ「真帆?
大丈夫か?」





マ「気にしないで。
大丈夫だから」





今にも涙が
あふれでてきそうだ。





ジ「他に組む人いるか?」





マ「えっーと・・・」





カ「あ! 真帆さん!
俺とペア組んでくれない?」





翔!





ジ「おー!
翔がいたか」





カ「俺もペア組む人いなくてさ、
真帆さんいい?」





マ「う、うん!
いいよ!」





はぁーせっかくの
純也と2人きりになれる
チャンスが・・・





凛ちゃん怖かったな。





やっぱり凛ちゃんも
純也のことが好きなんだよね。





もう純也と凛ちゃんって
付き合ってたりして・・・





カ「おい!
真帆!」





マ「!」





カ「俺が喋ってるのに
返事ないし!
俺らしかいなくなったぞ!」





マ「あっ!
ごめん・・・」





カ「どーせ
落ち込んでるんだろ」





私は自然にうなずいた。





カ「歩きながら喋ろうぜ、
みんなから遅れると
めんどくさいし・・・」





また私はうなずいた。







*・。+ *・。+ *・。+ *・。+





私は下を向きながら
歩いている。





翔も静かだ。





カ「まだチャンスは
あるだろ?」





マ「うん・・・」





カ「おい、真帆!
お前泣いてるのか?」





マ「えっ!」





ほんとだ。
涙がでてる。





いつの間に。





カ「ほら!
これでも食べて
元気だせよ!」





すると翔は私の手のひらに
魔法で飴を出してくれた。





私はその飴を食べた。





甘い。
美味しい。





心が少し楽になった。





すると私は自然に・・・





マ「翔?
抱きついてもいい?」





カ「えっ!」





マ「ダメ?」





翔は少し戸惑ってから。





カ「いいよ」





私は翔に抱きついた。





ホッとする。





マ「あたたかいね・・・」





カ「・・・」





なんで私、翔に
抱きついているんだろう。





カ「そろそろ行くぞ」





マ「うん!」





私は自然に
笑顔になっていた。





私たちは、30分遅れて
みんなと合流した。













.*





そしてその日の夜。





私がテントのなかで
眠ろうとしていると・・・





リ「真帆ちゃん大変!
純也と翔君が
行方不明になったって!」





マ「え!」





リ「一緒に探しに行こ!」





マ「う、うん!」





私たちは急いで
2人を探しに行った。





翔大丈夫かな?





あれ?





なんで私、翔のこと
心配してるんだ。





翔は魔法使いだし
大丈夫なはず。





えっ、じゃあなんで
行方不明?





まさか。





私は立ち止まった。





リ「真帆ちゃんどーしたの?
急がないと・・・!」





マ「凛ちゃん、
嘘ついてない?」





リ「え、なんで?」





マ「なんとなくだけど・・・」





リ「・・・」





凛ちゃんが私の方を見て。





リ「そうだよ!
もともと2人は
行方不明じゃないの!」





凛ちゃんは
人が変わったように
しゃべってた。





マ「え、じゃあなんで?」





リ「お前を崖から
突き飛ばすためだよ!」





いつの間にか後ろを見ると
そこは崖だった。





リ「ずっと純也の近くにいた
お前が邪魔だったんだよ!」





マ「・・・」





リ「じゃあね、真帆ちゃん」





凛ちゃんが
そう言った次の瞬間、





大きい風が吹いた。





私は目をつぶった。





そして私が目をあけた瞬間、





凛ちゃんが崖から落ちる
寸前だった。





マ「凛ちゃん!」





私は急いで
凛ちゃんの手を握った。





リ「どうして助けるの?」





マ「それより!
今は助かることを
優先して!」





リ「うん・・・」





私は力いっぱい振り絞って
凛ちゃんを
引き上げようとした。





すると、





また強い風が吹いた。





そして。





リ「真帆ちゃん!
真帆ちゃんが
いるところの岩が!」





マ「え?」





次の瞬間。





ガシャーン。





私がいるところの
岩が崩れた。





なんとか片方の手で
岩をつかんでいるが
もう限界だ。





でも私が落ちたら
もう片方の手を握ってる
凛ちゃんも落ちる。





リ「真帆ちゃん大丈夫?」





マ「凛ちゃんの近くにある岩を
両手で掴める?」





リ「うん、つかんだけど・・・」





私はその声を聞いた瞬間
岩から手を離した。





リ「真帆ちゃん!」





私はまっ逆さまに
落ちていく。





凛ちゃんは
岩につかまってるから
今のところ大丈夫だ。





翔、凛ちゃんだけでも
助けてあげて。





翔、バイバイ。





私は目をつぶった。













*.





あたたかい。





あれ?
私生きてる?





