恋と夢の両立

CAST近藤 藍月近藤 藍月

作者:かの♪

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.04.01

私の名前は、アキ!
ダンス部の高校1年生。







・*。・ ある日 ・。*・





ユズ「ねぇねぇアキ、
良かったら
このオーディション
受けてみない?」





アキ「何何?
アイドルになれる
チャンス!」





ユズ「うちら、
ダンス得意じゃん!
しかも受かるのは7人。
もしかしたら2人で
アイドルになれるかもよ!」





アキ「う~ん、
どうしよう・・・。
ちょっとルワと
相談してみるね!」





ユズ「うん!
分かった!」













・*。・ 放課後LINEで ・。*・





アキ「ルワ、今から
話があるんだけど」





ルワ「どしたの?」





アキ「実はユズに
アイドルになれる
ダンスオーディションに
さそわれたんだけど、
ルワ来月には、
引っこすじゃん?
だからどうしようかなぁと
思って・・・」





ルワ「アキがやリたいなら
それでいいんじゃない!
俺も応援するよ!」





アキ「でも、
オーディション受けるなら、
練習だってしないと
いけないし、ルワとは
会えなくなっちゃうじゃん」





ルワ「俺は、夢を追いかける
アキが好きだなぁ~」





アキ「えっ。ありがとう。
じゃあ私、オーディション
受けるよ!」





ルワ「うん!
応援しているから
がんばれよ!」













・オーディション第1回目の日・





ユズ「ヤバイヤバイ!
きんちょーする」





アキ「大丈夫、
あんなに
練習したんだから!」





ユズ「うん! そうだね!
てかアキは、
何持っているの?」





アキ「えっこれ?
ルワにオーディション
受かりますようにって
もらったお守り!」





ユズ「へぇ~
らぶらぶ
カップルじゃん!」





アキ「まぁ~ね!」





審査員のリミさん「次は
エントリーナンバー72番の
ユズさんとアキさんでーす」





ユズ&アキ「はーい」













・ダンスオーディションの後・





アキ「ヤバイ!
オーディション終っても
心ぞうがドキドキする~!」





ユズ「同感っ!」





アキ「あのさあ~、
この後いっしょに
カフェ、行かない?
ルワもさそって!」





ユズ「いいよ~。だけど
ルワ来るんだったら
私、席はずした方が
いいかな?」





アキ「ありがと~。
ルワ来たら
少し遠い席
行ってくれない?」





ユズ「りょーかい!」





アキ「ルワに
連絡して来たよ~!」













・*。・ カフェで ・。*・





ルワ「アキー!
久しぶり!」





アキ「久しぶりー」





ルワ「あのね!
実は、お願いが
あるんだけど!」





アキ「何? 告白!!
じゃないかっ!
もう付き合っているもんね!」





ルワ「次のクリスマスに
ここで会おう!」





アキ「えっ! 本当に!
楽しみ!
絶対、会おうね! 約束!」





ルワ「うん!
じゃそろそろ帰るわ」





アキ「またね!」













* 。・---- 。・----・。*





その後、
オーディションの
結果発表の日。





アキ「もしもしーユズッ???」





ユズ「アキー、うちら
受かっているといいね~!」





アキ「うん!
信じよう!」













・*。・ 1時間後 ・。*・





チュルルルルル
チュルルルルル
ガチャ





リミさん
「おめでとうございます、
アキさんユズさん
オーディションに
合格しました!」





アキ「えっ! うそっ!
夢?」





リミさん「本当です!
○月△日に
オーディション会場に
来てください!」





アキ「了解です!」











・*。・ 電話中 ・。*・





ユズ「ねぇ・・・。
オーディション
どうだった?」





アキ「そのことなんだけど・・・
私たちオーディション
合格したんだって!」





ユズ「えっ~!!!
本当に~!
うそ~夢みたい。
てかこれって現実~?」





アキ「現実だよ~!
ゴメン、ルワに
電話するから切るね!」





ユズ「うんうんっ!
早く電話しなよ~」





ツーツーツー
チュルルルル
チュ





ガチャ





ルワ「もしもし、アキ。
オーディション
どうだった?」





アキ「私ね!
ユズと、芸能人に
なっちゃった!」





ルワ「本当か~!
おめでとう!
お祝いは、
また今度な!」





アキ「じゃあまた
会える日を
楽しみにしているね!」











・*。・ クリスマスの日 ・。*・





アキ「本当に
来てくれるのかな?
でも私が信用しないと!」





ルワ「アキかっ!」





アキ「ルワッ!
久しぶり~!
もう何ヶ月ぶりだろう!」





ルワ「久しぶりー!」





アキ「どしたの!
元気ないじゃん!」





ルワ「実は、オレ、
アキが芸能人になって
オレからどんどん
はなれていっているような
気がするんだ・・・
だからオレたち別れよう」





アキ「待って、
何で、そうなるの?
私はルワのことが
1番好きっ!
だけど夢も
あきらめたくないのっ!
お願い、こんな私だけど
受け入れてほしいの!
私は、ルワなら
受け入れてくれるって
思ってたんだけど!」





ルワ「さっきは、ゴメン。
オレやっぱアキを
応援するっ!」





アキ「ありがとう。
ルワ大~好きっ」







・*。・終・。*・

Like

この物語に投票する

近藤 藍月が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!