夏祭り恋予報

CAST若林 真帆若林 真帆

作者:リンゴ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2017.06.20

今日私は1人でいるはずだった。





私は中学1年生。
若林まほといいます!





私は学校で、
いつも1人。





幼なじみだって
1人もいない。





目がわるくて
メガネをかけている。





嫌われる原因は
私が1番わかっている。





今は、夏。





入学式から、
そこから嫌われたのだとおもう。













~入学式~





私は一目惚れというやつを
してしまったのだ。





入学式から
ものすごい人気で
モテモテだった男の子に
恋をした。





そこで、
ダメもとで、
告白したのです。





しかもその答えが、
OKだったのです!





そこで付き合うことに
なったけれど、
付き合って1ヶ月で
別れてしまった。





女の子みんなの視線が
急にすごいことになってしまって、
彼氏も私のことを
いつのまにか
嫌いになっていたのだという。





それから
夏になって
しまっていて、、、、、、、、、、





今、1人。





夏祭り。
ひそかに好きな男の子を
好きになっていて、、、、





その子は、
わたえじゅんくん。





みんなから、
わたじゅんといわれている。





じゅんくんは
転校生で、
6月に転校してきた。





もうクラスになじんでいる!





すごい!って、
正直思う。





毎日途方にくれて帰っている。





そこへ、
「まほちゃん!
まほちゃん!」
という声が聞こえる、、、、、





聞いたことのない声だ。





だいたい
私に声をかける子など
いないし、、、
と思い、





その時は、
スルーした。











.*





「ただいま~」





家に帰ってきた。





キツイ学校から、
やっと帰ってこられた
解放感!





最高!
と思っていた。





そしたら、
ピンポーンと
インターホンがなった。





がちゃ。





出てみると
じゅんくんがいた!





ビックリして
呆然としていた。





数秒たって
じゅんくんが、
「ごめん!」
といった!





「どうしたの?」
ときくと・・・





「挨拶が遅れてごめん!」
と言われて。





「ごめん!」の理由は、
こういうことだったという。







――――――――
――――――
――(回想)



じゅんくんは、
さりげなーく同じクラスの女子に
私の家はどこか聞いたけれど
誰も答える気すらなかったという。





そこで近所の家を回ったけど、
若林の家が、
見つからなかったという。





そこで、
毎日まわって今日、
ビンゴ!
だったという。





まほ「ありがと。
だけど、
私になんの用があるんですか?」





わたじゅん「俺、
君と友達になりたかったんだ!
あんまり女子とはなしてないけど、
よければ、どう?
友達にならないい?」





「いいんですか?
私なんかが友達でいると
イメージ悪くなると思うんですけど?」





わたじゅん「人の目気にしてたら、
永遠でしょ?」





確かに、、、、、、、、、





「じゃあ友達!
よろしくお願いします!」





「おう!
じゃあな!」





「はい!」







はぁ、
さっきは幸せだったな。





私は鏡越しに
自分の顔をながめていた。





すると、
ぱぁ!
鏡が光った?!





すると小さな妖精がでてきた。





「私はミアっていうの!」





はいいーーーーー?





えっ?!
私に話しかけてる?





