卒業式のカップルプロジェクト

CAST安村 真奈安村 真奈

作者:めめたん

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.01.03

私、安村真奈。
ニコラ学園に通う
中学3年生です。





私には・・・
小さい頃からずっと
変わらない
好きな人がいます。





?「マナ!
おはよう!」





マナ「あっレオン・・・!
おっおはよう」





レオン「相変わらず
クールだな笑」





(ちゃんと話せる
チャンスだったのに・・・
私のバカ!)





この人が
同じクラスの幼なじみ、
そして私の好きな人、
レオン。





中1のときに
一目惚れしてから
ずっと好き。





明るくて
運動神経抜群、
唯一勉強は苦手だけど
クラスのモテモテ人気者。





それに比べて
私は・・・





人見知りで静か
唯一勉強だけはできる
地味女子・・・





レオンには
釣り合わないな。











*。・ 学校 ・。*





メアリ「マナ
もうすぐ卒業式だね!
私絶対泣いちゃうよ泣」





マナ「そっか・・・
もうすぐ
卒業なんだ・・・」





メアリは
レオンと同じく
幼なじみで
3人で幼稚園の頃から
仲良しなんだ。





そして唯一私が
レオンのことを
好きなのを知ってるの。





メアリの前では
明るい自分でいられる
気がするんだ。





メアリ「卒業式といえば
やっぱりニコラ学園
毎年恒例の
『ニコ学カップルプロジェクト』
だよね!」





ニコ学カップル
プロジェクトとは、
生徒会主催の卒業式に
行われるイベントなの。





3年生の男子が女子に
自分の第二ボタンを
渡して告白するの。





メアリ「そういえば
レオンが出るって
噂だよ?」





マナ「えっ!?
そんな・・・」





(嘘・・・レオンが?
誰に告白するんだろう・・・)













*。・ 放課後 ・。*





レオン「マナ!
一緒に帰ろうぜ!」





マナ「うっうん。
(モヤモヤ・・・)」





レオン「ほんとマナって
前よりよそよそしく
なったよな笑」





マナ「そんなこと・・・
ないよ。
ごめん、私
今日急いでるから!」





レオン「おっおい!
マナ!?」





逃げ出しちゃった・・・





どうしてもレオンが
告白プロジェクトに
出るって聞いてから
モヤモヤする。





レオンは・・・
誰が好きなんだろう。













*。・ LINE ・。*





メアリ《マナ!
レオンから聞いたよ?
帰ってる時に
走って帰っちゃったって!
どうしたの?》





マナ《ごめん・・・
どうしてもレオンが
他の人に告白するって聞いて
モヤモヤしちゃって・・・》





メアリ《マナ・・・
少しでも自分に
告白するかもとか
思わないわけ?》





マナ《えっ?
そんなの
あるわけないじゃん!》





メアリ《・・・やっぱりマナは
ネガティブなところ
直した方がいいよ?》





マナ《そうだよね、
どうしても
私なんかって
思っちゃって・・・
直したいんだけどね》





メアリ《・・・じゃあ、
卒業式の前に
一緒にヘアメイクして
行こうよ!
楽しみにしてて!》





マナ《ほんと!
ありがとう・・・!》













*。・ 卒業式当日の朝早く ・。*





メアリ「おはようマナ!」





マナ「おはよう。
ずいぶん早い時間から
準備するんだね・・・
((あくび」





メアリ「まあね!
早速始めるよ!」













*。・ 1時間後 ・。*





メアリ「完成!
やっぱりマナは
元がいいから
簡単だったよ!笑」





マナ「これが・・・私!?」





鏡に映っていたのは
サラサラストレートヘアの
別人みたいな私。





マナ「すごい・・・
こんなに
変わるんだ」





メアリ「頑張ってね」





マナ「えっ?」





メアリ「なんでもなーい!笑」













*。・ 学校 ・。*





マナ (卒業の日くらい・・・
勇気出さなきゃ・・・!!)





マナ「れっレオン!
おはよう!」





レオン「えっ・・・マナ?」





マナ「やっぱり変かな・・・?」





レオン「いっいや、
可愛い・・・((ボソッ」





マナ「なんか言った?」





レオン「なっなんでもない!」





卒業式は順調に
進んで行った。





そして・・・ついに
ニコ学カップル
プロジェクトが始まった。





司会者「さぁ!
今年の告白挑戦者は・・・
3年2組丸田レオン君!」





マナ(やっぱり
ほんとだったんだ・・・)





司会者「今回は誰に
告白するんですか?」





レオン「俺が告白するのは・・・」





マナ(覚悟決めた
つもりだったけど
やっぱり胸が苦しい・・・
レオンが誰かの彼氏に
なるなんて・・・
そんなのやだ)





私は気づいたら
立ち上がっていた。





ザワッ!





レオン「マナ?」





マナ「わっ私
レオンが好き!
だからレオンが
他の人の彼氏になるの・・・
やだ」





司会者「なんと逆告白です!
今年は盛り上がる
展開になりました!」





マナ「・・・っ」





レオン「あのさ・・・
俺の好きな人、
マナだよ?」





マナ「へっ?」





びっくりしすぎて
変な声が出た。





マナ「嘘・・・ほんとに?」





レオン「気づいてると
思ってたんだけどな。
気づいてなかったんだ笑」





マナ「全然
気がついてなかった・・・」





レオン「改めて
俺からも告白させて?
マナ、小さい頃から
ずっと好きでした。
俺でよければ
付き合ってくれませんか?」





マナ「はい!
よろしくお願いします」





私は今
1番幸せな
卒業生です。







*end*

Like

この物語に投票する

安村 真奈が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!