片想いの卒業式

CAST近藤 藍月近藤 藍月

作者:はむはむ

新二コラ学園恋物語新二コラ学園恋物語2021.11.18

今は3月15日。





中学校卒業まで
残り1週間。





私、近藤あき!
中学卒業間近の中3です!





取り柄はとにかく
元気なこと!





だけど、私は今・・・













・*。・ side ルキ ・。*・





やほやほやっほー!
私は関谷ルキ!





めっちゃ元気で
めっちゃ明るい中3!





・・・なんだけど~





最近仲良しのあきが
なんだか
元気ないんだよね~。





なんか話も流しちゃうし
休憩時間も
トイレに行ってばっかり。





私、何かしたかな~?





ん~。





ま、取り合えず
あき、元気出せ~!





ってことで、





ルキ「あき、
最近元気ないけど
どした~?」





あき「あ、るき!
あ~分かっちゃった?」





ルキ「当たり前じゃん!
で、どした?」





あき「実は・・・」













・*。・ side あき ・。*・





あき「私、好きな人が
居るんだ・・・」





ルキ「ふむふむ・・・
ってえー!?」





あ、そりゃ
びびるよね・・・、





私、実はここ最近
気になる人が出来たんだ。





でも、仲良しのルキにも
言ってない。





思いきって
告白しようかと思ったけど
うずうずしてたら
もう残り1週間に
なっちゃったんだよね~。





しかもその好きな人って言うのが、
ルキの幼馴染みのレンで
2人は結構いい雰囲気だから
言いづらいの。





どうしよ、
言おっかな・・・





ルキ「うん、なるほど、
で、誰?」





あき「えっと・・・
それが~・・・」





ルキ「うんうん!」





あき「・・・レン・・・
なの・・・」





ルキ「あ、そっか~!
レンね~、
うん、あいつ割りと
いいやつだよね!」





あき「うん、そうなの~。
・・・・・・ん?」





ルキ「ん?」





あき「・・・ルキって
レンのこと
好きじゃないの?」





ルキ「え?
私がレンを?
ん~・・・ないな」





あき「なんだ~
そうだったんだ~
あ~安心した~!」





ルキ「あ、もしかして
そうゆう系だと思った?」





あき「う、うん・・・」





ルキ「なんだーそっかー
うん、応援する!」





あ~良かった~!





ルキのこと
怒らせちゃうかと思った~。





でも、もうこうなったからには
告白するしかないよね?





でも・・・いつ?





ま、今はいっか!













・*。・ 5日後 ・。*・





ルキ「あき!
いつになったら
告白するの!」





あき「あ、あともう少し・・・」





ルキ「レンも待ってるから!」





あき「・・・え?」





レン「お!
何の話してるんだ?」





あき「・・・!
え、えと~////」





レン「////」





ルキ「ほうほう・・・」













・*。・ 卒業式当日 ・。*・





校長「え~卒業生代表!
関谷ルキ!」





ルキ「はい!
   ・
   ・
   ・
卒業生代表!
関谷ルキ!」





あき「ルキー!
3年間ありがとー!」





ルキ「あきー!
ありがとー!
好きー!」





レン「あ! あき!
これ落としたよ!」





あき「ん?
なにこれ・・・?」





ピラっ





*...・・・*...・・・*
好きです。
付き合ってください!
*...・・・*...・・・*





あき「//// はい!」





ルキ「むふふぅ~」





あき「ルキー! もうー!」





今日は中学校と
片想いの卒業式でした!











*END*

Like

この物語に投票する

近藤 藍月が主人公の物語が主人公の物語

NEWS!NEWS!

nicola TVnicola TV

物語募集

「ニコラ学園恋物語」では、ニコ読の
みんなが書いたニコモを主⼈公にした
オリジナルラブストーリーを⼤募集中!

応募する

主人公別 BACK NUMBER主人公別 BACK NUMBER

  • nicola TV
  • 新二コラ恋物語 恋愛小説を大募集!