うちが本当に欲しいもの

CAST林 美央子林 美央子

作者:りるくり~む/////

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.04.08

うちは、林財閥の
若き当主ミオコ!





自分で言うのも
なんだけど、





うち・・・
超お金持ちなんや!





総合資産は10兆円。
やからなんでも買える♪





けどその分うちには
両親2人交通事故で
亡くなっとるで、





その分の遺産でも
あるねん、





せやから
大切にせんと
あかんのよ。





だから
今うちには





メイド達と
執事のルキねぇが





うちの家族みたいな
もんなんや。





もちろん
執事もメイドも
優しくて
頼りになるんよ!





せやからうちは
みんな大好き。





特に執事のルキねぇの
ことはね/////





ミオコ「ルキねぇ?
ちょっときてーー」





ルキ「なんでしょうか?」





ミオコ「ルキねぇは
なんで頭ええのに
なんで高校
行かんかったん?」





ルキ「・・・」





ミオコ「なんや、
だまって・・・
うちだって
心配なんやよ?
うちの面倒
見てくれんるのは
本当助かっとるけど
ルキねぇがそれで
本当に幸せなのかは
うちにはわからへんから、
ルキねぇのしたいって
思ったことを
うちはしてほしいんや」





ルキ「・・・ミオコ様には
わかりませんよ・・・」





ミオコ「??」





ルキ「私はミオコ様が
好きだから
ずっとそばにいるんです」





・・・へっ?!





いっいっ今
私のこと
好きって言った?!





ミオコ「ルキねぇ・・・」





ルキ「あーー
今の忘れてください。
すみません、
こんなこと言っても
ミオコ様が
引くだけですよね」





ルキねぇは
今の告白を
忘れるようにと、
いつもの仕事顔に
戻りながらも、
耳まで赤くなって、
ゆでたこみたいや。





あーーほんと
ルキねぇってバカや。





ミオコ「ルキねぇが
今の告白
取り消すんやったら、
うちが先に
言わせてもらうで、」





ルキ「ミオコ様? ・・・」





ミオコ「うちはずっと
ルキねぇが好きや!
友情とか
家族愛とかやない。
本気の恋愛感情をもっとる。
せやから1番大好きな
ルキねぇには
自分の好きなことをやって
人生過ごして欲しいんや!」





やば、
うちめっちゃ
顔あかいわ。





こんな顔
見られたくない!





ルキ「ふふっ。
私達同じ気持ちを
持っていたのですね」





ミオコ「これは
10兆円の資産
もっとっても
絶対買えんもんやから」





ルキ「なので、私は
ミオコ様のそばを
離れるわけには
いきませんので、
これからもよろしく
お願いしますね♪」





ミオコ「はっはい!」





ルキ「けど、ミオコ様は
林財閥の当主ですから、
こういったことは
まずいのでは?」





ミオコ「あっ・・・」





ルキ「それに、
今日もお見合い写真
何百枚も届いてますよ?」





ミオコ「そんな・・・」





まだまだ私達には
問題が山積みです・・・





けど、





ミオコ&ルキ「ふふっ」





楽しそうなんで
いいですよね♪







*end*

Like

この物語に投票する

林 美央子が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!