私の恋

CAST吉岡 優奈吉岡 優奈

作者:えりこ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.04.23

え、どうして?





私は気づいた、今。





いや、もっと前から
気づいていた。





あの子のことが
好きだと
言うことを。





私はユナ。
中学2年生。





恋愛経験なんか、
全くなかった私は、
初めて恋をした。





今日は待ちに待った
体育祭。





そして、
私の通っている
この学校には、
告白という
文字もついてくる。





私は同じクラスの
男の子に
恋をしてしまった。





その子は
いわゆる完璧男子。





「え~、
今日、みなさんは、
チームのために、
仲間のために、
全力を尽くし、、、、」





全ての種目が
終わった。





校長先生の話、
長い。





早く終わってよ。





でも、やっぱり、
終わらないで。





私はこれから
告白するつもり。





だから、自分の
出場した種目にも、
友達が出ていた種目にも、
集中できていなかった。





教室に戻った。





他の男の子たちは、
みんな
ソワソワしている。





女の子もだ。





告白するなら
今のタイミングが
1番いい。





だけど、動けない。





怖い。





振られるのが・・・





「好きです!」





女の子がひとり、
告白した。





私の好きな
あの子に。





彼は恥ずかしそうに
頭をかいた。





教室はしーんと
静まり
返っている。





「好きです!」





私は叫んだ。





さっき
告白していた
女の子とおんなじ
セリフだけど・・・





それでも、
伝えたかった。





すると、彼は
一瞬困ったような
顔をした。





あ、ダメだ。





終わった。





失敗だ。





彼はつかつかと、
私の方にやってきた。





え?





これって・・・





「俺も好きだ!!」





彼は私の倍くらいの
声の大きさで叫んだ。





「俺も、ユナのことが
好きだ!!」





嬉しかった。





友達はみんな
喜んでくれた。





彼に告白した
もう1人の女の子も。





よかった。





告白して。







*end*

Like

この物語に投票する

吉岡 優奈が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!