六角形な私たち

CAST近藤 藍月近藤 藍月

作者:KABOっこりー

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2022.01.24

先生「はい、それじゃあ
男子3女子3になるように
グループを作ってください」





ガヤガヤ・・・





??・???「あきーー、
一緒に組も!」





あき「もちろん!」





あ、みなさん
はじめまして!
新潮社学園高校附属
中学校の中学3年、
近藤あきです!!





で、私に話しかけてきた
2人は、ななとなつみ!





2人とも小学校の頃からの
大親友なんだ!





3人で頑張って受験して
この学校に来ることが
できたの!!





それで、今は何を
していたかというと、、、





修学旅行の班決め!





今は某ウイルスが流行ってるけど、
感染対策を万全にするってことで
うちの学校は京都に行くんだー!
マジ嬉しすぎ!





なな「女子3人はこれで
確定としてー。
男子はどうする?」





なつみ「そんなの
決まってるじゃん!
ねぇ、あきー?」





あき「え、え?」





なんか男子との間で
あったっけ?





私がうろたえてると、
ななまでもが





なな「あぁ、
そうゆうことねー!!」





と言って
ニヤニヤし始めた。





そして





なな・なつみ「なおやーー!」





と大きな声で呼んだのだ!





その名前を聞いた途端、
私の顔は真っ赤、、、





そう、この反応から
分かるように
私はなおやのことが好き///





なおやは中学校で
出会ったんだけど、
もうタイプすぎて///





顔もイケメンだし、
スタイルいいし、
優しいし。





なのになおやのことが
好き! って人が
あんまいないの!





もう不思議すぎて!
ま、私からしたら
ライバルが少なくて
いいんだけどねw





なおや「なな、なつみ、
どうしたん?」





なつみ「決まってんでしょ。
どうせあんたのことだし、
れおんとこうしょうと
組むんでしょ?」





なな「私たちも3人組だから、
一緒にグループにならない?」





れおん「おいおい、
『どうせ』は余計だぞー?」





こうしょう「まぁ、俺たちも
女子どうするかで悩んでたし、
いいんじゃない?」





いやいやいやいや。
なんかこの6人でけってー
みたいな感じになってますけど。





私なおやと同じグループに
なったらまじで死ぬよ?





あ、ちなみになつみと
この男子3人は
同じ水泳教室に通ってて
仲がいい。





で、ななとなおやは
部活が家庭科部で
一緒なんだ。





・・・待って。私
この中で1番なおやから
遠い、、、泣





で、でも。
ななはこうしょうが好きで、
なつみはれおんが好きって
言ってたもん!





だからきっと、、、
大丈夫!





・・・なおやがどっちかを
好きになる可能性は
あるけど。





先生「はい、じゃあ
全グループ決まったわね?
ちゃんと覚えておくのよー」





なつみ「良かったねーw」





なな「そう言うなつみだって
れおんと同じで
嬉しいんでしょー?」





あき「いや、
そう言ってるななも
こうしょうと話してるときは
声が少し高くなってたってw」





なつみ「そういえば、
2人告白するー?
修学旅行のとき」





ドキッ。





なな「私はまだいいかなー。
できれば卒業のときが
いいなって。
あきは?」





あき「、、、」





なつみ「あー!
その反応は!!
もしや!?」





あき「うん、
実は考えてるんだ///」





なな・なつみ「きゃーー!」





そう、私はこの修学旅行で
なおやに告白しようと
考えてるんです///





なな「そういえばなおや、
告白されるなら、
凝った言葉よりも
純粋に気持ちを伝えて
もらうほうがいいって
言ってたよ!」





なつみ「あ、あと
公開告白よりも
2人きりのほうがいいって!」





あき「へ、へぇ~」





やっぱり、2人のほうが
なおやのこと知ってるし、
距離も近い、、、





なつみ「じゃあさ、
1回練習する?」





あき「え?」





なな「あ、それいいね!
じゃあ私がなおや役やるよ!!」





・・・2人はなんて
優しいんだろう。





どっちかがなおやを
取っちゃうんじゃないか、
なんて想像した私が
バカだった。





2人は絶対
そんなことしない!





あとは私がなおやを
好きにさせるだけだ!