私はそっと目をあけた。





目を開けると。





カ「おい!
真帆大丈夫か?」





私は翔にお姫さま抱っこを
されながら浮いていた。





マ「私、生きてるの?
凛ちゃんは?」





私がそういうと
翔は崖の上に
おろしてくれた。





カ「バカ!
なんで自分のことを
心配しないんだよ!」





といって私を抱きしめた。





心配してくれたんだ。





カ「凛は俺の魔法で
助けたんだよ!
もちろん俺が
魔法で助けた記憶をなくして
新しい記憶を塗り替えておいた」





マ「良かった~」





カ「俺にはお前が
必要なんだよ!」





マ「えっ!
今なんて?」





翔は顔を真っ赤にした。





カ「俺は!
真帆のことが好きだ!」





マ「翔が私を?」





カ「そうだよ・・・
過ごしているなかで
だんだん好きになってたんだよ!」





私も翔のことが
好きだよ。





いつも笑顔で
優しくしてくれる
翔が大好き。





でも・・・





カ「真帆のことが好きだ!」





マ「ごめんなさい・・・」





カ「そうだよな・・・
真帆は純也のことが
好きだよな・・・」





マ「違うの・・・
私も翔と同じ気持ちだよ!
でも・・・私が言ったら
お互い言い合ったってことでしよ?
そしたら・・・」





カ「俺が魔法使いの世界に
帰ってしまうっていうのか?」





マ「うん・・・」





翔がいなくなるのが嫌だ。





ずっと翔と一緒がいい。





カ「真帆? 目開けて」





私が目を開けると。





マ「ネックレス?」





私は手のひらに
指輪がついてるネックレスを
握っていた。





カ「俺とお揃い」





マ「すごい! いいの?
こんなのもらっていいの?」





カ「俺はお前のこと
絶対忘れないからな!
このネックレス、
俺とお前だけの宝物な!」





翔は強く言った。





マ「私も忘れないよ、
翔のこと!」





翔ありがとう。





大好き。





カ「改めて言うよ」





マ「うん!
最後は笑顔でね!」





カ「真帆、大好きだよ」





マ「私も、大好き!」





私は最高の笑顔で言った。





ふと見ると
翔はいなかった。













*・。+ *・。+ *・。+ *・。+ *・。+





それから1週間たった。





みんな翔のことは
私以外
覚えていなかった。





凛ちゃんも
謝ってくれた。





翔の言った通り
凛ちゃんの記憶も
塗り替えられていた。





そして凛ちゃんとは
親友です。





マ「凛ちゃん、おはよー」





リ「おはよー! 真帆!
そろそろ真帆も
凛ちゃんじゃなくて
凛って呼んでよ!」





マ「じゃあ・・・凛!
おはよー!」





リ「やっとよんでくれた!
あ! 純也おはよー」





翔がいなくなってから
凛が純也に告白して
付き合ったんだって。





ジ「おー!
凛、真帆おはよー!」





リ「ねぇねぇ2人とも!
今度私の家で
ハロウィーンパーティーしない?」





マ「いいね! 行きたい!」





ジ「俺も行く!
なんの仮装しようかな~」





リ「私、赤ずきんの
コスプレする!」





ジ「じゃあ俺は
海賊のコスプレをしようかな?
真帆はどーする?」





マ「私は・・・」





キーンコーンカーンコーン。





リ「じゃあ
自分のクラス戻るね!」





マ「バイバイ」





ジ「そういえば今日
転校生くるんだって、
真帆知ってた?」





マ「転校生か~」





翔も転校生で
きたんだな~。





もしかして翔が・・・





来るわけないか。





先「雨宮君!
入ってきて!」





マ「!」





カ「雨宮翔です!
よろしく!」





マ「!」





先「せっかく
転校生が来たから
席替えでもするか!」





ジ「おー!
席替えか!」





今は純也が
私の前の席だ。





マ「席替え
どうなるのかな?」











*。・ 数分後 ・。*





ジ「おー!
また真帆の前の席か、俺は!」





マ「・・・」





ジ「真帆!」





マ「翔だよね?」





私の隣の席には
翔がいる。





カ「真帆、久しぶり」





マ「か、翔!」





先「若林さん!
うるさいですよ!」





マ「す、すいません・・・」





カ「すいません!
先生、真帆に学校案内して
もらってもいいですか?」





先「今から休み時間なので
その間にだったらいいですよ」





カ「ありがとうございます」





マ「えっ!
どういう意味?」





カ「真帆、行こ!」





マ「えっ!
ちょっと!」













*。・ 屋上 ・。*





マ「翔だよね?」





カ「何回も聞くなよ笑笑」





マ「えっ、魔法使いの世界に
帰ったんじゃなかったの?」





カ「帰ったよ」





マ「じゃあなんで
ここにいるの?」





カ「任務が終わったら
俺の願いが叶うって言ったじゃん?
その願いを普通の人間になって
真帆と幸せに暮らしたいって
言ったんだよ」





マ「じゃあ今翔は
魔法が使えない普通の人?」





カ「そうだよ」





私は嬉しかった。





マ「翔のバーカ!
魔法使いやめてここまで来て・・・
ほんとにバカ!!」





私は泣きながら翔に言って
翔に抱きついた。





カ「バカで悪かったな笑笑」





マ「翔にもらった
指輪のネックレス、
大事にしてたんだからね!」





カ「俺も笑」





マ「大好きだよ」





翔「俺も大好きだよ」













*。・ ハロウィンパーティー当日 ・。*





ジ「おー!
翔は魔法使いのコスプレか!」





カ「純也も海賊のコスプレ
似合ってる」





ジ「そうだろ!
そういえば真帆と凛は?」





リ「お待たせ~」





ジ「凛、赤ずきんのコスプレ
似合ってるな~」





リ「でしょ~!
真帆も来てるよ!」





マ「ど、どうかな?」





カ「なんか真帆らしい
コスプレだな、猫って」





リ、ジ「同感だね」





マ「なんで私だけ
似合ってるって
言ってくれないの?!」





カ「嘘だよバカ笑
かわいいよ」





翔はすぐ純也と
凛と仲良くなって。





この4人でいることが
多くなったな~。





リ「真帆!
みんなで写真とるよ!」





マ「はーい」





この奇跡も
魔法なのかな?





わからないけど。





この幸せが
ずっと続きますように。







リ「いくよ!」





カ「真帆!
もっと俺にくっついて!」





マ「う、うん」





カ「お前、心臓の音
めっちゃ聞こえるぞ」





マ「!」





翔は少し笑って。





カ「バーカ」





リ「はい! チーズ!」





カシャッ。





そして翔の側に
ずっといられますように。







*・おわり・*

Like

この物語に投票する

若林 真帆が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!