その言葉に励まされて―――。

CAST若林 真帆若林 真帆

作者:あかね

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2019.07.28

キーンコーンカーンコーン





マホ「今日も部活か」





若林真帆。
バスケ部所属。





初心者で入ったから・・・
バスケは難しい。





だけど頑張ってる。







* ――― * ――― *





アンナ「おい! 若林!!
またシュート外したのかよ!!
へたっぴだな!
こんなん試合負けるだろぉら!」





マホ「ごめんなさい先輩・・・」





アンナ「あーもういい!!
あんたはそこ座っとけ!」





こんな練習イヤ・・・
もうやめたい・・・





だけど今度は試合・・・
これ終わったら
退部届だそうかな・・・





レン「大丈夫?」





マホ「レ、レン先輩っ・・・!」





この人は、
佐藤レンくん。





怖い先輩の、
白井アンナちゃんと
同い年。





アンナ先輩、
レン先輩のこと
好きらしい。





レン「あ、、この指腫れてるよ。
もしかしたら突き指かもね。
そこの冷蔵庫に保冷剤あるよ!」





マホ「先輩・・・
ありがとうございます・・・
あの私・・・
バスケが苦手で・・・」





アンナ「あっ! レン!?」





レン「あーアンナ」





アンナ「レンくんっ!
うちの後輩のマホちゃんに
何かあったっ?
大丈夫っ? マホちゃん」





レン「あぁ。
突き指しちゃったみたいだから。
今休憩してるんだよ。
アンナは練習戻りな」





アンナ「あ、うん。チッ」





マホ「あの・・・
ありがとうございます・・・!」





レン「大したことないし・・・」





マホ「そろそろ
練習参加しようかな!
じゃあ私はこれでっ」





レン「あ」





アンナ「おい若林!!
お前なに調子
乗ってんだよもう!
レンに近づくなよ」





マホ「え、うん」













*。・ 部活終了 ・。*





マホ「ハーァ・・・
疲れた・・・」





レン「ま、マホ!
お疲れ様」





マホ「レン先輩?!」





レン「レンでいいよ。
一緒に帰ろう」





マホ「えっ!!
うん・・・!」





何この誘い・・・!
嬉しさが漂う!





あれっ?
でもこの気持ち
なんだろう。、。





レン「マホさ・・・
アンナに
いじめられてる?」





マホ「どうしてそれを・・・!」





レン「やっぱりね。
それは・・・俺が・・・
マホのこと!
気になってたからだよ!!!」





マホ「え!?」





レン「だから・・・
これからは
俺がサポートする!
だから・・・」





レン「安心してね」





この言葉に私は
励まされたの。













* ――― * ――― *





私が18歳になった時・・・
結婚した。





今は楽しい家族です!







*end*

Like

この物語に投票する

若林 真帆が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!