オタク南の好きな人

CAST田中 南田中 南

作者:あむあむ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2020.06.07






やっほー!
私、田中南。
ニコ学の2年だよ!





実は私、オタクで
アニメが大好きなの!





アニメと同じぐらい
好きな人がいるんだ!!





その人の名前は・・・
紀田直哉。





ナオヤはみんなを
したの名前で呼ぶの。





だから私は
ミナミって呼ばれてる。





ナオヤ君とはたまに
挨拶や会話をするぐらい。





サッカー部に所属していて
学園1モテる男子。





オタクの私には
高嶺の花。













*。・ 休み時間 ・。*





この子は、加藤咲希。





隣の子は、組橋星奈。





2人とも
私のオタク仲間。





私たちは
ベリーベリープリンズが
大好きなの!





サキ「たけるくん
かっこいいよね~!」





セナ「あいりちゃんも
可愛いよー!」





ミナミ「わかるー!」





ナオヤ「わかるわー!」





3人「え?」





ナオヤ「あ、いや、
なんもない」





なんで知ってるの?
ナオヤ君。













*。・ ミナミの家 ・。*





ナオヤ君のことが
好きってことを
2人に伝えなくっちゃ!





ミナミ「あのね、わたし、
ナオヤ君が好きなの」





セナ「お! いいじゃん!」





サキ「告白したら?」





ミナミ「でも・・・」





サキ「勇気出して!
自分の気持ちでしょ?」





セナ「そうだよ」





ミナミ「やってみる・・・」





セナ「じゃあ、まずは
アピールでしょ!」













*。・ ナオヤとミナミのLINE ・。*





ミナミ《ねぇ》





ナオヤ《何?》





ミナミ《次の試合、
見に行ってもいい?》





ナオヤ《もちろん! いいよ!》





ミナミ《ありがとう》





ナオヤ《ミナミが来るなら
頑張らねーとな》





ミナミ《私がいなくても
頑張ってよ!》





ナオヤ《わかってーよ》













*。・ 試合 ・。*





ミナミ「頑張れー!」





ミナミ「やったー!」





シュートだ!
ナオヤ君すごーい!





?「あら?」





ミナミ「ん?」





メアリ「あ、田中さんだ!」





この子は林芽亜里。
学園1の美少女。





すごくあざとくて
女子の前では感じ悪いけど
男子のまえでは
超ぶりっ子で私は苦手。





メアリ「なんでいるの?」





ミナミ「それは・・・」





メアリ「ナオヤ君が
好きなんでしょ」





ミナミ「え・・・」





メアリ「あんたみたいなオタクが
ナオヤ君と釣り合うと
思ってんの?
釣り合うのはこの私」





ミナミ「うっ」





私は泣いてしまった。
悔しくて、悲しくて・・・





ナオヤ(どうしたんだ? ミナミ)













*。・ 試合後 ・。*





ナオヤ「メアリ!
あとで俺んとこ来て!」





メアリ「わかった!」





それを私は
聞いてしまった。





ナオヤ君、
なんでメアリちゃんを
呼び出してるの?





ちょっと
見に行ってみよう。













*。・ 呼び出し ・。*





ナオヤ「ねぇ、さっき
ミナミ泣いてたけど
なんでか知ってる?」





メアリ「え! そうなのー??
私、知らなーい!」





ナオヤ「そうか・・・」





メアリ「そんなことよりー、
私、ナオヤ君に
言いたいことがあるの」





ナオヤ「なに?」





メアリ「私、ナオヤ君のことが
好きです!
付き合ってください!」





ナオヤ「ごめん。
俺、好きな人がいる」





メアリ「そっか・・・
じゃ、じゃあね!」





やっぱり学園1モテる
男子だもん。
好きな人ぐらい、いるよね。





それから1週間ぐらい
私はナオヤ君を
避けてしまった。





ナオヤ(俺、なんかしたか?)













*。・ 放課後 ・。*





ナオヤ「あとで
渡り廊下来て」





ミナミ「わ、わかった」













*。・渡り廊下・。*





ナオヤ「ミナミ最近、
俺のこと避けてるよね?
俺、なんかしたか?」





ミナミ「ナオヤ君は
なにも悪くないよ」





ナオヤ「良かった」





ミナミ「ごめんね。心配かけて」





ナオヤ「いいんだ。それより、
俺、ミナミに
言いたいことがある」





ミナミ「何?」





ナオヤ「俺、ミナミが好きだ!
俺と付き合ってください!」





ミナミ「いいよ! でも・・・
私、オタクだよ?」





ナオヤ「うん!
ミナミがいい。
実は俺もオタクなんだよ。
今まで黙っててごめん」





ミナミ「だから私とサキとセナが
ベリーベリープリンズのこと
話してたとき
話が分かったんだ!」





ナオヤ「そう」





ナオヤがこっちに
歩いてきた。





ぎゅっ





ミナミ「わっ!」





ナオヤ「だから、
ミナミがいい」





ミナミ「嬉しい、ナオヤ君」





ナオヤ君の手が
私の肩に乗って
ナオヤ君が私を見つめる。





ナオヤ「あとさ、
その君付けやめて。
ナオヤって呼んでくれよ」





ミナミ「うん、ナオヤ」





ぎゅっ





もう1度ナオヤが
私を抱きしめた。





ミナミ「大好きだよ! ナオヤ!
アニメと同じぐらい、いや、
アニメよりもずっと・・・」







*。・END・。*

Like

この物語に投票する

田中 南が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!