「こんばんは!
まほちゃん!」





「こ、、
こんばん、、は」





「私は恋予報出来る妖精よ!」





まほ「あーどうしてここに?」





ミア「まほちゃん、
わたじゅんが好きでしょ?
その助けをするためにきたの!」





まほ「じゃあ
私の恋予報ができるの?」





ミア「うん!」





ミア「早速だけど、
恋予報してあげようか?」





まほ「でも、、、、
恋予報しても、
どうせじゅんくんが
私のことを好きなるのは
ありえないし」





ミア「わかった!
今は、恋予報しないけど、
もう夏でしょ?
だから夏祭りにでもさそってみたら?」





まほ「でも、
可愛いい服とか持ってないし、、
私のこと興味ないとおもう」





ミア「そんなに自分に
自信ないんだったら、
いっしょー1人だよ?!」





まほ「、、、、、、
わかった。
明日さそってみるよ」













~次の日~





まほ「あのっ!
わたえくん!」





わたじゅん「なんだ?」





まほ「私といると
イメージ悪くなると思うんですけど、
夏祭り一緒にどうですか?」





わたじゅん「、、、、、
ごめん」





まほ「、、、、、、」





そしてじゅんくんは、
教室へむかっていってしまった。





そして放課後になって私は、
やっぱり。
と思いながら家に帰っていた。







「ただいま」





ミア「お帰り!
まほちゃん!
どうだった?」





まほ「だめだった」





ミア「、、、、
ごめんね、私のせいで
そんなに傷ついてるよね。。」





まほ「いいの。
ミアちゃんが悪いんじゃないよ」





ミア「わかった!」





ビクッ!





まほ「どうしたの?」





ミア「一か八かで、
ミアと一緒に夏祭りいこう!
わたし人間になれるよ!
まほちゃんが
まだ恋予報しない!っていったから、
まだミアも結果はわからないけと、
いってみよう!
可愛くしてあげる!」





まほ「わかった!
可愛くして!」





ミア「うん!!」













~1週間後~





ミア「よし!
終了!」





私はビックリするくらい
私?ってくらい
可愛く変身していた。





今日は、夏祭り当日。
今は、夏休み。





今日までミアちゃんが
私に似合う服、靴小物。
全部ミアちゃんプロデュースしてくれた!













~夕方~





ミア「じゃあいこう!」
といって、
ぱぁー
ミアちゃんが光に包まれて、
人間の姿に!





とっても可愛い!





「いってきまーす」





夏祭りにむかった。







予想以上に
人混みに溢れていた。





そして屋台など、
ぐるぐるまわってそしたら、、、、





ぱん!
パン!





花火がうち上がった。





そこにどんっ!
男の子が私にぶつかってきた。





男の子「ごめん」





えっ?
聞いたことのある声。





顔を見てみると、
?!
じゅんくん?!





まほ「じゅんくん?!」





わたじゅん「えっ!
若林さん?」





こくり。





わたじゅん「あっ!
よかったら、
一緒にまわらない?
話したいことあるんだ」





まほ「はい」





こそっ。





まほ「みあちゃん、
じゅんくんに
いっしょにまわろうっていわれたの、
いいかな?」





ミア「OKっ!」





そして2人で回った。







そろそろ帰る時間に
なってしまった。





しーん。





わたじゅん「っ俺、前から君のこと
気になっていて、
それにメガネはずしてるし
いつも髪おろしてるのに
今日は結んでるし、
ギャップがすごいしなんかすごい、、、、、、
か、可愛いってゆうか、なんていうか」





まほ「あの」





わたじゅん「あっ、変なことあってごめんね」





まほ「変じゃないです!
誰かが誰かのことを好きになるのは
いけなくないです!
わたえさんが誰かのことをすきになろうと、
おかしくないです!」





わたじゅん「ぷっはははー」





まほ「え?」





わたじゅん「俺、別に
好きとはいってないよ?」





まほ「あわわぁー
ごめんなさい」





わたじゅん「ははっでも、
ありがと。
おかげで決心できたよ」





まほ「?」





わたじゅん「君が好きだ。
若林まほちゃんが、
すきです」





わたじゅん「返事は?」





まほ「はい!
私も好きですっ!」





わたじゅん「これからは君が俺の彼女。
ずっとまもるよ」





まほ「はい!」





ミア「よかったね。
まほちゃん!
私、ほんとは、
恋予報しちゃったんだ♪」





まほが最初に
夏祭りに誘ったとき
断られちゃったのは、
恥ずかしかったからなんだって♪







~END~

Like

この物語に投票する

若林 真帆が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!