この日から毎日、
告白の練習をしていた。





ところが、、、





先生「感染者が増加傾向に
あることから、
修学旅行は中止となりました」





え、、、中止?
じゃあ、告白も、、、
できないってこと、、、?





なな「中止かー」





なつみ「結構楽しみに
してたんだけどなー」





あき「2人とも、ずっと
告白の練習に
付き合ってくれてありがとね。
私も、卒業式のときに
しようと思うよ」





なな・なつみ「そっか、
わかった」





ずっと練習に
付き合ってくれてたのに
こんな簡単に許してくれて
ほんとに優しいなぁ、
ってこの時は思ってた。













*・。+ *・。+ *・。+
 修学旅行の予定だった日
*・。+ *・。+ *・。+





今日からは修学旅行の
予定だったけど、
無くなったから
4日間休み。





なんにもすることないなぁと
ゴロゴロしていると、、、





ピーンポーン





んん?
誰だろーって
ななとなつみ!?





あき「どうしたのきゅ、、、」





なつみ「今すぐ1番可愛くて、
かつ動きやすい服を着て
外に来て!」





なな「早く早く!」





あき「え? ええ!?」





何!
何が起きてるの?
と不思議に思いつつ、
急いで着替えた。





ちなみに服は白サロペ。





これがズボンの中では
1番可愛い、と思う。





なな「あ、来た!」





なつみ「もう! 遅いよ!
ほら、行くよ!」





あき「え、いやちょっと
何が起きてるのぉぉ」





2人に引っ張られて
たどり着いたのは、、、
遊園地!?





しかも、
あっちにいるのは
なおやとれおんと
こうしょう!





れおん「おい、
お前らが誘ってきたのに
5分遅刻かよ」





なおや「まぁまぁ落ち着いて、
れおん」





こうしょう「3人とも
オシャレだね、可愛いよ」





なつみ「ということで!
今日はトリプルデートです!」





あき「!!!」





なな「修学旅行が無くなった
代わりに、この6人で
出かけようと思って
私たちが企画しました!!」





そう言って2人は
私に小さくウインクした。





2人とも、、、
私のためにありがとう!





よし、絶対告白
成功させるぞ!





それから午後6時まで
私たちはたーっぷり遊んだ。





こうしょう「時間も時間だし、
そろそろ解散する?」





今だ!





あき「なおや!
ちょっと話したいことが
あるんだけど、、、
いい?」





なおや「え?
う、うん」





よし! 頑張ろう!
と思った次の瞬間。





なつみ「れおん!
私も話したいことがあるの!」





れおん「うぇ!? お、おう」





なな「こうしょう、
私もいい?」





こうしょう「ん、あぁ」





あ、2人も
告白するんだ!





じゃあ、なおさら
頑張らないとだ!





3組それぞれ
別の方向へ歩いていく。





私たちは
ベンチに座った。





ふぅ、緊張してきた、、、
けど、大丈夫!
いける!





あき「ごめんね、
来てくれてありがとう」





なおや「ううん、
大丈夫だよ。
どうしたの?」





あき「実は私、
なおやのことが好きです!
もし良かったら、
付き合ってください!」





沈黙が続いた。





なおや「ごめん」





あき「そっ、か。
ね、ねぇ、
誰か好きな人がいるなら、
それだけでも教えてくれない?」





なおや「なな、だよ。
同じ部活ですごく手先が器用で、
好きになったんだ」





フラれたのは悲しいけど、
ななだったら納得できる!





あき「これからも友達としては
仲良くしてよね?」





なおや「もちろん!」





さっき2組と
別れたところに戻ると
4人も同じタイミングで
戻ってきた。





そういえば2人は
どうだったのかな、、、





告白した時と同じように
沈黙が続く。





沈黙を破ったのは
なつみだった。





なつみ「私、フラれちゃったー。
れおん、あきのことが
好きなんだって」





なな「私も。
こうしょうは、なつみが
好きって」





あき「なおやは、ななが
好きって言ってた!」





れおん「俺、あきが
好きなんだよねー」





こうしょう「俺、なつみが好き」





なおや「俺は、ななが好きなんだ」





え、待って。
これってもしや、、、





全員「六角関係!?」











*END*

Like

この物語に投票する

近藤 藍月が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!